飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ10名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医4名(H29年4月現在)で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


ATS④ ~poster discussionとYear in Review(part1)~

皆さん、こんばんは。Ajです。ATSの報告④です。
ATS報告は、もう少し続きますのでお時間があればお付き合い頂ければ幸いです。

本日は、621号先生のポスター発表でした。
堂々とした素晴らしい発表で、とても頼もしかったです!
昨日も、ポスターdiscussionに積極的に参加し議論を重ねており、その姿勢には刺激を受けました。
すごい!!お疲れ様でした。

今回ATSに参加し…
私のように英語が苦手な人も、少し出来る人も、自信がある人も、それぞれのやり方で海外学会を楽しめる!!と感じました。
私は、海外学会3回目なのですが(ありがたいです!)、やっとそのことに気づきました。
*ただATSは、APSRやERSと違い、母国語が英語の国での開催なので、流暢な英語を話す方が多く、「早い!ちょっともう少しゆっくりはなしてよ!」と感じる場面も多かったです…(笑)

海外学会の「いろは」については、Y先生がブログに綴る予定です!
海外学会参加予定で不安を感じている方はぜひそれをご参考ください☆(各セッションのみどころ、ご飯のゲット方法、無料で配られる資料の魅力などなど…)

想いをもっと綴りたいのですが、長くなりそうなので感想はここまでとします。

d0264356_14155022.jpg

最後に…
「Year in review」で紹介された文献を紹介します。
内容について書くと莫大なので、文献のみの紹介とさせて頂きます!
まずは、Interstitial Lung Disease:ILDについて。
①「EARLY DIAGNOSIS OF INTERSTITIAL LUNG DISEASE」
Araki T et al. Development and Progression of Interstitial Lung Abnormalities in the Framingham Hearat Study.Am J Resir Care Med.2016;194:1514-1522.
②「DIAGNOSIS OF INTERSTITIAL LUNG DISEASE(MULTIDISCIPLINARY TEAM MEETING)」
Walsh SL et al.Multicenter evaluation of multidisciplinary team meeting agreement on diagnosis in diffuse parenchymal lung disease:a case cohort study.Lancet Respir Med 2016;4:557-565.
③「TRIGGERS OF PROGRESSION OF INTERSTITIAL LUNG DISEASE」
Kreuter M et al.Antacid therapy and disease outcomes in idiopathic pulmonary fibrosis:a pooled analysis.Lancet Respir Med 2016;4:381-389.
④「IPF BIOMARKER」
White ES et al.Plas,a Surfactant Protein-D,Matrix Metalloproteinase-7,and Osteopontin Index Idiopathic Interstitial Pneumonias.Am J Respir Crit Care Med 2016;194:1242-1251.
⑤「ACUTE EXACERBATION OF IDIOPATHIC PULMONARY FIBROSIS」
Collard HR et al.Acute Exacerbation of Idiopathic Pulumonary Fibrosis.An International Working Group Report.Am J Respir Crit Care Med 2016;194:265-275.
⑥「TREATMENT OF INTERSTITIAL LUNG DISEASE」
Tashkin DP et al.Mycophenolate mofetil versus oral cyclophosphamide in scleroderma-related interstitial lung disease(SLS Ⅱ):a randomised controlled,double-blind,parallel group trial.Lancet Respir Med 2016;4:708-719.
⑦「OTHER ARTICLES OF INTEREST」
DIAGNOSING INTERSTITIAL LUNG DISEASE
・Jacob J et al.Mortality prediction in idiopathic pulumonary fibrosis: evaluation of computer-based CT analysis with conventional severity measures.Eur Respir J 2017;49.
・Tomassetti S et al.Bronchoscopic Lung Cryobiopsy Increases Diagnostic Confidence in Multidisciplinary Diagnosis of Idiopathic Pulmonary Fibrosis.Am J Respir Crit Care Med 2016;193:745-752.
PROGRESSION OF INTERSITITIAL LUNG DISEASE
・Ley B et al.Predictors of Mortality Poorly Predict Common Measures of Disease Prgression in Idiopathic Pulmonary Fibrosis.Am J Respir Crit Care Med 2016;194:711-718.
・Russell AM et al.Daily Home Spirometry:An Effective Tool for Detecting Progression in Idiopathic Pulmonary Fibrosis.Am J Respir Care Med 2016;194:989-997.
PATHOBIOLOGY AND GENETICS OF INTERSTITIAL LUNG DISEASE
・Molyneaux PL et al.Host-Microbial Interaction in Idiopayhic Pulmonary Fibrosis.Am J Respir Crit Care Med 2017.
・Fingerlin TE et al.Genome-wide imputation study identifies novel HLA locus for pulmonary fibrosis and potential role for autoimmunity in fibrotic idiopathic interstitial pneumonia.BMC Genet 2016;17:74.
・Newton CA et al.Telomere-related lung fibrosis is diagnostically heterogeneous but uniformly progressive.Eur Respir J 2016;48:1710-1720.
・Petrovski S et al.An Exome Sequencing Study to Assess the Role of Rare Genetic Variation in Pulmonary fibrosis.Am J Respir Crit Care Med 2017.
TREATMENT OF INTERSTITIAL LUNG DISEASE
・Khanna D et al.An Open-label,Phase Ⅱ Study of the Safety and Tolerability of Pirfenidone in Patients with Scleroderma-associated Interstitial Lung Disease:the LOTUSS Trial.J Rheumatol 2016;43:1672-1679.
・Kreuter M et al.Unfavourable effects of medically indicated oral anticoagulants on survival in idiopathic pulmonary fibrosis:methodological concerns.Eur Respir J 2016;4:445-453.
・Behr J et al.Saftey and tolerability of acetylcystein and pirfenidone combination therapy in idiopathic pulmonary fibrosis:a randomised, double-blind, plasebo-controlled, phase 2 trial.Lancet Respir Med 2016;5:33-41.
Nathan SD et al.Effect of pirfenidone on mortality:pooled analyses and meta-analyses of clinicak trials in idiopathic pulmonary fibrosis.Lancet Respir Med 2017;5:33-41.
・Raghu et al.Effect of Nintedanib in Subgroups of Idiopathic Pulmonaru Fibirosis by Diagnostic Criteria.am J Respir Crit Care Med 2017;195:78-85.
INTERSTITIAL LUNG DISEASE SYMPTOMS
・Swigris JJ et al.Psychometric properties of the St George's Respiratory Questionnaire in patients with idiopathic pulmonary fibrosis.Eur Respir J 2017;49.
・Milne KM et al.Frailty is common and strongly associated with dyspnoea severity in fibrotic interstitial lung disease.

長くなりすぎましたので、次回COPDと喘息、その次に抗酸菌感染症をお届けします。
気になった文献チェックしてみてください。


いよいよ、明日帰国です!!!とても充実した学会となりました。
病棟や外来を守って下さった先生方、色々サポ₋トしてくださったKさん(ホットアイマスク活用しました(笑))、不在中ご迷惑をおかけしたスタッフの皆さん、ありがとうございました。
帰国はさらにパワーアップして働きます!

d0264356_14053676.jpg


[PR]
by res81 | 2017-05-24 14:27 | 学会・研修会 | Comments(0)
<< ATS⑤~Clinical Y... ATS③ ~ 学会での意見交換 ~ >>