飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ10名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医4名(H29年4月現在)で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


タグ:呼吸器内科 ( 63 ) タグの人気記事

気胸・肺のう胞勉強会

スタッフGSnowです!

7月30日に気胸・肺のう胞グループの勉強会@Shinagawaへ行ってまいりました。今回で第16回目(8年目)となる本勉強会。。。私はご縁があって何気に3年間ほど連続で出席させて頂いています。

大学の時より肺移植をやっていた大学の影響もあり、LAMに興味をもっていました。そのときにはLAMと女性ホルモンに興味があったのですが。。。
この会からのご縁もあって今年4月から社会大学院生の生活がスタートしております。テーマは「LAM」。ご縁ですね〜分からないことも多いですが、臨床研究を行うチャンスに感謝しております。

今回の特別講演は、「脈波と胸腔内圧」
先日名古屋であった勉強会に参加できなかったので、今回は非常に楽しみにしておりました。生理学から、臨床まで幅広く直接お聞きすることができました。当院でも導入したばかりの機器ですし、まずは自分から早速やってみています。

〆は羽田空港の「お寿司」でした!!途中から別メンバーも参加して、楽しい帰路でしたね☆
※にやけ顔の2人です♪

d0264356_1152348.png

[PR]
by res81 | 2016-07-31 11:28 | 学会・研修会 | Comments(2)

呼吸器学会 総会 in 京都

Gsnowです。

別れと出会いの春。。。
初期研修医時代から5年間一緒に働いてきた多くの同期、そして当科からはYj先生が新天地でのスタートをきりました。寂しさもつかの間。。。
スタッフ1名+後期研修医3名が新たに加わり、ますます飯塚呼吸器が盛り上がりそうです♪

今週末は呼吸器学会のため、京都に来ております。Yj先生とも早々再会、2週間ぶりです♪
d0264356_2395840.jpg

日向ぼっこ。。。。ほのぼのしておりました。
Aj先生も口頭発表おつかれさまでした!!発表かぶってしまい聴講できず残念です。
大阪以来、T先生も発表聴きにきていただきありがとうございます。
夕方からはるばる参加してくださったスタッフ228号先生。。。。ごめんなさい写真とり忘れました!

私事ながら。。。
Aj先生に続き、春から順天堂大学で社会人大学院生となりました〜!!
d0264356_23155856.jpg

臨床にいかせる研究ができたらなぁと思っております。

今年度もよろしくお願いします!!
[PR]
by res81 | 2016-04-09 23:24 | 学会・研修会 | Comments(0)

呼吸器地方会in鹿児島

ひさびさブログupしますGSnowです!!
若手だと思っていたのに気づけば、後輩もたくさん入ってきてくれて、お姉さんになりつつあります。ここ最近は、Care reportを投稿し(今待ち中。。。)、来春からは、飯塚病院に勤務しながら社会人大学院生となります。

3月19日 鹿児島へ呼吸器学会九州地方会へ行ってきました♪
d0264356_11294672.jpg

~飯塚病院同士のディスカッション~
N先生発表お疲れさまでした♪堂々としていて、だいぶ発表に慣れてきたかなぁ~って。。。
自分の発表が近づいてきてちょっとどきどきしながら見守ってました。

発表後は、もちろん西郷さんにお逢いしてきました。
d0264356_11303224.png

次は呼吸器学会総会in京都に進出してきます!!
[PR]
by res81 | 2016-03-21 11:31 | 学会・研修会 | Comments(0)

「ゾウの時間 ネズミの時間」「IPの時間?COPDの時間?」

ブログが年明けしていませんでした〜(^_^;)


お久しぶりです、スタッフ228号です。
今年も飯塚病院呼吸器内科をよろしくお願いします〜☆


さて、我ながら、いきなり意味不明なタイトルで来ましたが(笑)今日は呼吸器疾患と心拍数のお話です。外来をやっていると、同じIP(間質性肺炎)あるいは同じCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の患者さんなのに、脈が早い人とそうでない人がいることに気付きます。今日はそんな心拍数に関する小ネタを紹介します。研修医の先生とかに、ちょろっとこんな小ネタを紹介すると、へぇ〜って言われるかもしれません(笑)


ひとつめは、


IPF (特発性肺線維症)と心拍数について


Respirology. 2011 April;16(3):439-45. から


IPFの患者さんにおいて、Heart rate recovery at 1 min(HRR1)after 6MWTつまり、6分間歩行で上がった脈拍が、6分間歩行後1分後の時点で、どの程度回復しているか、という点を指標にしています。


この論文では、13回/分をカットオフにしています。結論としては、6分間歩行後1分後の心拍数が、13回/分以下しか回復していないときは死亡率が高かったり、肺高血圧症を合併している割合が多いという結論です。

d0264356_132072.png


d0264356_132338.png


簡単にいうと、労作後の心拍数の戻りが遅いIPF の患者さんは、予後が悪かったり、肺高血圧症を合併しているかもしれないっていうことですね!


きちんと6分間歩行で評価するに越したことはないですが、外来をイメージしたときに、歩いて診察室に入ってきた患者さんで、脈が上がっている場合に、1分くらい様子をみてみて、なかなか脈が下がらない場合、もしかしたら肺高血圧症を合併しているかもよ、っていうところでしょうか(かなり砕きました・・・)。でも、たしかに回復が遅い方、いらっしゃいますね。


続いて、


COPDと心拍数について


Eur Respir J. 2013 Aug;42(2):341-9.
「Resting heart rate is a predictor of mortality in COPD 」



安静時心拍数がCOPDの重症度、さらには心血管系死亡率、全死亡率と関連する(安静時心拍数が高いほうが悪い)という論文です。

d0264356_131454.png


もちろん、もともと心房細動など不整脈がある方は除外されていて、対象患者さんの安静時12誘導心電図をもって安静時心拍数としています。どのタイミングをもって安静時とするか、実際は難しいところがある気もしますけど(「安静時」を明確に決めているわけではありません)参考に。。。


ところで、みなさんは「ゾウの時間 ネズミの時間」という生物学の本をご存知でしょうか。小学生の頃だったと思いますが、国語の教科書に、この一部が載っていたのを覚えています。そこには、哺乳類は一生の間に20億回脈打つそうで、ゾウは脈がドックンドックンゆっくりだから寿命は100年、ハツカネズミはドクドクドクドク脈が早いから寿命が1年半っていうところだけ、小学生ながらに妙に記憶してまして。。。脈が早かったり戻りが悪いほうが合併症があったり、死亡率と相関するかもっていう今回の論文と重なったので、こんなタイトルにしてみました。


ただ「ゾウの時間 ネズミの時間」きちんと読んでみると、ゾウのほうが寿命が長い、ネズミは短いとかそんな単純なことを言いたいわけじゃありませんので、あしからず。ぼくたち人間は勝手に24時間365日という時間の尺度で、他の生物の時間まで捉えようとしがちですが、自然界からするとそんな尺度は意味がないわけで・・・そして、生きている価値は必ずしも長さだけじゃないですしね!ま、興味がある方は、読んでみてください〜(笑)
[PR]
by res81 | 2016-02-04 01:13 | 肺高血圧症 | Comments(0)

第9回びまん性肺疾患フォーラム

久々upさせていただきますGSnowです。

5年目になりまして今後の専門を考えた一年で、ちょっと「びまん性肺疾患」をやってみようかなっと思うここ最近です。

東京びまん→MDD検討会@長崎→大阪びまん→若手びまん

Unclassifiable IP MDD検討会@長崎
d0264356_2124294.png

そして。。。先週末は大阪で「びまん肺」の勉強会へ行ってきました!!去年に引き続き2回目です。
前回の長崎の研究会の総合まとめがありました!IPAFが多かったですね!
Subacute IPのセッションが大変盛り上がっておりました(笑)
本日注目は若手びまんで取り上げられた「PM/DMに伴う間質性肺炎」です。自分の中で最近気になる疾患の一つなので、しっかり勉強させていただきました♪自分の中では、免疫抑制剤の治療介入や減量のタイミングなど悩む日々です。
d0264356_21271023.png

今回の会は同世代のお仲間とお話できたことが一番の収穫かも知れません。T中Dr、K池Dr今後ともお願いします。Y松Dr来年からがんばっていきましょ〜。※一人で串揚げ食べたわけじゃないですよ〜

当院からもしっかりデータ出していきたいな〜っと思う日々。IPデータまとめなきゃ♪
年の瀬、やり残したことたくさんありますが、残りの日数でちょこっとずつ片付けていきます〜
[PR]
by res81 | 2015-12-20 21:27 | 学会・研修会 | Comments(0)

CHEST 2015@ Montreal 3日目〜発表当日 感謝の気持ちを添えて〜

こんにちは!今回がはじめての投稿になりますレジデントの621号です。
本日はいよいよ「CHEST 2015」における我々にとってのメインイベント、ポスター発表当日でした。

決起集会で士気を高めた我々ですが、直前まで発表練習に勤しんで満を持してのポスター・セッション開始です。1時間のセッション中、英語でのディスカッションに悪戦苦闘しながらも、各々に緊張感を楽しみながら発表することができ、終了後は清々しい達成感を噛みしめることができました。国際学会参加を経験して、それぞれの課題も見つかり、とても実りの多い3日間となりました。
d0264356_2343219.jpg
発表当日、全力を尽くすことを朝日に誓うスタッフの228号先生。今回の学会中、背中で我々を引っ張ってくださいました。
d0264356_2361441.jpg
プレゼンテーション中のMINE先生。躍動感あふれる発表に聴衆から「amazing!!」との声が。
d0264356_2375994.jpg
我らが228号先生の発表。さすがの貫禄、多くの質問が飛び交いとても盛況でした。
d0264356_245689.jpg
同じブースの発表者の方々と。少しぶれてますが、会場の雰囲気が伝わるでしょうか。
d0264356_2472512.jpg
d0264356_2464460.jpg
d0264356_246491.jpg
それぞれのポスターの前で一枚。我々の晴れ姿です。
d0264356_2385356.jpg
会場出口にはこんな垂れ幕が。必ずレベルアップして帰ってくるぞと胸に誓った瞬間でした。

兎にも角にも、私達の不在のために日常業務の引き継ぎなど、病院の皆様に支えていただいてのこの機会です。憧れの海外発表の機会をいただきまして本当に感謝しております。明日からまた日常業務に戻りますが、今回の経験を少しでも還元できるように頑張っていきたいと思います!
[PR]
by res81 | 2015-10-29 03:00 | 学会・研修会 | Comments(0)

CHEST 2015@ Montreal 2日目 〜発表へ向けて〜

こんにちは、スタッフ228号です!
ただいまカナダはモントリオールで開催されている「CHEST 2015」に参加中です〜


今回参加している3人とも発表が3日目なので、どこかソワソワしながら、ちょこちょこセミナーに参加しつつ、モントリオールの街をぶらりとしてみました。


高層ビルがあり、最初は都会的なイメージを持ったのですが、いざ散策してみると、石造りの建物が並び、石畳の通りも多く、なんとなくヨーロッパを彷彿させるような(ヨーロッパ行ったことありませんけど)素敵な街並みでした。時間もゆっくり進んでいるような感覚になり、とても心地よい時間でした。

d0264356_05575822.jpg
夕暮れに展望台から見下ろしたモントリオールの街です。あいにくの曇り空ですが、十分感動できました。

d0264356_05545567.jpg
紅葉と夕焼け。紅葉の時期は過ぎつつありますが、紅葉がとても素敵な街です。

d0264356_06000458.jpg
d0264356_06012193.jpg
こちらは会場風景。CHESTは日本人の参加が比較的少ないので、当然ながら周囲は海外の方ばかり。日本の学会と違った緊張感を感じます。もっとがんばろう、と気持ちが引き締まります。間質性肺炎や集中治療系のセッションに参加してきました。


そして•••
d0264356_06021670.jpg
こちらは発表前日、決起集会の際に撮影した写真です。CHEST参加者がもらえる(数に限りがある限定品!)通称CHEST Tシャツ(そのまんまですけど)を着用して、ホテルの部屋で発表の練習をして、円陣を組み、士気を高め合いました。よくみると、Tシャツのシワで「Montreal」が「Monteal」モンティアール??みたく見えますが、悪しからず(笑)。


そんなこんなで迎えた発表当日の朝ー
d0264356_06031249.jpg
なんとこちらで購入したぼくの歯ブラシが、歯磨き中に見事にボキッと折れてしまいました。初めての体験だったので、最初何が起きたか理解しかねましたが、果たしてぼくの歯磨きが力入れすぎなのか、それとも歯ブラシの耐久性の問題なのか•••


でも、安心してください!磨けます!


と、冗談はこの辺にしておいて、いやはや何やら不吉な予感ですが•••


果たして発表はいかに!?


続きは次の記事で。
レジデント621号先生が記載予定です。乞うご期待!




[PR]
by res81 | 2015-10-28 06:28 | 学会・研修会 | Comments(0)

♡結婚♡

Gsnowです♪ 昨日は当科のMINEZAP先生の結婚式でした!!!
楽しく、そして感動しました☆
d0264356_0233329.png

当科の部長の挨拶からスタートしました!!!
d0264356_0244115.png

スタジオ TSURURI作成のムービーです☆
当科当直中の先生と中継がつながってました~
d0264356_0251040.jpg

これは恒例のツーショットです♪
お二方ともお幸せに~♡

次に続くのはどなたですかね~???
[PR]
by res81 | 2015-10-12 00:49 | 科の紹介 | Comments(0)

ERS2015 last

アムステルダムも最終日となりました。Gsnowです。
朝1番は。。。Live pulmonary endoscopyに参加してみました。
d0264356_17104711.jpg

でもなんとなく、自分の発表が控えていてそわそわしちゃいました。
d0264356_1783785.jpg

それでもなんとか発表は終了!!!アメリカでLAMの研究をされている先生も来てくださり、つたない英語を助けてくださった○畿○央病院のI先生ありがとうございます。
次はもう少しdiscussionができるようになりたいですね~

昨年に引き続き海外発表の機会をいただけることに感謝しております。
そして、病院を守ってもらっている先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございます。

刺激を受け。。。。さて今から飯塚に帰ります!頑張ります~

d0264356_17175759.jpg

発表終わりオランダらしい風景を求めて、会場近くの風車です。
[PR]
by res81 | 2015-09-30 17:27 | 学会・研修会 | Comments(0)

ERS 2015 part2

お久ぶりですGsnowです。
ERS day2に行ってきました。
Day2は。。。我らがDr. TBの発表です。
d0264356_13232051.jpg

そういえば、学会発表していらっしゃるお姿拝見したのは初めてでした。
いろんな先生方とdiscussionされておりました。さすがです。
d0264356_13184236.jpg

あと、Discussor(?)の先生方が去年の私と一緒だったんです!!ドイツ人の先生方♪
って写真撮り忘れました。。。

会場では、研修医時代からの呼吸器の先輩ともお逢いし、一緒にAJAX studiumに行ってきました♪
あまり詳しくないのでわかりませんが、、、、初めてsoccer競技場に入りました
d0264356_14332077.jpg


TB先生は今日帰国されます。気を付けてお帰りください!!
[PR]
by res81 | 2015-09-28 14:41 | 学会・研修会 | Comments(0)