飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ10名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医4名(H29年4月現在)で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


タグ:呼吸器内科 ( 64 ) タグの人気記事

☆☆☆ 千葉大学呼吸器外科 中島先生 来飯 ☆☆☆

こんにちは、スタッフ228です〜
国内留学中のAj先生もがんばってるようですし、飯塚組もがんばってアップしていきます!

今日はひとまず近況のご報告(^_^;)

先日7月25日、当科では「第2回筑豊RENKEIの会」を開催しました〜!!
地域の最前線で勤務されている先生方(主には開業の先生方)と顔の見える関係作りを行い、当院と地域の病院と、その名のとおりよりよい連携を図っていこうという目的のもと開催している会です。

そして、この会のスペシャルゲストとして、千葉大学呼吸器外科の中島先生に、はるばる来飯いただきました!!
中島先生には、会に先立って、われわれ呼吸器内科医を対象に、主にはEBUSについてのレクチャーを行っていただき、また、本会では、気管支鏡を含む呼吸器領域の手技もろもろに関して、ご自身で研究された内容なども含め、ご講演いただきました。

気管支鏡学会のセミナーなど全国(海外も含め)でレクチャーをされている先生だけあって、とても分かりやすいレクチャーで、また自身の豊富な経験を基にいただくアドバイスは、EBUSの手技に悩むことも多いわれわれにとって、非常にためになる内容でした。まさに、明日からの臨床に使える、といったものでした。本会のご講演でも、正直自分も知らないような最新の技術までご紹介いただき、気管支鏡検査もここまで進歩しているんだなぁと感激の内容でした。

d0264356_21281399.jpg
↑ 写真は、講演の最後に衝撃の症例を発表されている中島先生。本当にありがとうございました!
懇親会の写真を取り損ねたのが残念。。。



さて、最近の当科はといいますと・・・

本格的に暑さが増してきた今日この頃、例年この時期は、比較的呼吸器系の患者さんが少ない時期なのですが、今年は気候に関係なく患者さんが多いようです。PM2.5の影響でもあるんでしょうか・・・??

そんなこんなで慌ただしいときもありますが、日々の臨床の合間に、自分の研究を進めてみたり、全国各地の研究会にも出没予定です。そして秋には国際学会も控えております!!みんな、がんばろう〜

ということで、息抜きにみなでスイカを食べてみました(^o^)
もちろん今年初スイカ!!ちょいと夏を実感した気がします(笑)
d0264356_21360332.png
↑ たまには癒しの画像を・・・

いや〜おいしかったです!!

ちなみに、余った分を冷蔵庫に保管しており、翌日食べてみましたが、サランラップをかけていなかったこともあり、水分が蒸発し表面はパサパサ(T T)、下の方に一部スイカっぽい水水しい部分が残っておりました。
まさに、線維化が進みパサパサした部分と炎症細胞が浸潤し水水しい部分・・・間質性肺炎の急性増悪!!

余談でした〜





[PR]
by res81 | 2014-07-29 21:52 | 科の紹介 | Comments(0)

スタチンのCOPD急性増悪予防効果はなさそう STATCOPE study

スタッフのTBです。

スタチンはCOPDの急性増悪を減らす可能性があると言われていましたが、その可能性は薄そうです。


Simvastatin for the Prevention of Exacerbations in Moderate-to-Severe COPD (STATCOPE study)
N Engl J Med 2014; 370:2201-2210


BACKGROUND
・後方視的検討では、スタチンがCOPDの急性増悪の頻度・重症度・入院率・死亡率を低下させると報告されている。
・simvastatinにそのような効果があるか、前向きに検討した。

METHODS
・Prospective Randomized Placebo-Controlled Trial:
 simvastatin (40 mg/日) versus placebo
・45の施設で12-36ヶ月投与
・Primary outcome: 年間の急性増悪率
・Inclusion criteria:
 40 - 80 歳のCOPD (%FEV1<80%, FEV1/FVC<70%)で、
 喫煙歴(≧10 pack-years)がある
  +
 在宅酸素+ステロイドや抗菌薬を使用している, もしくは
 CODP増悪のため過去1年間にERを受診したことがある.
・Exclusion criteria
 既にスタチンを使用している症例 
 もしくはスタチンを使用した方が良い症例

RESULTS
・対象:885例、平均641日間観察、44%が女性
    平均62.2±8.4歳、喫煙歴 50.6±27.4 pack-years
    FEV1 41.6±17.7%、
・LDLコレステロールは治療群で低値
・急性増悪率は同等:
 simvastatin 1.36±1.61/人年 vs placebo 1.39±1.73/人年 (P = 0.54)
・初回増悪までの期間も同等:
 simvastatin 223日 vs placebo 231日 (P = 0.34)
・重篤でない副作用の頻度も同等:
 simvastatin 0.63/人年 vs placebo 0.62/人年
・全死亡も同等:
 simvastatin 28人 vs placebo 30人 (P = 0.89)

d0264356_13292432.png

CONCLUSIONS
・Simvastatin 40mg/日の投与は、COPDの急性増悪頻度を減少させない



[PR]
by res81 | 2014-06-24 13:34 | COPD | Comments(0)

肺クリプトコッカス症の診断

ひよっこ呼吸器内科医Snowです。
Immunocompetent patientのクリプトコッカス症例を経験したのでひと勉強してみました。

<Pulmonary crytococcosisの診断>
①組織学的にクリプトコッカス菌体が証明
②真菌培養でクリプトコッカスが培養
③クリプトコッカス抗原が陽性で肺クリプトコッカス症に矛盾しない胸部異常陰影が存在」

①、②であれば確定診断
③であれば臨床診断

となります。(深在性真菌症の診断・治療ガイドライン)
病理組織や培養で検体が採取できれば診断確定は納得できますが、抗原価や肺クリプトコッカスに矛盾しない胸部異常陰影とはどんなものか気になりますよね。

<画像について>
以前のブログで、末梢優位の結節影、右下葉に多いとのことでした。
d0264356_22065731.png

PulmonaryCryptococcosis* CHEST 2006, Feb;129:2

d0264356_22183349.png

Clinicalanalysis of 76 patients pathologicallydiagnosed with pulmonary cryptococcosisEurRespirJ 2012; 40: 1191–1200
⇒結論としては画像だけでは、区別はできませんが、cavitationを見たら免疫抑制患者と疑え!ということになりました。

<Cryptococcus neoformans抗原価について>

Cryptococcusneoformansの莢膜多糖類に対する特異抗体をラテックス粒子に感作した試薬で、血清や髄液中の莢膜多糖類抗原を逆受身ラテックス凝集反応によって検出する検査で、感度・特異度は比較的高いと考えられます。

d0264356_23154067.png

Pulmonary cryptococcosis(16例)の抗原価を検討した報告では、2倍以上を陽性とすると、12/16例(75%)で陽性、4/16例(25%)で陰性であり、陰性の症例は最大径が15㎜以下、多発小結節の症例であったようです。抗原価と重症度は相関する可能性が示唆されますが、治療により抗原価は低下しますが、低下スピードはさまざまであり、治療効果判定・治療終了の目安とはならないとされています。 

感染症誌79:656~663,2005

今回測定した抗原価が高いかどうかの目安としては、Guidelines for Management of Cryptococcosis.CID 2010では抗原価512倍以上Immunocompetent Patients with nonmeningeal, nonplumonary cryptococcosisでは中枢病変合併患者と同じ12カ月の治療期間を推奨しており、一つの目安とはなりそうです。


過去のクリプトコッカスに関するブログもどうぞ~
・クリプトコッカスの画像について
・クリプトコッカス髄膜炎について

[PR]
by res81 | 2014-05-20 23:58 | 真菌症 | Comments(0)

2014年当科の取り組み:迅速細胞診

はじめまして。新米スタッフの1128です。
一昨年から後期研修医としてお世話になっており、今年度からスタッフとして採用していただきました。
TB先生や228先生のようにスマートにはいきませんが、ご容赦ください。

今年度から気管支鏡検体に対して迅速細胞診を行うようになりました。
開始したばかりで確定診断までは至りませんが、検査技師さんに指導していただきながら学んでいます。

実際にはこんな感じです。
d0264356_21382254.jpg


呼吸器科医の迅速細胞診に関する論文です
CHESTより
The role of the pulmonologist in rapid on-site cytologic evaluation of transbronchial needle aspirationy.
Chest. 2014;145(1):60-5.


Introduction
Rapid on-site cytologic evaluation(以下ROSE)のメリットとしては、気管支鏡検査において検体の情報を提供することができる。検体が適切な場合は手技の終了が可能であり、また、不適切な場合は、手技の修正やターゲットの修正が可能となる。しかし、ROSEは時間・資源の問題から広く普及していない。この問題を克服するために、呼吸器科医が細胞診のトレーニングを受けることが望ましい。

background:
細胞診検体に対するROSEは肺/縦隔リンパ節のTBNAにおいて補助的な技術である。今回の目的としては、細胞診のトレーニングを受けた呼吸器科医が病理医と比較し、TBNA検体を適切に評価できるかどうかを検討した

method
2010年4月-2011年6月の間で少なくとも1つは肺門/縦隔のリンパ節腫大や腫瘤のある患者84例に対してTBNAを施行した。TBNAはベテランの呼吸器内科医2名が担当し、各病変から4回穿刺を基本とした。3ヶ月間の細胞診のトレーニングを受けた呼吸器科医と病理医がROSEを行い、細胞診検体をパパニコロウ分類のC1-C5に分類した。一致率に関してはκ統計量で評価した。また最終診断からROSEの感度・特異度・正診率を算出した

result
84例のうち男性が60例で女性が24例であった。合計362例のTBNAが施行された。観察者間一致率(table3)に関しては、全体で81%(κ:0.73)であり、悪性(C5)においては92%(κ:0.81)と高値であった。またROSEの感度/特異度/正確さに関してはtable4の通りであり、呼吸器科医と病理医のROSEの正確さに有意差を認めなかった。
d0264356_2142614.jpg

d0264356_21423681.jpg

Discussion
一人の病理学者ではバイアスが生じてしまう。また呼吸器科医の教育システムの再現性が困難である。呼吸科医の教育カリキュラムの中に細胞診のトレーニングを入れることも一つの方法かもしれない。

conclusion
トレーニングを受けた呼吸器科医は細胞診検体を適切に評価できる。呼吸器科医がROSEを行うことにより、手技のコストも下げることができるかもしれない。またROSEへの病理医の関与が難しいという問題を減らすことができる。

今後もROSEを継続して、手技時間の短縮や正診率の向上につながればと思います。
[PR]
by res81 | 2014-04-12 21:50 | 気管支鏡 | Comments(0)

喘息に対するβブロッカーの悪影響

スタッフのTBです。

抄読会ネタ。
喘息患者に対するβブロッカーの悪影響についてRCTのsystematic reviewとmeta-analysisをCHESTより。
----------------------------------------------------------------------------
Adverse respiratory effect of acute beta-blocker exposure in asthma: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials.
CHEST 2014; 145(4):779–786



d0264356_7293268.png


1. 検索に用いたデータベース
 ・MEDLINE
 ・EMBASE
 ・Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL) databases

2. 検索期間・検索語
 ・~2013/1/30
 
d0264356_731303.png


3. 検索した研究の種類
 ・RCT
 ・Single or double-blinded

4. 言語、重複文献
 ・英語論文のみ、重複文献は削除

5. 研究集積の網羅性の検討 
 ・Funnel plot、Egger regression test

6. 評価者、評価方法
 ・独立した2名の評価者
 ・評価の食い違いが生じた際は、2名の合意で判断

7. 集積した研究の異質性評価
 ・I2 statistic

8. 結果の統合
 ・最終的に32の研究を統合(Random-effects metaregression)
d0264356_7401069.png


Results
Selective β-blocker: 600 exposures in 330 patients with asthma
 (mean age, 46 years; 67.5% men; baseline FEV1 2.28L)

Nonselective β-blocker: 301 exposures in 218 patients with asthma
 (mean age, 40.5 years; 68.9% men; baseline FEV1 2.50L)

d0264356_7473560.png

d0264356_7474972.png
d0264356_748043.png
d0264356_7481463.png
d0264356_7482418.png
d0264356_7483351.png
d0264356_7484496.png
d0264356_749834.png


・Dose-Response relationshipあり(容量依存性にFEv1低下)

まとめ
Selective β-blocker
  FEV1は軽度低下するものの症状は出にくい
  β2刺激薬使用にて改善する傾向あり

Nonselective β-blocker
  SelectiveよりもFEV1は低下しやすく、症状も出現しやすい
----------------------------------------------------------------------------

安全とは言えませんが、臨床的にβブロッカーの使用判断が悩ましい場合も時々ありますので、その際には参考になるかもしれませんね。
[PR]
by res81 | 2014-04-12 07:56 | 喘息 | Comments(0)

新生活!?スタート!!

こんにちは、スタッフ228です。
ついに、新年度が始まりました!!
新しい仲間を加えて、心機一転がんばっていきたいところです!!

今年度は、若手ドクターたちが、それぞれ全国のいろいろな病院に3ヶ月単位で研修に行きますし、その報告や若手ドクターたち(後期研修医含む)の日々の様子(業務や研究会、飲み会などなど)なんかもアップしていく予定ですので、引き続き当ブログをどうぞよろしくお願いします。


さて、さっそく私事ですが・・・

この4月から、長崎大学の病理診断科にて社会人大学院生もさせていただくこととなりました〜!!
昨年度、半年ほど国内留学をさせていただいたという流れをついで、大学院生もやってみることにしました。
臨床マインドを忘れず、臨床に生きる研究ができたらなぁと思っております。

d0264356_15182583.png
↑ ほんとは長崎の写真が撮れればよかったのですが、天候が悪く、とりあえずこんなものを載せてみました(^_^;)

d0264356_15184277.png
↑ 葉桜が見えだした桜の樹々と遠賀川、そしてその後方に見えるのが、ボタ山です〜


ではでは、今年度もよろしくお願いします〜







[PR]
by res81 | 2014-04-06 15:26 | 科の紹介 | Comments(0)

☆☆☆ the 飯塚病院呼吸器病センター ☆☆☆

飯塚病院では、昨年10月から呼吸器病の診療体制が変わり、呼吸器内科と外科、呼吸器腫瘍内科と腫瘍外科とが併さって、呼吸器病センターとして活動しています!!
センター長だった山本先生が定年退職を迎えられるにあたり、この3月から呼吸器外科の大崎先生がセンター長に就任されました!!
今日は大崎先生の就任祝いと、3月で飯塚を去る先生方の送別会を行いました〜

d0264356_22561014.png
退職される安田先生、阿南先生、本当にお疲れさまでした。
働く場所は変われど、飯塚スピリッツは変わりません!!
今後は、施設を越えて診療や研究でコラボできると素敵ですね〜

d0264356_22562159.png

内科と外科の垣根を越えて、センターとして初の試みでしたが、とても楽しい時間を過ごすことができました!!

こうして見るとけっこう人いますよね!?
(来年度は内科外科ともにさらに仲間が増えますけど)
呼吸器診療に携わるドクターがこれだけいて、しかも内科と外科の敷居が低いこんな施設は、日本でもなかなかないんじゃないでしょうか??

内科の患者さんを外科で手術するような場合には、希望すれば手術を見学させてもらえますし(特に後期研修医の先生にはいい経験になります)、肺癌症例の治療方針の検討はもちろん、膿胸症例はほぼ全例合同カンファレンスにかけ手術時期を逃さないように検討したり、教育面や診療面で密な連携を図っています。
そして、気管支鏡カンファレンスや抄読会なんかも合同で行ったり、呼吸器診療全体のレベルupを目指しています!!

さらに、診療レベルの向上はもちろん、呼吸器センターとして臨床研究でも結果が出せれば、と思います。
ほんとに今後がわくわく楽しみです〜☆
また明日からもがんばりましょう!!

以上、スタッフ228がお送りしました!!




[PR]
by res81 | 2014-03-12 23:20 | 科の紹介 | Comments(0)

最近の飯塚病院呼吸器内科

スタッフ228です!
臨床で患者さんと向き合っていると、いつの間にやら時間が過ぎていってしまいますが、そんな中でも研究会に参加したり、新しい試みや研究にも取り組んでみたり、ワイワイやってます(笑)

昨日は、第11回九州びまん性肺疾患カンファレンスに参加!!
後期のみんなも積極的に質問したりがんばってました!!
思えば、数年前にこの会に自分が参加したときは、分からない用語や普段遭遇しない疾患ばかりで、別次元の世界にきたような感覚でとても質問なんでできない感じでしたが、そういう意味では今の後期のみんなはたくましく立派だなぁとしみじみ感じました(親心??笑)
d0264356_23332193.png
↑ 休憩時間もワイワイやってます


先週は、産業医科大学主催の、肺癌診療における病理と臨床をつなぐ会にも参加しました!!
d0264356_23401692.png

産業医科大学の田中先生の分子生物学のお話は、とても分かりやすく、久しぶりに生物学の授業を受けたような感覚になりました。さすが大学の先生だなぁと思った次第です。

続いて行われた兵庫県立がんセンターの里内先生と奈良県立医科大学の大林先生の講演も、とても見応え、聴き応えがある内容でした。
数%とは言われていますが、ALK融合遺伝子を持っている人をいかに見つけるか、自分たちの病院の検体採取についてなど、振り返るきっかけにもなりました。

こんな感じで、少しずつ前に進んでいるような気がします!!
後は、やっぱり結果も出さないといけませんので、気を引き締め直してがんばりたいと思います〜






[PR]
by res81 | 2014-03-09 23:49 | 科の紹介 | Comments(0)

謹賀新年 & 初期・後期研修医のみなさんへ

d0264356_21210849.png

明けましておめでとうございます、スタッフ228です。
ほんとに一年が経つのは早いですね。
個人的に、昨年から今年にかけて国内留学を経験させていただいており、貴重な時間を過ごさせていただいています。何より、いろいろな方々と出会えたことが、ちょっと大袈裟ですが、一生ものの財産かなと思ったりもします。

さて、更新のペースがまったりなこのブログですが、今年はもっと更新をがんばりたいです(笑)
基本は自身が勉強したことを載せており(勉強以外のイベント系も多いですが)、自分の発見・感動、悩ましいところなんかをテーマとしています。
ですので、日常臨床で迷われた方が、ちょいとGoogleなんかで検索したときに、このブログが引っ掛かって、多少なりとも参考になれたら嬉しい限りです。ただ、あくまで参考なので、もっとこうしたほうがよいといったアドバイスやご意見などありましたら、遠慮なくご連絡いただければと思います。この場を通して、悩みを共有したり、ディスカッションができるようになれたらいいなぁと思ったりもしています。

それから、このブログの目的のひとつに、飯塚の後期研修をもっと知っていただきたい、というのもあります。ホームのお知らせ欄にも記載していますが、当科は大学の医局とは関係のない診療科、という特徴があります。決して仲が悪いわけではなく、歴史的に、昔から人事が大学人事と独立している、という意味です(^ ^;) ですので、このブログを通して、大学とは違う当科の雰囲気を少しでも感じてもらえたらなぁというのがあります。

ということで、少し当科のPRをしたいと思います。 
d0264356_21222899.png

まず、当科の特徴として、何より症例数が豊富、という点が挙げられます。市中病院のメリットのひとつかと思いますが、肺炎や喘息、COPDといった比較的commonな疾患から、間質性肺炎や肺癌ももちろんみます。人工呼吸器を装着したような超急性期の患者さんを担当することもあれば、肺癌の終末期、緩和治療を担当することもあります。年に数例は、とても稀な症例も経験します。外来診療も担当し、外来患者さんの悩み相談は、一般内科外来に通じる点もあるように思います。

また、後期研修医にとって非常に勉強しやすい環境にある、というのも特徴のひとつです。当院は、病院全体として若いスタッフが多く、とても活気がある病院です。みなさん、意識が高い方が多く、もちろん環境が全てとは言いませんが、研修する上で刺激的な環境だと思います。ドクターも同世代が多く、公私ともども心強いものです。当科は基本的に全科がそろっており、その相談にあたってとても敷居が低いのも特徴です。自身で学習することが大切なのは言うまでもありませんが、ちょっとエキスパートの意見、経験を聞きたいときに、気軽に聞けるこの環境は素敵だなぁと感じています。

当院いろいろな後期研修医の形がある中で、「呼吸器内科の後期研修医」という肩書きになりますが、呼吸器内科だから呼吸器内科だけ、というわけでもありません。ローテーション例をお示ししますが、一年のうち呼吸器内科は最低半年のローテーションが義務づけられており、逆を言うと、残り半年は自分の希望に応じて研修することが可能です。特に3年目の先生に、まだ進路に悩まれている方もいらっしゃると思いますが、そんな方にはおすすめです。もちろん、呼吸器内科一筋も大歓迎です。いずれにせよ、この3年目の間にそれなりに内科疾患を経験することもでき、最短で4年次には内科認定医が取得できると思います。

d0264356_21464385.png


そして、近年力を入れている点のひとつに、他施設研修があります。飯塚だけでなく、他施設で研修することは、貴重な経験になると思います。


学会発表や論文作成にも力を入れています。自分が経験した症例をもとに、あるいは自分の興味をもとに、テーマを決めて研究を行います。学会は、国内外を問わずに積極的に参加しており、特に国外での経験は、とても刺激的な経験になること間違いなしです。 

下図に、もう少し具体的に、うちで取得できるであろう技術と資格についてまとめてみましたので、こちらもご参照ください(協力:後期研修医A先生)。胸腔鏡をけっこうやってるのは、うちの特徴のひとつかなぁと思います。

d0264356_21261132.png


こんなことばかり記載していると、ちょっと敷居を高く感じられた方もいるかもしれませんが、その必要はありません!みんな普通の人間ですし(笑)女医さんだっています。女医さんが働きやすい環境作りも目指しています!!(結婚、出産後はベッドフリーで外来中心にして、希望に応じて研究も継続したり)

何はともあれ、みんなで和気あいあいと仲良くやっているのが、最大の売りかなぁと思ったりもします。

さて、そんなこんなで当科では、 1~3年の研修が可能なわけですが、その後の進路も気になるところですよね?
d0264356_21385205.png
大きく分けて3つの進路があります。まず、出身大学や地元の大学、興味ある大学など、大学に入局する、という道です。最近は、後期研修を市中病院で行ってから入局される先生、あるいは、入局は決めているけど、後期研修は市中病院で行いたいと考える先生もけっこういらっしゃるようです。入局を決めていても、医局の許可があれば、うちで研修いただくことは可能です。実際そういう先生もいます。今までの入局例を挙げると、順天堂大学、九州大学、京都大学、大分大学などなど。産業医大に入局が決まっている先生が来られたこともあります。

そして、もうひとつ。飯塚で研修後に、さらに研鑽を積むべく、他施設へ行かれる先生もいらっしゃいます。具体的には、日本の間質性肺炎診療において有名病院のひとつである神奈川循環器呼吸器病センター、呼吸器の先生方が多数いらっしゃり、診療全般が充実している東京病院、はたまたがんセンターに行かれた先生などなど。ちなみに、写真は、当科での研修後、神奈川にいき、つい先日国際学会で賞を受賞したM尾先生です!(ちゃんと本人には掲載の許可もらってます、おめでとう!)こんな感じで、飯塚を出た後も各地でがんばっている先生も多いです。

最後に、希望者はスタッフとして残ることも可能です。呼吸器内科に限らず、飯塚に愛着を持って残っている先生が多いのも当院の特徴な気がします。なかでも呼吸器内科は、科への愛情が強い先生も多いので(ちょっと気持ち悪いかもしれませんが・・・笑)診療レベル、診療体制、研修医への教育、研究など、とにかくこの科をよくしたい、ということを考えている先生も多いです。この科を盛り上げていきたいな、と思った先生は、スタッフとして残っていただくのも大歓迎です。

また、大学への入局を考えられている方の中には、大学院進学や留学なども視野に入れていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか?実は、大学院進学は入局しなければできないわけではありません。どこの大学でも、というわけではありませんが、いくつかの大学では、他施設で働きながら大学院に進学することができる社会人大学院の制度を設けているところもあります。つまり、飯塚で臨床をしながら、大学院での勉強ができるんです〜!!大学院に進むにあたって、臨床を離れるのに抵抗があるという方、臨床しながらもっと他の勉強もしてみたいというような方にはオススメかなぁと思います。

さて、新年早々、長々と宣伝してしまいました。もちろん記載したことが全てではありませんし、私見もけっこう入っており、感じ方は人それぞれですので、あくまで参考程度に、と思っています。何はともあれ、ちょいとご興味がわいた方は、ぜひぜひ一度見学に来ていただければ、と思います。ご質問もいつでもどうぞ!

メールはこちら ➡ iizukakokyu@gmail.com

それでは、今年もよろしくお願いいたします。
d0264356_21330048.png




[PR]
by res81 | 2014-01-12 21:50 | 科の紹介 | Comments(0)

☆☆☆ 呼吸器内家の慰安旅行〜 ☆☆☆

スタッフ228です

この週末を利用して、呼吸器内家で初の慰安旅行に行ってまいりました〜☆
ぼくも国内留学中の身でしたが、週末だったので混ぜてもらいました
岡垣町、波津への一泊旅行です!!
料理に温泉に贅沢なとても楽しい時間を過ごさせていただきました
一段と団結力が増したような気がします
準備をがんばってくれたDS貝原さんにも感謝感謝です
しっかり充電してきたので、明日からもまたがんばりましょう

自称、雰囲気のよさ日本一の呼吸器内家!!
興味がある方は、ぜひ一緒に旅行に行きましょう!!

・・・

旅行はもちろんですが、一緒に働きましょう(笑)
d0264356_023899.png

d0264356_025826.png

d0264356_032336.png

d0264356_0345100.png

d0264356_041039.png

[PR]
by res81 | 2013-12-09 00:10 | 科の紹介 | Comments(0)