飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ7名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医6名(H28年4月現在)で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
いつもブログを拝見させて..
by K at 16:27
はじめまして 現在この..
by 吉村 at 23:33
あ様、コメントありがとう..
by res81 at 06:35
タグ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


筑豊地区 呼吸器フォーラム

皆さんこんばんは。Ajです。

2016年11月28日に筑豊地区 呼吸器フォーラム@のがみプレジデントホテルが開催されましたのでご報告致します!

この度は、私の大学院の師匠であります順天堂大学呼吸器内科准教授の原田紀宏先生と
研修医時代に研修させて頂き大変お世話になりましたつだ病院院長の津田徹先生からのご講演であり、
この会が決まった時から楽しみで仕方ありませんでした!!


まずは、原田先生より「進化する喘息診療を考える」というテーマでお話頂きました。
最近目まぐるしく進歩している喘息治療について、とても分かりやすくお話して頂きました。

個人的には、BTやMepolizumab含めた抗体治療についてのご経験例、
また適応拡大となりましたスピリーバの適応症例(※)についてのお話がとても勉強になりました。
多種の薬剤がでてきております喘息診療における知識の整理とともに、すぐに診療に役立つようにお話ばかりでした!!
原田先生、貴重なご講演ありがとうございました。
私も師匠に近づけるように頑張りたいと改めて思いました。

※ICS/LABAでコントロール不十分な症例、ICS増量を懸念する症例、β2刺激薬の使用を懸念する症例、リモデリングの可能性がある症例、喀痰の多い症例


次に、津田先生より「COPDをどのうように治療するか?」についてお話頂きました。
禁煙の大切さ、COPDの病態・治療について、またリハビリの重要性、栄養指導まで幅広くお話頂きました。
津田病院は、呼吸器疾患のある患者さんの治療ならびにQOLアップのために、
非常に多くの職種の方が、患者さんに寄り添い色々な活動を提案し、より楽しく生きれるように努力している病院です。
研修医ながらに、チーム医療すごい!私も病気だけでなく患者さんの生活状況まで考えられる医師になりたいと思ったものです。
津田先生、とても分かりやすく、今後のCOPD診療に大変役立つ貴重なご講演、本当にありがとうございました。
今後、また見学に行かせて頂けましたら幸いです。その際はどうぞよろしくお願い致します。


懇親会では、演者の先生、開業医の先生、当科のスタッフ、リハビリスタッフなどで色々なお話ができ、とても有意義な時間でした。


原田先生、津田先生、本当にありがとうございました。飯塚病院呼吸器内科もますます頑張っていきたいと改めて思った一日でした!!!
そして、今後もご指導のほどよろしくお願い致します。

d0264356_00233146.jpg


[PR]
# by res81 | 2016-12-01 00:26 | 学会・研修会 | Comments(0)

第31回九州臨床画像解析研究会

スタッフのTBです。

11月18日(金)、「第31回九州臨床画像解析研究会」を当院で主催致しました!

全国より19名の呼吸器内科医・放射線科医・病理医の先生方にお集まりいただき、
(東は亀田総合病院~西は長崎大学まで、次回はもっと広がる予定です!)
各々の施設で進行中のスタディや、
これから始めようと思っているアイデアについて、
我が国トップの先生方からコメント(ダメだし?)を頂くという変わった会です。
年に2回当科で主催しております。
d0264356_10501520.jpg

今回は私が長々と研究のご相談をさせて頂き、
他の先生方の分を圧迫してしまいました。すみません・・・
しかし、たくさんの示唆を頂き、私自身は最高に楽しい時間でした!
もっと研究もガンバります!!
他の施設の先生方の研究内容も面白く、本当に勉強になりました。

さて、もちろん教育的な講演もあります。

今回はまずJCHO金沢病院の早稲田優子先生から
「留学のススメ〜世界の中で日本人は本当に損してる?〜」というタイトルで、
ウィーンへのご留学体験記をお話し頂きました。
女性医師のキャリアプランの参考になるのはもちろんですが、
性別関係なく面白いお話でした。

「面白いか面白くないかではなく、今目の前の仕事をきちんとやること」
「小さな仕事をきちんとできない人は、大きな仕事もできない」
的なまとめも、本当にその通りだと思いました。
患者さんあって、日々の診療があっての私たちです。


そして次に、聖路加国際病院の次富亮輔先生より、
来年4月に開校する「聖路加国際病院 専門職大学院公衆衛生学研究科」
のお話しを頂きました。
面白そうですので、ご興味のある方は是非ググってください!


最後に、公立学校共済組合近畿中央病院放射線診断科の
上甲剛先生から、
「気道散布性感染症の画像診断と胸部X線区域解剖」というタイトルで
ご講演頂きました。
相変わらず何度聴講しても学ぶところが多いのですが、
今回は各肺区域の気管支肺炎のコレクションが衝撃でした!
当科でもコレクションを始めようとしていたばかりでしたので、
方向性が見いだせたような気がいたしました。

懇親会でもたくさんの施設の先生方とお話しができて、
最高に楽しい夜でした。
これからの活力をたくさんいただきました。
d0264356_1051775.jpg

ご参加頂いたたくさんの先生方、本当にありがとうございました。
また来年宜しくお願い致します。

当科メンバーの皆さん、ご協力ありがとうございました。
これからも臨床・研究を頑張りましょう!
[PR]
# by res81 | 2016-11-19 10:51 | 学会・研修会 | Comments(0)

国際学会APSRに参加しております④〜ERS Handbook Award〜

APSRも最終日を迎えました。微笑み隊です。
懇親会でAwardの発表などがありましたが、私達も全員ERS Handbook Awardに表彰していただきました。これを励みに明日からの診療も頑張りたいと思います。
d0264356_222207.jpg
ACOS: does it exist?
本日は「ACOSは存在するのか」というディベートがあり、イギリスの先生方によるテンポの良いやり取りに聞き入ってしまいました。
ACOS肯定派
まずACOS肯定派の先生による演説がありました。 初めに、ACOSという言葉だけが一人歩きをして、ACOSと呼ばれている集団が非常に多様であるという問題点が挙げられました。曖昧な呼び名であるため、なんとなくACOSという診断になっていることや、ICSを処方するためにACOSという診断名がつけられている場合もあります。ACOSに関する研究においても定義や対象集団が大きく異なるため、今もACOSの頻度や予後が定かでないことが問題です。しかし実際に喘息とCOPDの両方の特徴を有する病態があり、病状のコントロールや予後にも関与するため、純粋な喘息やCOPDとは区別する必要があります。コペンハーゲンで行われた長期観察研究によると、ACOSではCOPD単独と比較して症状や発作がより多いのみならず、FEV1の低下速度が速いことがわかっています。その低下速度は喘息の発症年齢によって異なり、中高年で喘息を発症した患者では、その後の年間FEV1低下率が顕著に大きい傾向にあります。一方で、小児~若年発症の喘息を合併しているCOPDは呼吸機能の低下は通常のCOPDと大差ありません。ACOSという言葉に惑わされて、喘息あるいはCOPDの鑑別を丁寧に行うことを忘れてはならないという教訓が印象的でした。
ACOS否定派
一方でACOS否定派として登壇された先生は、ACOSという症候群として扱うことで多様な集団を単一化してしまうことを危惧しておられました。喘息とCOPDでは病態が全く異なります。例えば気道閉塞の機序が、喘息では気管支収縮、発作時の気道浮腫、粘液塞栓、構造変化(不可逆性の線維化)であるのに対して、COPDでは末梢気道の線維化、気腫、粘液分泌、増悪時の気道浮腫が原因となります。また病理学的、免疫学的、遺伝子的にも異なることが分かっています。 喘息とCOPDが重複する部分があることは確かです。例えば喘息患者で好中球性炎症を有する、あるいは常時閉塞性障害がある場合などがこれにあたり、ステロイド反応性が乏しいのです。またCOPD患者で好酸球性炎症を伴う場合は可逆性やステロイド反応性が良好です。 つまり喘息とCOPDは全く違う疾患であって、ACOSと呼ばれている集団はこれら2疾患を合併しているというのです。重要なのは、両疾患がどのように重複するかが患者によって異なるため、一つの症候群としてまとめるのではなく、ACO (Asthma COPD Overlap)として、Overlapの仕方について議論を深めることです。

両先生とも、喘息とCOPDの両者の要素が重複した重症な患者がいることを認識することの大切さについては同じ意見であるとのことでした。会場を巻き込んだ議論の中で、喘息とCOPDを合併する患者をきちんと見極めることと、彼らを診療する上で我々が主治医として責任をもって臨床研究や薬剤開発を手掛けていくという点で全体的な見解は一致していたようです。現時点では重複の様式によって治療が大きく変わらないかもしれませんが、まずは丁寧に診断を下すことで臨床研究にもつながるということがわかりました。

ディベートは一つのテーマに関して様々な角度から意見を聴くことができ、その分野の理解が相乗的に深まるいい機会だと思います。海外学会に参加される特に若手の方におすすめのイベントだと思いました。
APSR全4日間の日程を終え、これから帰路につきます。病棟を守ってくださった先生方には感謝してもしきれません。本当に素晴らしい経験をさせていただきました。帰国後は今回の経験を臨床に還元しながらお返ししたいと思います。
[PR]
# by res81 | 2016-11-18 16:30 | 学会・研修会 | Comments(0)

国際学会APSRに参加しております③〜Workshop of Diagnostic Interventional Pulmonology〜

APSR3日目、本日もはりきって参加してきました。
d0264356_433388.jpgd0264356_434833.png
ワークショップ“Diagnostic interventional pulmonology”で学んだ事をお伝えします。
4つのテーマに分かれ講義がありました。
まず
①Mapping a pulmonary lesion; how to do it?
『気管支鏡“枝読み”術』の著者である栗本先生が講師でした。
CTで結節影などのターゲット病変がどの気管支支配下なのか正確に判断し、気管支鏡検査の診断率を高めることを目標としており、私たち若手にとって習得すべき技能といえます。
今回のワークショップではCT所見から気管支を同定し、スケッチする方法が紹介され、実際にスケッチを行いました。
CTでの枝読みのポイントは2つ
⑴reverse or rotate CT images
⑵differentiate between vertical branch and horizontal branch

⑴まずはCTを左右反転あるいは回転させます。具体的には、右中葉・左舌区・両側下葉は左右反転させ、右上葉は90度反時計回りに回転、左上区は90度時計回りに回転させます。この方法を用いることで気管支分岐がスケッチしやすくなります。
⑵ただ、気管支分岐は立体構造なので走行によっては、反転あるいは回転した画像どおりにスケッチするのではなく、少し工夫が必要となることがあるようで、CT断面を観察する際に気管支が走行している方向(垂直か、水平かなど)を意識することが重要です。
Vertical pattern;B1,2a,1+2,3c,7-10
➡見たそのままをスケッチできます。
・Horizontal pattern
・Horizontal-horizontal pattern
・Horizontal-vertical pattern
・Horizontal-oblique pattern

➡走行を考えながらスケッチします。
紙面上では上手く伝えられないですので、今後ブロンコカンファの準備の時に一緒に枝読みしましょう!
②Navigation systems for peripheral lung lesions
気管支ナビゲーションシステムが益々活用されるようになってきています。Electromagnetic navigation bronchoscopy(ENB)、Virtual bronchoscopy navigation(VBN)の2種類がありますが、いずれも使用することで診断率が向上すると報告されています。今後、おそらくこれらのシステムが日常活用されることが多くなる風潮にあるようです。
個人的には良いシステムだと思いますが、レジデントとしては一回上記①レクチャーのようにスケッチを行い、最後にナビゲーションで答え合わせをするという使い方が良いのではないでしょうか。
③Lymph node staging in lung cancer; what is a role of EBUS-TBNA and EUS-FNA
当科でもEBUS-TBNAは行っておりますが、今回の内容はEUS-FNAも併用すると肺癌疑い症例の診断において有用ではないかというお話です。
EUS-FNAは消化器内科で頻用されていると思いますが、呼吸器の分野ではあまり普及していません。EBUS−TBNAに用いる超音波気管支鏡でのEUS−FNAをEUS−B−FNAと言います。
食道を穿刺するときのポイントは、食道は気管に比べて柔らかいため勢いよくスッと刺すことのようです(英語が聞き取れず表現があっているか微妙ですが、勢いが大事と仰っていたと思います)。
肺癌の縦隔病期決定においてEBUS-TBNAとEUS-FNAの併用は、EBUS-TBNA単独と比較し感度が有意に高いと報告されています。手術での生検に比べて低侵襲であり、呼吸器内科医が内視鏡で診断できる領域が広がるため習得すべき手技といえます。
④Flex-rigid pleuroscopy
最後は胸腔鏡のお話です。当科でも胸腔鏡下を行っておりますが、様々な疾患での胸膜生検や治療を紹介されていました。胸腔鏡は内科医でも出来、比較的侵襲の少ない処置になるので胸水の原因が不明な際などは積極的に行うことが推奨されていました。特に結核性胸膜炎が疑わしいときは行うべきで、胸水での診断率と比較し胸膜生検では約2倍の78%まで上がります。
⑤Hands-on
講義の後はhands-onに参加しました。同じグループの方々とそれぞれの施設での手技の方法の違いなどを話すことが出来、とても勉強になりました。午後のhands-onでは内視鏡の大手であるErbe社の製品としてのcryoとAPCを体験しました。
・cryo
日本ではまだ承認されてはいないのですが、生検を鉗子を用いるのではなく、組織を凍結させることで検体を破壊せずに採取する発想で開発されたCryobiopsyの紹介をしていました。組織を保ったまま生検できるという点で気管支鏡下生検に一石を投じる期待を感じましたが、実際の手技上は凍らせた後に組織を引きちぎる印象で、意外と出血や気胸は多そうな印象がありました。合併症の頻度やびまん性肺疾患などの末梢側への生検の際の安全性など今後のevidenceの集積に期待したいと思います。
・APC
生検後の出血に対して 直視下生検後の止血手技として焼灼する目的で焼灼の強度は2段階あり適宜調節可能です。焼灼する場合はAPCを組織に接触しない範囲でできるだけ近づけることが重要とのことでした。(組織に接触させて焼灼するとAPCに組織が付着してしまう)こちらは日本でも既に承認されているようで出血が予想される直視下生検の際の止血の選択肢の一つとして有効かもしれません。
明日はいよいよ学会最終日そして帰国です。最後まで学会を堪能させていただき、帰国後の日常診療に活かして行きたいと思います。
d0264356_4282852.pngd0264356_4263821.jpg
<学会参加風景:積極的に質疑応答にも参加してきました>
[PR]
# by res81 | 2016-11-15 04:42 | 学会・研修会 | Comments(0)

国際学会APSRに参加しております②〜Poster Presentation〜

APSR day2のご報告です。
微笑み隊は本日も朝から会場へ。
朝一番のpresidental lectureはとても広い会場で開催されました。
d0264356_2482857.jpg
そして本日は4人全員のポスター発表がありました。
朝から余裕のひと、昨日の体調不良が残っているひと、夜通しトイレに通い詰めたひと、緊張感が溢れ出ているひと、それぞれがそれぞれの思いを抱きながら発表に臨みました。
トップバッターは我らルーキーKJN
“Cardiac tamponade followed by fatal arrhythmia caused by cardiac actinomycosis attributable to Actinomyces meyeri”
初めての発表とは思えない躍動感あふれるプレゼンテーションにchairmanの先生からもお褒めの言葉を頂きました。
KJNの個人的感想です↓
国際学会初参加で、初日から忘れ物に次ぐ忘れ物で諸先輩方に大変ご迷惑をおかけしましたが、無事この日を迎えられました。前日夜遅くまで原稿チェックやプレゼンの練習に付き合ってくださったほほえみ隊の皆さん、そしてこのような貴重な体験の場を与えてくださったAIH呼吸器内科の皆さん全員に只々感謝の一言です。発表はちょうどお昼前との事もありポスター会場には多くの人集りが。英語で話す事自体経験が少なく、ましてや自分の英語の症例プレゼンがうまく伝わるかが非常に不安でしたが、沢山の人に聴いていただき、幾つかの質問も頂きました。今回は勢いが先行した感がありましたが、自分なりに議論ができたことに満足しています。今後再び海外発表の場を頂けるのであれば、もっと熱いディスカッションを繰り広げられるよう自分の英語力を磨きたいと決意を新たにしました。もちろん呼吸器内科医として精進する事が最優先ですがね!
d0264356_2512393.jpg
ルーキーKJNの白熱した発表、討論を皮切りに、他の隊員3人も後に続きます。
“A case of lung adenocarcinoma presenting as penile mondor’s disease”
発表時間に余裕があったこともありChair manの先生から熱心な質問をいただきました。すべての質問に対してしっかりと答えており、聴衆を引き込む発表でしたね。お疲れ様でした。
d0264356_362228.jpg
“A case of huge lymphatic and venous malformations of the mediastinum”
今回の発表の中で最も聴衆を集めた時間帯で緊張を強いられる環境でしたが、自分のペースを崩さず安定感のある発表でした。
d0264356_2542682.jpg
“Congenital tracheal stenosis in the adult: a case report and literature review”
圧巻の一言につきます。微笑み隊のリーダーとしてのみならず、我らが飯塚病院の代表として誇れる発表でした。
微笑み隊はこれからもリーダーについていこうと思うのでした。
d0264356_2552126.jpg
4人全員発表だけではなく、各講演では積極的に質問もできとても深い学びにつながりました。今後も学会に参加する場合このようなinteractiveな学びを心掛けていきたいと思います。
発表の緊張感からも解き放たれ、明日からもそれぞれ興味のある講演に参加して学んだことを共有していきたいと思います。
[PR]
# by res81 | 2016-11-14 03:12 | 学会・研修会 | Comments(0)