飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ10名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医4名(H29年4月現在)で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


UPMC(University of Pittsburgh Medical Center)での研修④

12月6日 2日目

【午前中】
UPMCのfamily medicineの入院患者さんの引継ぎカンファレンス&回診を一緒にさせて頂きました。
私は、Dr.Takedai(※)とresident(PGY3)と一緒に、COPD+肺炎、鎌状赤血球症のacute pain syndromeの患者さん、ICUにいるAR術後の患者さんを回診しました。

また、外来棟の見学もした。family medicineの先生方はお産や婦人科検診などもしているため診察室に内診台があって驚きました。

※DrTakedaiは元々外科医として働いていたそうだが、家庭医になりたくてUPMCのresidenからやり直し、今は指導医としてUPMCで働いている先生です。外科を始めたのもいつかは簡単な外科処置ができる家庭医になりたいという目標だったとのこと。再度研修からやり直す熱意とまたその行動力。本当に尊敬すべき方です。
お話を聞くことができ、すごく刺激を受けました。本当にありがとうございました。


その後は、放射線科とのカンファレンスに参加した。新患を中心に、画像みながら診断やアドバイスを頂くというもの。診断の確認、その他の所見の見逃しがなくなってすごくいいシステムだなと感じました。


そして何より、皆さんとても親切です。英語は分からないことが多く迷惑しかかけていないが、やさしさに助けられます。私のダメすぎる英語でも皆笑顔で話しかけてくれます。分からなくて笑顔で頷いてしまったことも多々ありますが…(笑)


【ランチ】
昼食はデュア先生とタイ料理のランチを食べました!とっても美味しかったです!!


【午後】
午後からはウィルソン先生の講義を受けました。臨床教育においてウィルソン先生はアメリカでもすごく有名な先生です。2017年1月に飯塚病院にも来て下さいます!!

[講義内容]
・今までどんなよい指導を受けましたか?→どのようなエピソードは?
・今まで悪い指導を受けたことがありますか?→どのようなエピソード?
これらをそれぞれ発表。LTECSにそって記載し、よい指導者とはについて考えました。
L (learners)
T (teachers)
E (enviroment)
C (content)
S (strategy)

このようなdiscussionしたうえでlectureを受けました。
☆指導をするときに考えなければならないことは、誰に対して教えるのか?(level of learners)
☆教えすぎてもダメ。7つ教えたら2個くらいしか覚えていない。4つくらいがちょうどいい。Less is more!!
☆What makes a teacher excellent?何がteacherを素晴らしくする?
Negotiates/sets expectations/organized/role model,clinician (necessary but not sufficient)/
communicates well/actively involves learner in patient care/gives useful feedback


次にアンドレア先生よりconflict managementの講義を受けました。
1. Competing 2.avoiding 3.compromising 4.accommodating 5.collaborating

Collaboratingが一番いい!!ただ緊急時は難しい。時と場合によりどうやって解決するか判断する。


リンダ先生
突然、「15分後にそれぞれが何かについて5分以内プレゼンして下さい」と言われました。それをビデオで撮り、金曜日にウィルソン先生にそのビデオをみせて、プレゼンの仕方、内容の選び方に関してfeedbackをして頂くとのこと。自分をビデオで撮られるのも、それを再度見るのもすごく恥ずかしいですが、客観的にみることが出来るいい方法ですよね。

・私は今までの人生について
・他の先生方は、カブトムシの育て方について、ピッチャーにとって大切なことについて、Brain ruleについて(PPAPを動画でみて、頭の体操として踊りました~)


二日目終了。分からないこともたくさんありましたが、私が困っていそうな顔していると総合診療科M先生が適宜通訳して下さるので理解を深めながら聞くことが出来ました!本当にありがとうございます。

ただ、本当に疲れます…(笑) なので夜は9時には寝てしまい、朝3時くらいに起きる生活スタイルになっています。なんて健康的。


つづく

d0264356_17243255.jpg


[PR]
by res81 | 2016-12-11 17:24 | 学会・研修会 | Comments(0)
<< UPMC(University... UPMC(University... >>