飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ10名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医4名(H29年4月現在)で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


第2回北九州呼吸器病研究会

みなさまこんばんは。スタッフの219です。

2017年9月29日、小倉のリーガロイヤルホテルで”第2回北九州呼吸器病研究会”が開催されました。

一般演題として"間質性肺炎合併肺癌に対する術後経過の検討”という発表をさせていただきました。

今年になって、発表する機会を度々いただいております。

今回も直前までTB先生にご指導をいただきました。お忙しいなか、本当に有難うございます!


d0264356_22132069.jpg
d0264356_22142628.jpg
d0264356_22144919.jpg
たくさんの方の前で発表するのはやはり緊張しますね〜。
質疑応答はがんばってお答えしようとしたのですが、力及ばず。。。
TB先生がお答えしてくださいました。

次こそは自分でお答えできるように頑張ります!


さてさて、
"間質性肺炎合併肺癌に対する術後経過の検討”というタイトルで発表させていただいたのですが、
当院は呼吸器病センターとして呼吸器内科と外科、呼吸器腫瘍内科、外科で連携して診療を行っております。

2012年から2016年までの間に当院の呼吸器外科でOPEを行った肺癌症例のなかで間質性肺炎を合併していた症例を対象として検討を行いました。

全部で46症例が対象となったのですが、

検討した結果面白かったのが、
①検討を行った期間の症例では腺癌が15例、扁平上皮癌が15例、小細胞肺がんが5例、その他12例となっており、腺癌が多かった。(間質性肺炎合併肺癌では扁平上皮癌が多いとの報告があり、その結果とは違っていました)




②間質性肺炎に関して、術前の画像所見でUIP/possible UIP パターンとinconsistent with UIP パターンに分類したところ、前者が25例(54.3%)後者が21例(45.7%)でした。
UIP/possible UIP パターンとinconsistent with UIP パターンと分類した場合、長期予後がどうなるかを検討したところ、UIP/possible UIP パターンは3年生存率が28.7%、inconsistent with UIP パターンは90.0%であり、P値が0.000135 と有意差がありました!
当院での検討では術前の間質性肺炎の画像パターンがUIPパターンの症例は予後が不良と考えられました。



理由としては
・UIP/possible UIP パターンではIPの急性増悪患者がいたこと。
・癌死が多かったこと(再発)
などが考えられました。


以上、取り留めのない記載となりますがご報告させていただきました。


今回、さまざまな方の協力で発表を無事に終えることができました。

みなさま、本当にありがとうございました!




[PR]
by res81 | 2017-10-01 22:50 | 肺癌 | Comments(0)
<< CHEST 2017 ① CH... 大阪大学放射線医学統合講座での... >>