飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ10名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医4名(H29年4月現在)で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


スタチンのCOPD急性増悪予防効果はなさそう STATCOPE study

スタッフのTBです。

スタチンはCOPDの急性増悪を減らす可能性があると言われていましたが、その可能性は薄そうです。


Simvastatin for the Prevention of Exacerbations in Moderate-to-Severe COPD (STATCOPE study)
N Engl J Med 2014; 370:2201-2210


BACKGROUND
・後方視的検討では、スタチンがCOPDの急性増悪の頻度・重症度・入院率・死亡率を低下させると報告されている。
・simvastatinにそのような効果があるか、前向きに検討した。

METHODS
・Prospective Randomized Placebo-Controlled Trial:
 simvastatin (40 mg/日) versus placebo
・45の施設で12-36ヶ月投与
・Primary outcome: 年間の急性増悪率
・Inclusion criteria:
 40 - 80 歳のCOPD (%FEV1<80%, FEV1/FVC<70%)で、
 喫煙歴(≧10 pack-years)がある
  +
 在宅酸素+ステロイドや抗菌薬を使用している, もしくは
 CODP増悪のため過去1年間にERを受診したことがある.
・Exclusion criteria
 既にスタチンを使用している症例 
 もしくはスタチンを使用した方が良い症例

RESULTS
・対象:885例、平均641日間観察、44%が女性
    平均62.2±8.4歳、喫煙歴 50.6±27.4 pack-years
    FEV1 41.6±17.7%、
・LDLコレステロールは治療群で低値
・急性増悪率は同等:
 simvastatin 1.36±1.61/人年 vs placebo 1.39±1.73/人年 (P = 0.54)
・初回増悪までの期間も同等:
 simvastatin 223日 vs placebo 231日 (P = 0.34)
・重篤でない副作用の頻度も同等:
 simvastatin 0.63/人年 vs placebo 0.62/人年
・全死亡も同等:
 simvastatin 28人 vs placebo 30人 (P = 0.89)

d0264356_13292432.png

CONCLUSIONS
・Simvastatin 40mg/日の投与は、COPDの急性増悪頻度を減少させない



[PR]
by res81 | 2014-06-24 13:34 | COPD | Comments(0)
<< 妊娠と喘息 市中肺炎患者における肺結核の予測因子 >>