飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ7名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医6名(H28年4月現在)で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
いつもブログを拝見させて..
by K at 16:27
はじめまして 現在この..
by 吉村 at 23:33
あ様、コメントありがとう..
by res81 at 06:35
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


UPMC(University of Pittsburgh Medical Center)での研修報告➁


無事にピッツバーグ到着しました!ほぼ丸1日かかりました。

飛行機では「君の名は。」を見ました。やっと流行に乗れました。嬉しかったです☆

ピッツバーグ空港には、遅い時間にも関わらず、Dewar先生が迎えにきてくれた!
スティールス(アメリカンフットボールのチーム)やパイレーツ(メジャーリーグのチーム)のスタジアムが車からみえました!

わぁ、、アメリカきた!初めて!と緊張と喜びの気持ちでいっぱいでした。
頑張るぞー!

d0264356_21141495.jpg
※写真は空港での大きな看板です。


翌日は時差ボケ含めた調整日でした。
Dewar先生が休日にも関わらず、私たちを観光に案内してくださいました。
Dewar先生というのは、UPMCのFamily Medicine Departmentの准教授です。
ものすごく忙しいのに、私たちの研修のコーディネーター、また送迎、観光まで…
お忙しいのに、ここまで温かいおもてなしをしてくれるなんて…。なんという人柄なんでしょう。本当にありがとうございます。

観光は、Duquesne Incline というところでケーブルカーに乗りました。
丘の上からピッツバーグ中心街が一望できます!とても綺麗でした~!!
ピッツバーグは元々産業の町であり、丘の下に工場、丘の上に労働者がたくさん住んでいたそうで、その交通手段としてケーブルカーを用いていたとのこと。


ここで、、、ピッツバーグの歴史を少し。もちろんwikipediaより抜粋。
独立戦争後、ピッツバーグは産業都市として発展した。
1815年頃には、ピッツバーグは鉄、真鍮、錫、およびガラス製品の一大生産地となっていた。1830年代には、ウェールズのメルスィル・ティッドヴィルで起きた暴動により、同地の鉄鋼労働者が大量にピッツバーグに移入してきた。1857年頃には、ピッツバーグには1,000棟の工場が建ち並び、年間2,200万ブッシェルの石炭を消費していたとのこと。

炭鉱の町だった飯塚と少し似ていますよね。勝手に親近感を感じていました。

d0264356_21135856.jpg
そのあとは、ピッツバーグ名物のサンドウィッチ(ハンバーガー?)が食べられるPrimanti Brothersというお店にいきました。ピッツバーガーという手のひら2個分もあるバーガー。中にはフライドポテトがたんまり…
なんとか、、なんとか、、食べきりましたが、もう二度とハンバーガーは食べたくないなと思うほどのボリューム(笑)おいしかったですが、半分食べて半分お持ち帰りするのがベストと思いました!

そんなこんなで次の日から研修開始です。
疲れはありましたが、時差ボケなく元気に始まりました~

d0264356_21225109.jpg
d0264356_21235243.jpg
d0264356_21241456.jpg





[PR]
by res81 | 2016-12-09 21:24 | 学会・研修会 | Comments(0)
<< UPMC(University... UPMC(University... >>