人気ブログランキング | 話題のタグを見る

飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ12名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+専攻医6名+特任副院長1名(R3年4月現在)で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、専攻医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
ktobinoh2@aih-net.comまでご連絡ください。

お勧めブログ
飯塚病院血液内科ブログ
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
ジャーナルパトロール
統計
気胸
症例
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
> kuronoさん ..
by res81 at 13:29
> kuronoさん ..
by res81 at 13:26
透析患者など、頻回に中心..
by kurono at 14:58
同様なケースを経験しまし..
by kurono at 14:56
RAの肺疾患について非常..
by Jake at 16:35
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


Asthma Expert Meetingで発表させていただきました

スタッフのTBです。

もうすっかり秋、というか冬の様子ですね。

学会、研究会シーズンということでより目まぐるしい日々となってまいりました。

昨日は、Asthma Expert Meetingで発表させていただきました。

座長は当科のレジェンドで、今は青洲会病院副院長の杉本先生、メインは北野病院呼吸器内科・感染症科の丸毛先生という事で、とても楽しみにしていました。
Asthma Expert Meetingで発表させていただきました_d0264356_16584807.png

実際にお会いしてお二人と色々なお話ができて、パワー頂きました!

是非またよろしくお願いいたします m(_ _)m

# by res81 | 2021-10-21 17:02 | 科の紹介 | Comments(0)

CREATEセミナ-2021に参加させて頂きました

スタッフのTBです。

去る10月3日に、「臨床呼吸器教育研究会 CREATEセミナー2021」に参加させていただきました。
CREATEセミナ-2021に参加させて頂きました_d0264356_16501824.png
亀田総合病院呼吸器内科部長の中島先生を中心に、全国の中堅呼吸器内科多士済々( 私以外( ;∀;) )が集まって、主に初期研修医の先生向けに教育セミナーが行われました。

参加者は300名超え!すごいですね!

レクチャーはもちろんですが、各先生方のキャリアが面白くとても勉強になりました。
少しでも呼吸器内科に興味を持ってくれる若い先生が増えたら嬉しいです。
また、スポンサードセミナーで恩師の高橋和久先生(順天堂大学医学部 呼吸器内科学 教授)の座長をさせて頂き、大変光栄でした!

今後も続いていきますので、また次回の詳細が分かりましたら告知いたします!


# by res81 | 2021-10-05 16:54 | 科の紹介 | Comments(0)

第25回気胸・嚢胞性肺疾患学会に参加!+α 近況のご報告

こんばんは、スタッフのYです。
ブログではご無沙汰しておりましたが、現場では新しいスタッフとともに充実の診療体制で、わいわいやっております。

充実しているのは診療だけではありません。今週末、開催された第25回気胸・嚢胞性肺疾患学会総会では、当科からなんと一般演題3つ教育講演2つの、計5名が出番をいただきました!会長の小倉高志先生には心より御礼申し上げます。

第25回気胸・嚢胞性肺疾患学会に参加!+α 近況のご報告_d0264356_21042923.png

コロナで勉強会や学会もなにかと下火になり、Web上で聞くことはあってもなかなか発表する機会がないなか、今回は卒後4年目の後期研修医3名が一般演題で発表させていただき、それぞれ貴重な経験となったようです。

そんな後期3名の演題名をご紹介します。
OTA先生:「自然気胸を合併したCOPDの予後の検討」
YH先生:「非典型的な画像所見を示すリンパ脈管筋腫症の一例」
BTK先生:「COVID-19に気胸を合併した3例の報告」(現在院外研修で行かせていただいている神奈川県立循環器呼吸器病センターで出させていただきました)

皆、発表や質疑応答に緊張しながらも、とても頑張りました。

また、教育講演ではTB部長が「のう胞性肺疾患の画像診断」と題して、マニアックなこの分野について豊富な臨床+研究の経験から語られました。

さらに、なんと私も「呼吸器科医が診る誤嚥性肺炎」と題して、教育講演をさせていただきました。まさか気胸・嚢胞性肺疾患学会で誤嚥性肺炎についてお話しさせていただく場をいただけるとは思いもしませんでした。呼吸器外科の先生方も多く聞いてくださり、ありがたい限りです。

今回の学会は「時間軸を考慮して 気胸・嚢胞性肺疾患をみる」というのがテーマでした。この視点から誤嚥性肺炎についても考えてみたところ、過去の症例や診断の過程について改めて気づきがありました。「時間軸を考慮する」ことは、どんな疾患にも有用な臨床家の大事な基本姿勢ですね。

学会はオンデマンドでまだまだ配信中ですので、ご登録がまだの方はぜひ今からでも登録して、視聴してみてくださいね。私はともかく、ここでしか聞くことのできない、勉強になる演題だらけです。学生・初期研修医の方は無料です!10月21日まで登録可能のようです。


また、本学会を主催された小倉先生は、臨床呼吸機能講習会の運営にも携わっておられるとのことで、なんと臨床呼吸機能講習会でも誤嚥性肺炎についてお話しする機会を頂戴しました。

第25回気胸・嚢胞性肺疾患学会に参加!+α 近況のご報告_d0264356_21054471.png


「誤嚥性肺炎の病態生理」と題して、嚥下の生理学や、誤嚥の病態、さらに呼吸と嚥下の協調性などを扱いました。呼吸器専門医を取得する過程で必ず受講する、60年の歴史あるこの講習会で、今年から誤嚥性肺炎が新たに取り上げられたことは大変喜ばしく、呼吸器科医として受け持ったり相談されることの多い誤嚥性肺炎にも精通しておく必要があることを再認識しました。それにしても私はまだまだ講習会の参加者の立場に近いのですが、・・・引き締まる思いでした。


早いもので、今年度も半年が過ぎようとしています。新専門医制度により、後期研修医たちはこれを節目に、また新たな学びの場へと旅立つ準備を始めています。この一年間頑張ってくれたSKB先生、OTA先生、YH先生、ありがとう!新しい場所でもたくさん吸収して、また帰ってきたら私たちに教えてください(我々スタッフも行きたいような専門施設ばかりで、みんな様子を聞きたくてうずうずしています)。そしてBTK先生、UCHD先生、10月からようやく一緒に働けるのを皆、楽しみに待っています☺

台風やコロナ、色々ありますが、皆様も体調にはお気をつけください。筆者Yは食欲の秋、TB部長は読書そしてスポーツの秋?と、当科は相変わらず元気です☀


# by res81 | 2021-09-19 21:28 | 学会・研修会 | Comments(0)

Clinical Image Published!!

スタッフのTBです。

立て続けです。
今度は当科スタッフの621号先生がClinical Pictureをpublishしました!
アジア太平洋学会誌であるRespirology Case Reportです。


内容はタイトルの通りでございます!
勉強になった症例です。

621号先生は投稿中のOriginal studyもあとひとリバイズまで来ております!
さすがです!


# by res81 | 2021-09-10 06:00 | 科の紹介 | Comments(0)

Original study published!神戸大学との共同研究です!

スタッフのTBです。

当科OBのYSD先生とAj先生のご縁で参加させて頂いた研究がpublishされました!
IPF患者さんの夜間呼吸パターンを解析した研究です。


着実に形にするところがYSD/Aj先生らしくて素晴らしいです!

とても感慨深いです~( ;∀;)

# by res81 | 2021-09-09 17:21 | 科の紹介 | Comments(0)