飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ10名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医4名(H29年4月現在)で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


喘息に対するβブロッカーの悪影響

スタッフのTBです。

抄読会ネタ。
喘息患者に対するβブロッカーの悪影響についてRCTのsystematic reviewとmeta-analysisをCHESTより。
----------------------------------------------------------------------------
Adverse respiratory effect of acute beta-blocker exposure in asthma: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials.
CHEST 2014; 145(4):779–786



d0264356_7293268.png


1. 検索に用いたデータベース
 ・MEDLINE
 ・EMBASE
 ・Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL) databases

2. 検索期間・検索語
 ・~2013/1/30
 
d0264356_731303.png


3. 検索した研究の種類
 ・RCT
 ・Single or double-blinded

4. 言語、重複文献
 ・英語論文のみ、重複文献は削除

5. 研究集積の網羅性の検討 
 ・Funnel plot、Egger regression test

6. 評価者、評価方法
 ・独立した2名の評価者
 ・評価の食い違いが生じた際は、2名の合意で判断

7. 集積した研究の異質性評価
 ・I2 statistic

8. 結果の統合
 ・最終的に32の研究を統合(Random-effects metaregression)
d0264356_7401069.png


Results
Selective β-blocker: 600 exposures in 330 patients with asthma
 (mean age, 46 years; 67.5% men; baseline FEV1 2.28L)

Nonselective β-blocker: 301 exposures in 218 patients with asthma
 (mean age, 40.5 years; 68.9% men; baseline FEV1 2.50L)

d0264356_7473560.png

d0264356_7474972.png
d0264356_748043.png
d0264356_7481463.png
d0264356_7482418.png
d0264356_7483351.png
d0264356_7484496.png
d0264356_749834.png


・Dose-Response relationshipあり(容量依存性にFEv1低下)

まとめ
Selective β-blocker
  FEV1は軽度低下するものの症状は出にくい
  β2刺激薬使用にて改善する傾向あり

Nonselective β-blocker
  SelectiveよりもFEV1は低下しやすく、症状も出現しやすい
----------------------------------------------------------------------------

安全とは言えませんが、臨床的にβブロッカーの使用判断が悩ましい場合も時々ありますので、その際には参考になるかもしれませんね。
[PR]
by res81 | 2014-04-12 07:56 | 喘息 | Comments(0)
<< 2014年当科の取り組み:迅速細胞診 新生活!?スタート!! >>