飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ10名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医4名(H29年4月現在)で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


ATS⑤~Clinical Year in Review~

お疲れ様です。Ajです。いつもブログにお付き合い頂きありがとうございます。ただいま、無事に日本に帰ってまいりました!!
成田でうどんを食べたのですが、日本の出汁の味にほっとしました。

それでは、ATSのClinical Year in Review Part2をお送ります。
COPD、BA、TB/NTMをまとめました。
BAだけ事後資料がなく、講演中にメモしたもののみとなり、文献が少なくなっています。

見にくいですがご容赦ください。


COPD
①「SCREENING FOR COPD」
Siu AL,et al.Screening for Chronic Obstructive Pulmonary Disease:US Preventive Service Task Force Recommendation Statement.JAMA 2016;315:1372-7.
②「SYMPTOMATIC SMOKERS WITH PRESERVED SPIROMETRY」
Woodruff PG et al.Clinical Significance of Symptoms in Smokers with Preserved Pulmonary Function.N Engl J Med 2016;374:1811-21.
③「SUPPLEMENTAL OXYGEN IN COPD」
Long-Term Oxygen treatment Trial Research Group.A Randomized Trial of Long-Term Oxygen for COPD with Moderate Desaturation.N Engl J Med 2016;375(17):1617-1627.
④「DUAL BRONCHODILATORS AND COPD EXACERBATIONS」
Wedzicha JA et al.Indacaterol-Glycopyrronium versus Salmeterol-Fkuticasone for COPD.N Engl J med 2016;372:2222-34.
⑤「ICS/LABA AND CARDIOVASCULAR MORTALITY IN COPD」
Vestbo J et al.Fluticasone Furoate and vilanterol and survival in chronic obstructive pulmonary disease with heightened cardiovascular risk(SUMMIT):a doubke-blind randomised controlled trial.Lancet 2016;387:1817-26.
⑥「EFFICACY OF ICS/LABA IN A 'REAL WORLD'SETTING」
Vestbo J et al.effectiveness of Fluticasone Furoate-Vilanterol for COPD in Clinical Practice.N Engl J Med 2016;375:1253-1260.
⑦「OTHER ARTICLES OF INTEREST」
EPIDEMIOLOGY 
・Allinson JP et al.The Presence of Chronic Mucus Hypersecretion Pulmonary Disease Development.Am J Respir Crit Care Med 2016;193(6):662-72.
DIAGNOSIS
・Jordan RE et al.Targeted case finding for chronic obstructive pulmonary disease versus routine practice in primary care(Target COPD):a cluster-randomised controlled trial.Lancet Respir Med 2016;4(9):720-730.
・Martinez FJ et al.A New Approch for Identifying Patients with Undiagnosed COPD.Am J respir Crit Care Med 2016.
TREATMENT
・Sciurba FC et al.Effect of endobronchiak Colis vs. Usual Care on exercise Tolerance in patients with Severe Emphysema:JAMA 2016;315(20):2178-89.
・Lindson-Hawley n et al.Gradual versus Abrupt Smoking Cessation.Annals of Internal medicine.2016;164:585-592.
・Pascoe S et al.Blood eosinophil counts,exacerbations, and response to the addition of inhaled fluticasone furoate to vilanterol in patients with chronic obstructive pulmonary disease: a secondary analysis of data from two parallel randomised controlled trials.Lancet respir Med 2015;3(6):435-42.
・Martinez FJ et al.Effect of Roblumilast and Inhaled Corticosteroid/Long-Acting Beta2-Agonist on COPD exacerbations(RE(2)SPOND).A randomized Clinical Trial.Am J Respir Crit Care Med 2016;194(5):559-64.
・Pavord I et al.Blood Eosinophil count and pneumonia risk in patients with chronic obstructive pulmonary disease: a patient-level meta-analysis.Lancet Respir Med 2016;4(9):681-683.
・Singh D et al.Single inhaler triple therapy versus inhaled corticosteroid plus lomg-acting Beta2-agonist therapy for COPD(TRILOGY): a double-blind,parallel group,randomized controlled trial.The Lancet 2016;388.
MECHANISM
・Bhatt SP et al.COPDGene Investigators.Association between Functional Small Airway Disease and FEV1 Decline in COPD.Am J Respir Crit Care Med.2016;194(2):178-84.
・Wain LV et al.Novel insighs into the genetics of smoking behavior, lung function, and chronic obstructive pulmonary disease(UKIBiLEVE): a genetic association study in UK Biobank.Lancet Respir Med.2015;3(10):769-81.
・Dransfield MT et al.Lung Function Loss in Smokers with and without Chronic Obstructive Pulmonary Disease.Am J Respir Crit Care Med.2016 Aug 24.


Asthma

①「Pathogesesis」
・Stein MM et al.Innate Immunity and asthma Risk in Amish and Hutterite Farm Childlen.N Engl J Med 2016;375:375:411-421.
・Peters MC et al.Plasma Interleukin-6 Concentration,metabolic Dysfunction and Asthma severity :A Cross-Sectional Analysis of Two Cohorts.Lancet respir Med.2016;4:574-84.
②「Phenotypes」
・Lefaudeux D et al.U-BIOPRED Clinical Adult Asthma Clusters Linked to a Subset of Sputum Omics.J Allergy and Clin Immu.2016 Oct 20.pii:S0091-6749(16)31185-X.
③「Safety of Asthma Therapies」
・Risk of Serious Asthma-related Events with Budesonide Plus Formoterol vs Budesonide Alone:a Randomized Trial.N Engl J Med 2016;375:850-60.
④「Biologic Therapies:Severe Asthma」
・Ortega HG et al.Severe Eosinophilic Asthma Treated with Mepolizumab Stratufied by baseline Eosinophil Thresholds:A Secondary Analysis of the DREAM and MENSA Studies.Lancet Respir Med.2016;4:549-56.
・Geoffrey L Chupp et al.Efficacy of mepolizumab add-on therapy on health-related quality of life and markers of asthma control in severe eosinophilic asthma (MUSCA): a randomised, double-blind, placebo-controlled, parallel-group, multicentre, phase 3b trial.Lancet Respir Med. 2017 May;5(5):390-400.
・Bleecker ER et al.Efficacy and Safety of Benralizumab for Patients with Severe Asthma Uncontrolled with high-dosage Inhaled Corticosteroids and Long-action β2-agonists(SIROCCO).Lancet.2016;388:2115-2127.
・Hanania NA et al.Efficacy and Safety of Lebrikizumab in Patients with Uncontrolled asthma(LAVOLTA and LAVOLTA Ⅱ).Lancet Respir Med.2016;4:781-796.
・Wenzel S et al.Dupilumab Efficacy and Safety in Adult with Uncontrolled Persistent Asthma Despite Use of Mediumu to High Dose Inhaled Corticosteroids Plus a long-acting β2 Agonist.Lancet.2016;388:31-44.
⑤「OTHER ARTICLES OF INTEREST」
The Host Microbiome In Asthma
・Durack J et al.Features of the bronchial bacterial microbiome associated with atopy, asthma, and responsiveness to inhaled corticosteroid treatment.J Allery Clin Immunol.2016 Nov 10. pii: S0091-6749(16)31283-0.

抗酸菌感染症(TB/NTM)
①「LATENT TUBERCULOSIS INFECTION」
・Mancuso JD et al.The preverence of latent tuberculosis infection in the United States.Am J Respir Crit Care Med.2016;194:501-509.
②SCREENING AND TREATMENT OF LATENT TB INFECTION
・US Preventive Services Task Force.Screening or latent tubercurosis infection in adults.US Preventive Services Task Force Recommendation Statement.JAMA.2016;316(9);962-969.
③「TREATMENT AND PREVENTION OF TB/HIV」
・Hosseinipour MC et al.Empirical tuberucurosis therapy versus isoniazid in adult outpatients with advanced HIV initiating antiretrovirak therapy(REMEMBER).a multicountry open-label randomized controlled trial.Lancet 2016;387:1198-1209.
④「NONTUBERCULOUS MYCOBACTERIA AND CYSTIC FIBROSIS」
・Bryant JM et al.Emergence and spread of a human-tranmissible-multidrug-resistant nontuberculous mycobavteria.Science 2016;354:751-758.
⑤「TREATMENT OF PULMONARY MYCOBACTERIUM AVIUM COMPLEX」
・Olivier KN et al.Randomized trial of liposomal amikasin for inhalation of nontuberculos mycobacterial lung disease.Am J Respir Crit Care Med 2017 Mar15;195(6):814-823.
⑥「HEAT-COOLER UNIT-RELATED DISSEMINATED MYCOBACTERIUM CHIMAERA」
・Chand M et al.Insidious risk of severe Mycobacterium chimaera infection in cardiac surgery patients.Clin Infect Dis 2017;64:335-342.
⑦「OTHER ARTICLES OF INTEREST」
LATENT TUBERCULOSIS INFECTION
・Miramontes R et al.Tubercrosis infection in the United States:prevalence estimates from the National Health and Nutition Examination Survey,2011-2012.Plos One 2015:10:e0140881.
・Ghassemieh GJ et al.Latent tubercrosis infection test agreement in the National Health and Nutrition Examination Survey.Am J Respir Crit Care Med 2016;194:493-500.
SCREEING AND TREATMENT OF LATENT TB INFECTION
・Kahwati L et al.Primary Care Screening and Treatment for latent Tuberculosis Infection in Adult:ebidence Report and Systematic Review for the US Preventive Services Task Force.JAMA 2016;316(9):970-83.
・Reves R et al.Screening for latent tuberculosis elimination in the United States.JAMA InterMed 2016;176(10):1439-1440.
NONTUBERCULOUS MYCOBACTERIA AND CYSTIC FIBROSIS
・Bryant JM et al.Whole-genome sequencing to identify transmission of Mycobacterium abscessus between patients with cystic fibrosis:a retrospective cohirt study.Lancet 2018;381(9877):1551-60.
・Aitken ML et al.Respiratory outbreak of Mycobacterium abscessus subspecies massiliense in a lung transplant and cystic center.Am J Respir Crit Care Med 2012;185(2):231-2.
TREATMENT OF PULMONARY MYCOBACTERIUM AVIUM COMPLEX
・Olivier KN et al.Inhaled amikacin for treatment of refractory pulmonary nontuberculous mycobacterial disease.Ann Am Thorac Soc 2014;11(1):30-5.
HEAT-COOLER UNIT-RELATED DISSEMINATED MYCOBACTERIUM CHIMAERA
・Sax H et al.Prolonged outbreak of Mycobacterium chimaera infection after open-chest surgery.Clin Infect Dis 2015;61(1):67-75.
・Kohler P et al.Healthcare-associate prosthetic heart valve, aortic vascular graft, and disseminated Mycobacterium chimaera infections subsequent to open heart surgery.Eur Heart J 201a5;36(40):2745-53.

d0264356_21495318.jpg



[PR]
# by res81 | 2017-05-25 21:55 | 学会・研修会 | Comments(0)

ATS④ ~poster discussionとYear in Review(part1)~

皆さん、こんばんは。Ajです。ATSの報告④です。
ATS報告は、もう少し続きますのでお時間があればお付き合い頂ければ幸いです。

本日は、621号先生のポスター発表でした。
堂々とした素晴らしい発表で、とても頼もしかったです!
昨日も、ポスターdiscussionに積極的に参加し議論を重ねており、その姿勢には刺激を受けました。
すごい!!お疲れ様でした。

今回ATSに参加し…
私のように英語が苦手な人も、少し出来る人も、自信がある人も、それぞれのやり方で海外学会を楽しめる!!と感じました。
私は、海外学会3回目なのですが(ありがたいです!)、やっとそのことに気づきました。
*ただATSは、APSRやERSと違い、母国語が英語の国での開催なので、流暢な英語を話す方が多く、「早い!ちょっともう少しゆっくりはなしてよ!」と感じる場面も多かったです…(笑)

海外学会の「いろは」については、Y先生がブログに綴る予定です!
海外学会参加予定で不安を感じている方はぜひそれをご参考ください☆(各セッションのみどころ、ご飯のゲット方法、無料で配られる資料の魅力などなど…)

想いをもっと綴りたいのですが、長くなりそうなので感想はここまでとします。

d0264356_14155022.jpg

最後に…
「Year in review」で紹介された文献を紹介します。
内容について書くと莫大なので、文献のみの紹介とさせて頂きます!
まずは、Interstitial Lung Disease:ILDについて。
①「EARLY DIAGNOSIS OF INTERSTITIAL LUNG DISEASE」
Araki T et al. Development and Progression of Interstitial Lung Abnormalities in the Framingham Hearat Study.Am J Resir Care Med.2016;194:1514-1522.
②「DIAGNOSIS OF INTERSTITIAL LUNG DISEASE(MULTIDISCIPLINARY TEAM MEETING)」
Walsh SL et al.Multicenter evaluation of multidisciplinary team meeting agreement on diagnosis in diffuse parenchymal lung disease:a case cohort study.Lancet Respir Med 2016;4:557-565.
③「TRIGGERS OF PROGRESSION OF INTERSTITIAL LUNG DISEASE」
Kreuter M et al.Antacid therapy and disease outcomes in idiopathic pulmonary fibrosis:a pooled analysis.Lancet Respir Med 2016;4:381-389.
④「IPF BIOMARKER」
White ES et al.Plas,a Surfactant Protein-D,Matrix Metalloproteinase-7,and Osteopontin Index Idiopathic Interstitial Pneumonias.Am J Respir Crit Care Med 2016;194:1242-1251.
⑤「ACUTE EXACERBATION OF IDIOPATHIC PULMONARY FIBROSIS」
Collard HR et al.Acute Exacerbation of Idiopathic Pulumonary Fibrosis.An International Working Group Report.Am J Respir Crit Care Med 2016;194:265-275.
⑥「TREATMENT OF INTERSTITIAL LUNG DISEASE」
Tashkin DP et al.Mycophenolate mofetil versus oral cyclophosphamide in scleroderma-related interstitial lung disease(SLS Ⅱ):a randomised controlled,double-blind,parallel group trial.Lancet Respir Med 2016;4:708-719.
⑦「OTHER ARTICLES OF INTEREST」
DIAGNOSING INTERSTITIAL LUNG DISEASE
・Jacob J et al.Mortality prediction in idiopathic pulumonary fibrosis: evaluation of computer-based CT analysis with conventional severity measures.Eur Respir J 2017;49.
・Tomassetti S et al.Bronchoscopic Lung Cryobiopsy Increases Diagnostic Confidence in Multidisciplinary Diagnosis of Idiopathic Pulmonary Fibrosis.Am J Respir Crit Care Med 2016;193:745-752.
PROGRESSION OF INTERSITITIAL LUNG DISEASE
・Ley B et al.Predictors of Mortality Poorly Predict Common Measures of Disease Prgression in Idiopathic Pulmonary Fibrosis.Am J Respir Crit Care Med 2016;194:711-718.
・Russell AM et al.Daily Home Spirometry:An Effective Tool for Detecting Progression in Idiopathic Pulmonary Fibrosis.Am J Respir Care Med 2016;194:989-997.
PATHOBIOLOGY AND GENETICS OF INTERSTITIAL LUNG DISEASE
・Molyneaux PL et al.Host-Microbial Interaction in Idiopayhic Pulmonary Fibrosis.Am J Respir Crit Care Med 2017.
・Fingerlin TE et al.Genome-wide imputation study identifies novel HLA locus for pulmonary fibrosis and potential role for autoimmunity in fibrotic idiopathic interstitial pneumonia.BMC Genet 2016;17:74.
・Newton CA et al.Telomere-related lung fibrosis is diagnostically heterogeneous but uniformly progressive.Eur Respir J 2016;48:1710-1720.
・Petrovski S et al.An Exome Sequencing Study to Assess the Role of Rare Genetic Variation in Pulmonary fibrosis.Am J Respir Crit Care Med 2017.
TREATMENT OF INTERSTITIAL LUNG DISEASE
・Khanna D et al.An Open-label,Phase Ⅱ Study of the Safety and Tolerability of Pirfenidone in Patients with Scleroderma-associated Interstitial Lung Disease:the LOTUSS Trial.J Rheumatol 2016;43:1672-1679.
・Kreuter M et al.Unfavourable effects of medically indicated oral anticoagulants on survival in idiopathic pulmonary fibrosis:methodological concerns.Eur Respir J 2016;4:445-453.
・Behr J et al.Saftey and tolerability of acetylcystein and pirfenidone combination therapy in idiopathic pulmonary fibrosis:a randomised, double-blind, plasebo-controlled, phase 2 trial.Lancet Respir Med 2016;5:33-41.
Nathan SD et al.Effect of pirfenidone on mortality:pooled analyses and meta-analyses of clinicak trials in idiopathic pulmonary fibrosis.Lancet Respir Med 2017;5:33-41.
・Raghu et al.Effect of Nintedanib in Subgroups of Idiopathic Pulmonaru Fibirosis by Diagnostic Criteria.am J Respir Crit Care Med 2017;195:78-85.
INTERSTITIAL LUNG DISEASE SYMPTOMS
・Swigris JJ et al.Psychometric properties of the St George's Respiratory Questionnaire in patients with idiopathic pulmonary fibrosis.Eur Respir J 2017;49.
・Milne KM et al.Frailty is common and strongly associated with dyspnoea severity in fibrotic interstitial lung disease.

長くなりすぎましたので、次回COPDと喘息、その次に抗酸菌感染症をお届けします。
気になった文献チェックしてみてください。


いよいよ、明日帰国です!!!とても充実した学会となりました。
病棟や外来を守って下さった先生方、色々サポ₋トしてくださったKさん(ホットアイマスク活用しました(笑))、不在中ご迷惑をおかけしたスタッフの皆さん、ありがとうございました。
帰国はさらにパワーアップして働きます!

d0264356_14053676.jpg


[PR]
# by res81 | 2017-05-24 14:27 | 学会・研修会 | Comments(0)

ATS③ ~ 学会での意見交換 ~

ワシントンDCより、こんにちは。
ATS(アメリカ胸部学会)に参加させて頂いているスタッフのYです。
学会は早くも3日目が終わってしまいました。

本日の当科からの発表と、3日間を通じての感想をお伝えしたいと思います。
本日のハイライトはなんといっても、我らが団長 Aj先生のポスター発表でした!日本語で表現するのも難しい題材を、英語で、しかも表現豊かに堂々と発表されていました。国内でも、機内やホテルでも深夜まで練習を積み重ねた成果と思います。質疑応答にも笑顔で丁寧に答え、さらに同様のテーマを扱っている他の先生方のところへ出向き、時間の許す限り、互いに発表や質問をしあったり、議論を深めておられました(もちろん全て英語です)。日本では稀少なことも国際学会に出ると類似の報告も散見され、発表者の先生方と意見を交わすこともできます。国際学会に参加するひとつの醍醐味を感じました。
d0264356_12282144.jpg

Aj先生は英語が苦手とのことですが、前向きな姿勢で果敢に取り組むことで、意思疎通はいくらでも可能です。先生は言葉の壁にひるむことなく自ら他の先生方と意見を交わされており、新しいことをどんどん学ぼう、共有しよう、という姿勢に、はっとさせられました。質問をしてくださる方に答えることで満足してしまっていた私にとって、学びの場は開拓していくものなのだと感じさせられました。同じ日程で学会に参加していても、得られるものは自分次第で大きく変わりそうです。これについては後日また共有できればと思います。
d0264356_12305672.jpg

さて、1日目のワークショップですが、Aj先生と621先生が気管支鏡の最新技術を習得されている間、私はPulmonary and Critical Care Reviewsという講義型のものに参加しておりました。これは主に米国で専門医の取得や更新を目指している医師を対象としたものと思われますが、各国から様々な年代の先生方が参加されていました。個人的には、米国の同年代の呼吸器内科医に要求されることはどういうことなのかを知ってみたくなり、他の講演とは違った視点で用意されたこのワークショップを選択しました。

一日で呼吸器各分野の総復習をしながら、新しい知見を学ぶことができました。クイズ形式で自分のスマートフォンやタブレットから回答し、会場内の回答の分布を見ながら、解説をしてもらえる形式でした。クイズ形式のため印象に残りやすく、解説の部分で各分野の最新の知見を学ぶことができるよう構成されていました。参加者も演者らもいつでも自由に発言し、互いに高めあおうとする活発な雰囲気でした。
d0264356_12353528.jpg

また2日目は「ポスターディスカッションセッション」で発表をさせて頂きました。これは、同じテーマの25名のポスターが部屋に展示され、お互いにポスターをじっくり見合ったあと 全員が着席して、座長の先生と参加者で議論を交わす形式です。詳しくはすでに621号先生が書いてくれているので(http://res81.exblog.jp/24216624/)、ここでは個人的な感想を書かせてください。

今回は「COPDの増悪と予後」に関する集まりに入れて頂きました。COPDの死亡率や増悪の予測になり得る肺機能検査や6分間歩行試験、画像検査の所見、バイオマーカーなどが取り上げられました。欧米の方々の積極的な姿勢と、3名の座長の面白い進行も相まって、議論がとにかく白熱していました!なかでもとくに、座長からも聴衆からも、繰り返し聞かれたのがこの2点です:

1.How does that directly benefit our patients?
その情報は具体的にどのように患者さんのためになるのか?
研究が臨床現場で活用されるまでにはもちろん試行錯誤と時間が必要であって、臨床に直結しない段階の研究も多いのですが、どの段階においても、常に「患者さんに直接活かすことができるのか」を問い続ける重要性を認識しました。研究に初めて取り組んでいるからかもしれませんが、うまく発表したくてつい必死になり、「研究のための研究になっていないか」と、ふと我に返ることがあります。目の前の患者さんに、いつどのようにして還元できるかを問い続けながら、これからも研究を深めていきたいと思いました。

2.Is that modifiable?
それは介入(改善)可能なのか?
今回はCOPDの増悪や死亡の危険因子の見出し方に焦点を絞った会でしたので、「その危険因子を発見できたとして、それを改善するような介入が可能なのか?」という意味かと思います。医療経済に厳しい欧米では確かに、介入の難しい危険因子の発見に時間と労力や金銭を費やすことは、推奨しにくいのかもしれません。医療資源に限りがあるのは世界共通です。臨床研究を学ぶ者として重要な視点を教わりました。
d0264356_12444378.jpg
我々の研究は、(とくにアメリカでは)まだ着目されていないテーマであることと、臨床に直結するという点において、高く評価していただきました。呼吸器分野では嚥下はほとんど取り上げられないテーマのため、逆に負の感情なく受け入れていただいたように感じました。介入が可能であるかどうかについては、理学療法や栄養療法の効果が示唆されていますが、自身の実体験で伝えていけるように今後取り組みたいと思いました。

同様のテーマで国内の異なる分野の学会で何度か発表をさせて頂いたのですが、国内外それぞれの場で違う切り口で質問や意見を頂くことができて、とても刺激になりました。あえて慣れない世界へ踏み出すことで開かれる扉がいくつもあるようです。

臨床に全力投球しながら臨床研究をすることは容易ではないことをこの一年間で感じましたが、臨床も研究も互いに補い合うものであることも、今回の学会で認識しました。

我々の発表にあたって、様々な形で支え、ご指導くださった皆様に心よりの感謝を胸に、最後の一日も精一杯 吸収して帰りたいと思います。

[PR]
# by res81 | 2017-05-23 12:48 | 学会・研修会 | Comments(0)

ATS2017②〜Poster Discussion Session〜

みなさん、こんばんは。
レジデントの621号です。
怒涛の学会2日目が終了致しました。

Poster Discussion Session〜世界にむけての発信〜
本日も我らがY先生の活躍が際立ちました!
今日の目玉はPoster Discussion Session (COPD: Disease Progression and Prognosis)で、25名のCOPDに関する研究をテーマとした優秀なポスターについて深く議論するといった趣向のセッションでした。
Y先生は当科におけるCOPD・嚥下研究の第一人者ですが、当科にいらっしゃってから進められている嚥下研究の成果について世界の先生方と素晴らしいディスカッションを繰り広げられておりました。嚥下評価法に関しては当科では水飲みテスト(WST: water swallowing test)唾液反復嚥下試験(RSST: repeting saliva swalloing test)簡易嚥下誘発試験(SSPT: simpe swallowing provocation test)の3つを用いて評価しておりますが、具体的な評価方法や臨床における意義についての質問などもみられ、嚥下評価法は世界のドクターの間でも認知度はそれほど高くないことを感じるとともに、こういった実臨床へ直結する研究に対する高い興味と関心を感じました。同じ科に所属する一員として、当院からも世界に発信できているという感覚を共有できてとてもうれしく思います。Y先生、発表本当にお疲れ様でした!
d0264356_16175898.jpg
d0264356_16184111.jpg
d0264356_1824543.jpg
学会参加に際して思うこと
〜「自分が主体となって学び、そして発信する」〜
学会に参加するに際して、個人での参加ではついつい見たいセッションを網羅的に回ることに固執してしまいがちです。私は今回も先輩方の背中を追って参加している形になりますが、世界の先生方との交流したり、自身の成果の伝え方など、毎回こんな学会の楽しみ方もあるのか、と眼が開かれる思いです。
こんな風に後輩に学会の楽しみ方を啓蒙できるような先輩医師となりたいと思うレジデント621号なのでした。
そんな中、医学のみに留まらず知識欲を満たしたいと、本日は世界にむけた知の叡智であるスミソニアン博物館にお邪魔してきました。各人思い思いに展示物を眺めながら、膨大な智を眼前に迎え、智というものの奥深さと幅広さに触れました。そう思いを馳せながら、立ち返ると我々の学会参加も個人の学びの喜びのみならず、自分の成果を世界に発信する悦びで満たしたい思いにかられました。知識人として自己を形成するうえでどちらも非常に重要だと感じます。
FAILURE IS NOT AN OPTION(失敗という選択肢はない)
これはアポロ13号にまつわる有名な言葉ですが、今の私には前進する人類の決意としてしみじみと感じます。
この言葉を胸に今後の医師としての人生を歩んでいこうと思います。

学会参加中の夜は一人で考えるべきことの多さに気がつきます。病棟や外来を守って下さっている呼吸器内科の皆さま・ローテート中の集中治療部の皆さまへの感謝の気持ちに包まれながら今日も夜が更けていきます。
[PR]
# by res81 | 2017-05-22 16:25 | Comments(0)

ATS 2017➀

皆さん、こんばんはAjです。


今回、飯塚病院呼吸器内科より3人が
アメリカのワシントンD.C.で開催されている
American Thoracic Society International Conference 2017(ATS)
に参加しています。

実は…
福岡→成田行きが遅延したため、予定していた直行便に乗れず、

急遽、シカゴ経由でワシントンへ行くことになりました!
最初からハプニングありましたが、無事に&元気に到着することができました(^O^)


本日は、朝から夕方までセミナーに参加しました!
私は、気管支鏡セミナーを選択し、午前中は講義、午後はハンズオンセミナーでした。
解剖、BAL/TBLA/TBB/TBNAなどの適応、喀血、high risk patintsの対応、EBUS-GS/TBNA、BT、異物、小児の気管支鏡など幅広く学びました。
また、ハンズオンセミナーはグループ毎で行うため、様々な国の先生と交流することが出来ました。これも海外学会ならではの貴重な経験です!

また本日、Y先生がAPSR awardを受賞されました!!!!
アジアから今回のATSに登録をしている演題から、上位10人ほどが選ばれるという賞です。
本当に素晴らしいです!日々の努力が認められたのですね!!

以上、簡単ではありますが、ATS出張の報告➀です。
病棟や外来を守って下さっている呼吸器内科の皆さん、本当にありがとうございます。しっかり学んできます!

d0264356_11592963.jpg


[PR]
# by res81 | 2017-05-21 12:17 | 学会・研修会 | Comments(2)