飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ7名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医6名(H28年4月現在)で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
いつもブログを拝見させて..
by K at 16:27
はじめまして 現在この..
by 吉村 at 23:33
あ様、コメントありがとう..
by res81 at 06:35
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


第27回九州臨床画像解析研究会 & 北九州呼吸器疾患研究会!

d0264356_13465594.png
スタッフのTBです。

去る10月24日(金)のことです。
当科は大忙しでした。

その理由は・・・
「第27回九州臨床画像解析研究会」を主催
しつつ、
「北九州呼吸器疾患研究会」で発表&座長
を同時にこなしたからでございます。

「九州臨床画像解析研究会」(@飯塚)ですが、
これは3年前から当科で年に2回主催させて頂いている研究会です。
私が東京や大阪で働いていた頃、
大変有難いことに胸部画像領域の我が国トップの先生方とご縁があり、
研究についてご指導を頂けるようになりました。

飯塚病院で働く様になってからも引き続きご指導を頂いており、
飯塚まで年に2回来て頂ける事となりました。
徐々にご参加いただく先生方が増えて豪華になり、
大阪大学、久留米大学、長崎大学、熊本大学、昭和大学、
九州大学、福岡大学
などから、
放射線科医、病理医、呼吸器内科医が集まり
ディスカッションできる場となっています。
更に今後もディスカッサーは増える予定で、
とても楽しみです。

また、一般向けの講演も非常に面白く、
聴衆も回を重ねるごとに増えています!
次回は平成27年5月15日(金)の予定です。
ご興味のある方は是非ご連絡ください。


「北九州呼吸器疾患研究会」(@小倉)では、
当科のJMMY先生が「RPGNに合併する肺病変の検討」
を発表してくれました。
大変良い発表で、質問も飛び交っておりました。

特別講演では私が座長を務めさせていただき、
日本医大呼吸器内科教授の吾妻先生より、肺線維症の病態から創薬まで、
大変すばらしいご講演を拝聴する事が出来ました。
「肺活量の減少抑制だけではなく、
 合併症の抑制などの他の効果にも目を向けるべき」
「Reverse translation」

というメッセージが心に残りました。

その後博多に移動し、
九州臨床画像解析研究会の世話人の先生方と当院のスタッフで懇親会!
日本、いや世界のトップの先生方と直にお話しでき、
気軽に色々な事を教えて頂ける機会はそうそうありません!
思わぬ国内留学も決まったりしておりました。
ダイナミックな人材交流、本当に素晴らしいです。

こういう所から新しい事が生まれるのだろうな~、と思います。
本当に楽しく、勉強になりました。

ご参加いただいた先生方、本当にありがとうございました。
当科スタッフ&秘書さん、お疲れ様でした。

またモチベーションを新たに、
飯塚からエビデンスを発信できるよう頑張ります!

最後に、飯塚病院呼吸器内科はこのような取り組みをしている、
民間病院かつ非医局関連病院としては、珍しいところです。
ご興味のある先生がおられましたら、是非ご一報ください。
一緒に楽しく働き、学んで行きましょう~!



[PR]
by res81 | 2014-10-28 07:23 | 科の紹介 | Comments(0)
<< APSR2014 その1 第15回東京びまん性肺疾患研究... >>