飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ7名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医6名(H28年4月現在)で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
いつもブログを拝見させて..
by K at 16:27
はじめまして 現在この..
by 吉村 at 23:33
あ様、コメントありがとう..
by res81 at 06:35
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


respiratory forum

スタッフの1128です。

本日、東京で開催されたrespiratory forumという勉強会に参加してきました。

d0264356_15193186.jpg


2014年11月にスピリーバレスピマットが気管支喘息への適応追加となったため、記念講演という形で開催されました。

もちろんのことながら、適応になったからといってスピリーバから開始ということはありません。
現在の治療を考慮した喘息重症度の分類の重症持続型から適応となります。
こんなイメージです。

d0264356_15453449.jpg


講演会の内容ですが、喘息の第一人者の先生方からの講義であり大変勉強になりました。

喘息患者においても、LABAに反応する群とLAMAに反応する群があり、このあたりはフェノタイプが関連しているような印象をもちました。

また実臨床においては、呼吸機能検査で閉塞性障害を認める場合や気腫性変化が強い場合に、特にスピリーバの上乗せの効果がありそうな感じでした。

研修医のころはスピリーバといえばCOPDいう印象でしたが。。。
いつの間にか、喘息・COPDに使用可能な薬剤が増えています。
少しずつ勉強していきます。
[PR]
by res81 | 2014-11-30 16:01 | 学会・研修会 | Comments(0)
<< 第1回 総合アレルギー講習会 第3回 筑豊 呼吸器 RENK... >>