飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ10名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医4名(H29年4月現在)で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


慢性過敏性肺炎

スタッフのTBです。

昨日は午後から大阪びまん性肺疾患フォーラムに参加させて頂きました。
日帰りの強行軍でしたが、大変勉強になりました。
講演内容に沿って、重要と思われた論文を列挙いたします。

慢性過敏性肺炎について

<分類について>
・急性と慢性でよさそう Int Arch Allergy Immunol 2009;149:161

<慢性について>
・再燃症状軽減型(recurrent)と潜在性発症型(insidious)の違い…Ann Allergy Asthma Immunol. 2003;90:604

・Review…Am J Respir Crit Care Med. 2012;186:314

・画像所見…Radiology 1992;185:91
        AJR 1992;159:957
        AJR 1995;165:807
        Ann Allergy Asthma Immunol 2003;9:37
        JCAT 2011;35:272(縦断的検討)

・病理所見…Thorax 2005;60:665
        Am J Surg Pathol 2006;30:201
        Curr Opin Pulm Med 2008;14:440
        Chest. 2008;134:126
        Am J Surg Pathol 2009;33:12
        Am J Surg Pathol 2009;131:465
        Sarcoidosis Vasc Diffuse Lung Dis. 2010;27:57
        Respir Med. 2011;105:608
        Respiration 2011;82:263
        Histopathol 2012;43:660
        Histopathol 2012;61:1026
        United States and Canadian Academy of Pathology2012
         でのOhtaniらのCriteria
        Respirology. 2012 doi: 10.1111/resp.12006.
         [Epub ahead of print]

・特異抗体の測り方…日呼吸会誌 2011;49:717(イムノキャップ法)

・吸入誘発試験…Chest 2008;118:1382

・原因抗原について…J Allergy Clin Immunol 1999;103:315
          びまん性肺疾患に関する調査研究 2011;57

・慢性夏型とIPF:CHPでは抗原回避が重要…Sarcoidosis Vasc Diffuse Lung Dis 2007;24:141

・羽毛布団について…AJRCCM 1986;134:131
             Med Sci Monit 2003;9:CS37
             Ann Allergy Asthma Immunol 2006;96:98
             Int Arch Allergy Immunol 2010;152:264

・環境中の鳥抗原の検査法…Allergology International 2010;59:223

・予後…JCAT 2011;35:272(蜂巣肺があると予後不良)
     Am J Med 2005;116:662(病理で線維化があると予後不良) 
     Respir Med 2001;105:608(病理でUIPだと予後不良)

・急性増悪…Chest 2008;134:1265(原因は抗原曝露が最多、他にはステロイド減量など)

☆IPFやf-NSIPとの鑑別?
 2週間ほど一旦入院し経過を見る!
  ⇒WBCやKL-6が低下するようなら本気モードで調べる。A-aDO2も改善あり。
 WBC、KL-6、A-aDO2の3項目中、2項目以上陽性で感度51%・特異度78%
   CT画像はあまり変化がない
 病理で指摘されることが多いが、確定診断が難しい
  ⇒臨床経過(変動性)を重視すべき
   KL-6の季節性変動
   環境を変えてみてもらっての変化 など
[PR]
by res81 | 2012-12-09 08:28 | 間質性肺炎 | Comments(0)
<< 年末ですね・・・クリプトコック... ピシバニールで肺障害? & ピ... >>