飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ10名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医4名(H29年4月現在)で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

研究会発表と呼吸器病センター歓迎会

はじめまして、1128と同期の新米スタッフAJです。
ブログに初投稿します。皆様、今後ともよろしくお願いします!!

飯塚病院では、若手スタッフや後期研修医も増え、毎日切磋琢磨しながら診療をしています!!

さて、最近の出来事を報告します。
4/10木曜日に【KKK(北九州呼吸器懇話会)】に出席してきました。
これは、北九州・飯塚地区の病院を中心に興味深い症例などを報告しあう場です。
質問時間も限られてないため、熱い議論が交わされます。
主に若手が発表することが多いのですが、どんな鋭いツッコミがくるかと、とてもドキドキする研究会です。
d0264356_18212915.jpg

今回、飯塚病院代表として、「急性呼吸不全を呈した血球貪食症候群の一例」という題で発表してきました。
症例を簡単にまとめると、特に基礎疾患のない19歳の女性で、粟粒結核により血球貪食症候群(HPS)をきたした一例でした。

結核+HPSは、抗結核薬での治療をしなければ致死率100%といわれています(Intensive Care Med 2008;34:1177-87)。また、治療しても全年齢ので死亡率は44%と高値です(Hong Kong Med J 2012;18:517-25)。結核+HPSの頻度としては、HPSの約3%と稀な疾患ではありますが、死亡率が高いため、まず結核も疑い検査をするということが大切だと思います。

学生の頃は、結核は昔の病気という印象がありました。しかし、呼吸器内科になり、結核と診断する機会がまだまだ多いことにビックリしました!!
結核をまず”う・た・が・い”検査を提出すること大切と、最近思う次第であります。


懇話会の後は、呼吸器病センターの歓迎会を行いました。
d0264356_1822973.jpg

呼吸器外科からスタッフ1名+後期研修医1名、呼吸器内科からスタッフ1名+後期研修医3名が新たに加わり総勢16名で呼吸器病センターを盛り上げていきます。
[PR]
by res81 | 2014-04-13 18:25 | Comments(0)

2014年当科の取り組み:迅速細胞診

はじめまして。新米スタッフの1128です。
一昨年から後期研修医としてお世話になっており、今年度からスタッフとして採用していただきました。
TB先生や228先生のようにスマートにはいきませんが、ご容赦ください。

今年度から気管支鏡検体に対して迅速細胞診を行うようになりました。
開始したばかりで確定診断までは至りませんが、検査技師さんに指導していただきながら学んでいます。

実際にはこんな感じです。
d0264356_21382254.jpg


呼吸器科医の迅速細胞診に関する論文です
CHESTより
The role of the pulmonologist in rapid on-site cytologic evaluation of transbronchial needle aspirationy.
Chest. 2014;145(1):60-5.


Introduction
Rapid on-site cytologic evaluation(以下ROSE)のメリットとしては、気管支鏡検査において検体の情報を提供することができる。検体が適切な場合は手技の終了が可能であり、また、不適切な場合は、手技の修正やターゲットの修正が可能となる。しかし、ROSEは時間・資源の問題から広く普及していない。この問題を克服するために、呼吸器科医が細胞診のトレーニングを受けることが望ましい。

background:
細胞診検体に対するROSEは肺/縦隔リンパ節のTBNAにおいて補助的な技術である。今回の目的としては、細胞診のトレーニングを受けた呼吸器科医が病理医と比較し、TBNA検体を適切に評価できるかどうかを検討した

method
2010年4月-2011年6月の間で少なくとも1つは肺門/縦隔のリンパ節腫大や腫瘤のある患者84例に対してTBNAを施行した。TBNAはベテランの呼吸器内科医2名が担当し、各病変から4回穿刺を基本とした。3ヶ月間の細胞診のトレーニングを受けた呼吸器科医と病理医がROSEを行い、細胞診検体をパパニコロウ分類のC1-C5に分類した。一致率に関してはκ統計量で評価した。また最終診断からROSEの感度・特異度・正診率を算出した

result
84例のうち男性が60例で女性が24例であった。合計362例のTBNAが施行された。観察者間一致率(table3)に関しては、全体で81%(κ:0.73)であり、悪性(C5)においては92%(κ:0.81)と高値であった。またROSEの感度/特異度/正確さに関してはtable4の通りであり、呼吸器科医と病理医のROSEの正確さに有意差を認めなかった。
d0264356_2142614.jpg

d0264356_21423681.jpg

Discussion
一人の病理学者ではバイアスが生じてしまう。また呼吸器科医の教育システムの再現性が困難である。呼吸科医の教育カリキュラムの中に細胞診のトレーニングを入れることも一つの方法かもしれない。

conclusion
トレーニングを受けた呼吸器科医は細胞診検体を適切に評価できる。呼吸器科医がROSEを行うことにより、手技のコストも下げることができるかもしれない。またROSEへの病理医の関与が難しいという問題を減らすことができる。

今後もROSEを継続して、手技時間の短縮や正診率の向上につながればと思います。
[PR]
by res81 | 2014-04-12 21:50 | 気管支鏡 | Comments(0)

喘息に対するβブロッカーの悪影響

スタッフのTBです。

抄読会ネタ。
喘息患者に対するβブロッカーの悪影響についてRCTのsystematic reviewとmeta-analysisをCHESTより。
----------------------------------------------------------------------------
Adverse respiratory effect of acute beta-blocker exposure in asthma: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials.
CHEST 2014; 145(4):779–786



d0264356_7293268.png


1. 検索に用いたデータベース
 ・MEDLINE
 ・EMBASE
 ・Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL) databases

2. 検索期間・検索語
 ・~2013/1/30
 
d0264356_731303.png


3. 検索した研究の種類
 ・RCT
 ・Single or double-blinded

4. 言語、重複文献
 ・英語論文のみ、重複文献は削除

5. 研究集積の網羅性の検討 
 ・Funnel plot、Egger regression test

6. 評価者、評価方法
 ・独立した2名の評価者
 ・評価の食い違いが生じた際は、2名の合意で判断

7. 集積した研究の異質性評価
 ・I2 statistic

8. 結果の統合
 ・最終的に32の研究を統合(Random-effects metaregression)
d0264356_7401069.png


Results
Selective β-blocker: 600 exposures in 330 patients with asthma
 (mean age, 46 years; 67.5% men; baseline FEV1 2.28L)

Nonselective β-blocker: 301 exposures in 218 patients with asthma
 (mean age, 40.5 years; 68.9% men; baseline FEV1 2.50L)

d0264356_7473560.png

d0264356_7474972.png
d0264356_748043.png
d0264356_7481463.png
d0264356_7482418.png
d0264356_7483351.png
d0264356_7484496.png
d0264356_749834.png


・Dose-Response relationshipあり(容量依存性にFEv1低下)

まとめ
Selective β-blocker
  FEV1は軽度低下するものの症状は出にくい
  β2刺激薬使用にて改善する傾向あり

Nonselective β-blocker
  SelectiveよりもFEV1は低下しやすく、症状も出現しやすい
----------------------------------------------------------------------------

安全とは言えませんが、臨床的にβブロッカーの使用判断が悩ましい場合も時々ありますので、その際には参考になるかもしれませんね。
[PR]
by res81 | 2014-04-12 07:56 | 喘息 | Comments(0)

新生活!?スタート!!

こんにちは、スタッフ228です。
ついに、新年度が始まりました!!
新しい仲間を加えて、心機一転がんばっていきたいところです!!

今年度は、若手ドクターたちが、それぞれ全国のいろいろな病院に3ヶ月単位で研修に行きますし、その報告や若手ドクターたち(後期研修医含む)の日々の様子(業務や研究会、飲み会などなど)なんかもアップしていく予定ですので、引き続き当ブログをどうぞよろしくお願いします。


さて、さっそく私事ですが・・・

この4月から、長崎大学の病理診断科にて社会人大学院生もさせていただくこととなりました〜!!
昨年度、半年ほど国内留学をさせていただいたという流れをついで、大学院生もやってみることにしました。
臨床マインドを忘れず、臨床に生きる研究ができたらなぁと思っております。

d0264356_15182583.png
↑ ほんとは長崎の写真が撮れればよかったのですが、天候が悪く、とりあえずこんなものを載せてみました(^_^;)

d0264356_15184277.png
↑ 葉桜が見えだした桜の樹々と遠賀川、そしてその後方に見えるのが、ボタ山です〜


ではでは、今年度もよろしくお願いします〜







[PR]
by res81 | 2014-04-06 15:26 | 科の紹介 | Comments(0)