飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ10名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医4名(H29年4月現在)で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


大阪大学放射線医学統合講座での国内留学報告

こんばんは。後期研修医2年目Gyです。

私は呼吸器内科医として歩み初めて未だまもなく、画像読影に自身がなく画像コンサルトを受けるたびにいつか集中的に勉強する時間を作りたいと考えていました。そんな時に当院・当科の国内留学の話をいただき、6月〜8月の3ヶ月間、大阪大学放射線医学統合講座で研修をさせて頂くことになりました。

大阪大学放射線医学統合講座は豊富な症例、最大規模の医局員数、トップクラスの研究実績があり、幅広い疾患を短期集中でレビューするには最適な環境でした。

主な研修内容は胸部画像(単純X線、CT)の読影、CTガイド下生検施行、症例検討会/カンファレンスへの参加でした。

研修初日から他の先生と同様に胸部画像とレポート記載欄に向き合うのですが、レポートを書く手が進みません。(陰性所見を含め)どのような所見を記載すべきなのか、どのような表現を使用すべきなのかが分からなかったのです。
そこで依頼医が望んでいるような情報、鑑別診断、正しい表現法等を学ぶためにまずは蓄積された症例と教科書や既存の読影レポートとを見比べながら読影に慣れることを目標としました。
胸部X線やCTが難易度別に集積されたteaching fileがあり、そこには主訴・現病歴・臨床診断・画像読影結果・最終診断が記されていました。胸部X線とCTとを見比べながら読影を進めることも可能であり、学習には最適な教材でした。読影を進める中で、自らの解剖の知識や用語の理解が浅いことを痛感しました。また見たいものをみる訳ではなく、(心血管系や乳房・甲状腺等)写っているもの全てを漏らさずみるために読影手順を画一化することの必要性を感じました。

ひと月程度経つと画像読影に面白みを感じるようになり、レポートを記載してfeed backをいただきながら知識や考え方の引き出しを増やしていくことがとても楽しくなりました。また症例検討会やセミナーでは、一つの症例に関して研修医からスタッフの先生までが各々に鑑別を考える過程を共有する機会が多くあり、非常に勉強になりました。放射線科医は画像上の特徴だけではなく、疾患についての幅広い知識が必要とされることを感じました。

研修を通して実感したことは、胸部画像は病変があるのは明確ですが病変と疾患が一対一対応ではなく、診断に辿り着くのはそう簡単ではないということでした。例えば、末梢優位の非区域性の斑状影〜浸潤影をみた際には感染症はもちろんですがCOPやCEP、NSIP、悪性腫瘍(浸潤性粘液産生性腺癌、悪性リンパ腫、転移性肺腫瘍等)も考えられます。やはり、画像だけではなく症状や経過の情報も加味することが診断に至る際に重要であると思いました。

今後、このような貴重な経験を臨床に活かすと共に、当院でのteaching file作成の推進や胸部画像に関する疑問のshare等を行っていきたいと考えております。

新たな環境で慣れないことも多々ありましたが、熱心で親切な先生方に恵まれ本当に感謝しております。また、貴重な機会を下さった当院、当科の皆様ありがとうございました。
[PR]
by res81 | 2017-09-04 21:35 | 学会・研修会 | Comments(0)
<< 第2回北九州呼吸器病研究会 人工呼吸器セミナーin飯塚20... >>