飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ7名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医6名(H28年4月現在)で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
いつもブログを拝見させて..
by K at 16:27
はじめまして 現在この..
by 吉村 at 23:33
あ様、コメントありがとう..
by res81 at 06:35
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


EBUS-GS

スタッフの1128です。

当院でもEBUS-GSを導入するようになりました。

EBUSを使用しない場合は、透視と体位変換のみで病変を判断し検体採取を行っておりましたが、今後はEBUSを使用して病変部位のエコー画像を描出した上で検体採取を行うことが可能になります。

以下は当たり前のことを覚書のように記載しているだけです。

病変部位にprobeを挿入した際に、probeの病変に対する位置を以下の3つで評価します。
(参照:Chest. 2007 Aug132(2)603-8.)
d0264356_19361225.jpg

within: probeが病変内に位置している状態
adjacent to: probeが病変に隣接している状態
outside: probeが病変の外にある状態

withinが望ましいのはもちろんのことですが、adjacent toまでしか描出できないこともあります。またoutsideでは正診率はかなり低下すると思われますが、エコーの描出に時間がかかる場合は、従来のように透視下で検体採取を行うこともあります。

内部エコーで良悪の区別を行う報告もあります。
有名なものとしては栗本先生の栗本分類があります。(参照:Chest. 2002 Dec122(6)1887-94. 気管支学.2008;30:282-292)

d0264356_19391486.jpg


その他にも、内部エコーの辺縁の連続性を評価している文献もあります。

導入したばかりであり、内部エコーの評価までは困難ですが、EBUS-GSを使用し正診率の向上につながればと思います。
[PR]
by res81 | 2015-03-21 19:41 | 気管支鏡 | Comments(0)
<< お別れと新たな始まり(と論文と... 「気管支喘息患者におけるスピリ... >>