飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ7名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医6名(H28年4月現在)で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
いつもブログを拝見させて..
by K at 16:27
はじめまして 現在この..
by 吉村 at 23:33
あ様、コメントありがとう..
by res81 at 06:35
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


肺炎とPaCO2

呼吸器内科スタッフのTBです。

肺炎の患者さんが増える季節になって参りました。
肺炎で入院される患者さんに対して、動脈血液ガス分析をルーチンでされている施設は多くはないと思いますが、その重要性に関するスタディです。

Hypocapnia and Hypercapnia Are Predictors for ICU Admission and Mortality in Hospitalized Patients With Community-Acquired Pneumonia
CHEST 2012; 142(5):1193-1199


<Objective>
・入院を要する市中肺炎(CAP)において、PaCO2値とICU入室、30日死亡率の関係を検討

<Methods>
・retrospective cohort study
・2つのtertiary teaching hospitalsにおいて
・対象:CAPの診断で入院した症例
・検討項目:入院時の動脈血液ガス分析PaCO2
        ICU入室率
        30日死亡率
・Pneumonia severity indexを含め、多変量解析を施行

<Results>
・453例が対象
・PaCO2の結果;
 正常(35-45 mmHg):189例(41%)
 低値(<35 mmHg):194例(42%)
 高値(>45 mmHg):70例(15%)
・多変量解析:疾患の重症度を調整後、PaCO2正常群と比較して、
 PaCO2低値群…30日死亡率高い(OR=2.84; 95%CI, 1.28-6.30)
        ICU入室率高い(OR=2.88; 95%CI, 1.68-4.95)
 PaCO2高値群…30日死亡率高い(OR=3.38; 95%CI, 1.38-8.30)
        ICU入室率高い(OR=5.35; 95%CI, 2.80-10.23)
・COPD患者を除いて再検討(PaCO2の値が変化しやすいため)
 ⇒最初の解析と同じ傾向が維持された

<Conclusion>
・CAPで入院した症例において、PaCO2低値・高値いずれも高いICU入室率と30日死亡率に関連していた。
・COPD症例を除いても、この関連性は認められた。
・PaCO2値は、肺炎の重症度判定の重要な因子と考えられる。

Pneumonia severity indexで調整されているうえに、
PaCO2の交絡因子と考えられる呼吸回数やpHとの関連も検討されておりました。
その結果、
「PaCO2低値は死亡の独立因子だが、頻呼吸やアルカローシスとは関係ない」
「PaCO2高値は死亡の独立因子だが、頻呼吸やアシドーシスとは関係ない」
「アシドーシスも死亡の独立因子だが、頻呼吸とは関係ない」
との事でした。

頻呼吸は大切だと思っていましたが…PaCO2はもっと大切かもしれないのですね。
今後のプラクティスにおいて、一度再検討してみようと思います。
[PR]
# by res81 | 2012-11-09 18:13 | 肺炎 | Comments(0)

COPD急性増悪後の自然史

久しぶりの更新です。
スタッフのTBです。

寒くなってきましたね。
COPDの急性増悪に注目した、かなり大規模なコホートが発表されました。
急性増悪の予防、増悪時の適切な治療が重要であることが示されています。


Long-term natural history of chronic obstructive pulmonary disease: severe exacerbations and mortality.
Thorax. 2012 Nov;67(11):957-63.

<Background>
・COPDにおいて、重症急性増悪後の自然史に関する大規模な調査はない

<Methods>
・急性増悪の初回入院をきっかけとするinception cohort(発端コホート研究)
・カナダ・ケベック州のhealthcare databasesを用いて検討
・inclusionの期間:1990~2005の15年間
 ⇒フォロー期間は2007/3/31まで
・フォローアップ期間のCOPDの入院、死亡率をカウント
 ⇒COPD増悪による入院回数と、全死亡率の関連を検討
・Hazard ratioは年齢、性別、合併症で調整

<Results>
・73,106例が対象:全てCOPDの急性増悪初回で入院後より
・50,580が17年間のフォロー中に死亡
・3.6年で50%が死亡
 7.7年で75%が死亡
・1回目と2回目の入院の間隔は、約5年(中央値)
 ⇒9回目と10回目の入院の間隔は4か月未満
・次に重症急性増悪を起こす危険性は、1回目の増悪と比較し、
 2回目で3倍に、10回目で24倍になる
・急性増悪の死亡率は、
 最初の1週間では40/10000/日、
 3か月後には5/10000/日

<Conclusions>
・COPDでは、2回急性増悪(重症)を起こすと、健康状態が急速に悪化する。
 急性増悪時には最初の1週間で高い死亡率を示す。
・COPDマネージメントの戦略として、
 ①2回目の増悪を減らす(遅らせる)こと、
 ②急性増悪時の早期死亡を減らすこと、
 の2つが重要。


これからの季節、私たちも気を付けて診療に当たりたいと思います~
[PR]
# by res81 | 2012-11-07 18:47 | COPD | Comments(0)

飯塚病院呼吸器内科ブログ 始まりました!!

みなさん、こんにちは☆
飯塚病院呼吸器内科の平スタッフです。
この度、飯塚病院呼吸器内科のブログを始めることになりました!!

きっかけは些細なことでした。

2012年6月某日、
夕にT先生と医局でだべっていた際に、T先生の
「後期研修医の募集をかねて、ブログでも作ってみるか~」
というかる~~~いノリから始まり、
「ブログなんて作ったこともないし、なんか難しそうだなー」
と思ってた僕をよそに、T先生がものの数分で立ち上げてしまいました。
しかも、僕のメールアドレスで(^_^;)

それが、このブログです。。。。

今のところ、とりあえずは

・ うちの科の紹介
・ 勉強会や学会などの様子
・ 飲み会や催し物の様子


などなどアップしていきたいな、と思っています。

このブログを見て、
飯塚病院呼吸器内科の雰囲気を感じて、
少しでも興味をもってくれたら、うれしいです。

d0264356_21291414.jpg


ちなみに、この写真は、
先日小倉で行われた勉強会の帰りの飲み会の写真です。

今年度は後期研修医(新3年目)が5人も来てくれて、
この日も全員ではありませんが、2人集まりました。
ローテーション中の研修医も来てくれました。

ブログに載せる写真を撮りたいと言ったためか、居酒屋なのに、
どこかかしこまった感じになってしまいましたが(笑)
このブログにおいて記念すべき1枚目の掲載写真です。

これから随時アップしていきます。
よろしくお願いします。
[PR]
# by res81 | 2012-07-02 21:47 | 科の紹介 | Comments(0)