飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ10名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医3名(H30年4月現在)+特任副院長1名で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
ジャーナルパトロール
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


ジャーナルパトロール:2018年5月号総ざらい①

スタッフのTBです。

あっという間に6月も半分過ぎようとしていますが、福岡県はいつになく朝晩が涼しく困惑しています。

本日は朝から神戸の緩和医療学会に参加しておりました。勉強になりますね。

さて、5月号の総ざらいです。

本日はAlpha-1 Antitrypsin Deficiency、Asthma、ARDS、Bronchiectasis、です。

<Alpha-1 Antitrypsin Deficiency>
The Role of Computed Tomography for the Evaluation of Lung Disease in Alpha-1 Antitrypsin Deficiency.
Campos MA, et al.
Chest. 2018 May;153(5):1240-1248. doi: 10.1016/j.chest.2017.11.017. Epub 2017 Nov 23.
Reviewです。画像解析研究の役に立つかも。

Serum α1-Antitrypsin Concentration in the Diagnosis of α1-Antitrypsin Deficiency.
Hurley K, et al.
JAMA. 2018 May 15;319(19):2034-2035. doi: 10.1001/jama.2018.3888.
α1アンチトリプシン欠損症のα1アンチトリプシン値についての症例クイズです。JRSの「2016 α1アンチトリプシン欠損症診療の手引き」(https://www.jrs.or.jp/uploads/uploads/files/information/AATD2016.pdf)が分かりやすいです。

<Asthma>
Bronchial Epithelial IgA Secretion Is Impaired in Asthma. Role of IL-4/IL-13
Ladjemi MZ, et al.
Am J Respir Crit Care Med. 2018 Jun 1;197(11):1396-1409. doi: 10.1164/rccm.201703-0561OC.
喘息患者では気道上皮のpolymeric immunoglobulin receptor(plgR)のダウンレギュレーションが起こっており、IgAによる防御機構が落ちている?

Vitamin D in Asthma: Mechanisms of Action and Considerations for Clinical Trials.
Pfeffer PE, et al.
Chest. 2018 May;153(5):1229-1239. doi: 10.1016/j.chest.2017.09.005. Epub 2017 Sep 18.
Reviewです。喘息ではVit.Dは重要。

In vitro, in silico and in vivo study challenges the impact of bronchial thermoplasty on acute airway smooth muscle mass loss.
Chernyavsky IL, et al.
Eur Respir J. 2018 May 24;51(5). pii: 1701680. doi: 10.1183/13993003.01680-2017. Print 2018 May.
BTの効果は何によるのか?どうも気道平滑筋や気道上皮への影響と喘息コントロールの関連が弱そう、とのこと。"in silico"は"コンピュータ上で"の意。

Meta-analysis of airway epithelium gene expression in asthma.

Tsai YH, et al.
Eur Respir J. 2018 May 17;51(5). pii: 1701962. doi: 10.1183/13993003.01962-2017. Print 2018 May.
喘息の気道上皮遺伝子について。

Omalizumab effectiveness in patients with severe allergic asthma according to blood eosinophil count: the STELLAIR study.
Humbert M, et al.
Eur Respir J. 2018 May 10;51(5). pii: 1702523. doi: 10.1183/13993003.02523-2017. Print 2018 May.
重症喘息では好酸球数>300/μLの事が多いが、omalizumabの効果は好酸球数によらず一定(58%くらい)。

Sputum proteomics and airway cell transcripts of current and ex-smokers with severe asthma in U-BIOPRED: an exploratory analysis.

Takahashi K, et al.
Eur Respir J. 2018 May 3;51(5). pii: 1702173. doi: 10.1183/13993003.02173-2017. Print 2018 May.
喀痰の蛋白解析から、重症喘息患者が今タバコを吸っているのか、過去吸っていたのかが分かる?

Effect of Vitamin D Supplementation on Recurrent Wheezing in Black Infants Who Were Born PretermThe D-Wheeze Randomized Clinical Trial
Hibbs AM, et al.
JAMA. 2018 May 22;319(20):2086-2094. doi: 10.1001/jama.2018.5729.
黒人の早産児にVit.Dを補充すると喘鳴が減る。

DNA methylation in childhood asthma: an epigenome-wide meta-analysis.

Xu CJ, et al.
Lancet Respir Med. 2018 May;6(5):379-388. doi: 10.1016/S2213-2600(18)30052-3. Epub 2018 Feb 26.
14か所のCpGサイト(シトシンの次にグアニンが現れるタイプの2塩基配列)におけるDNAメチル化(炭素原子にメチル基が付加する化学反応)頻度の減少が、小児喘息と関連?

Inhaled Combined Budesonide-Formoterol as Needed in Mild Asthma. (SYGMA 1 ClinicalTrials)
O'Byrne PM, et al.
N Engl J Med. 2018 May 17;378(20):1865-1876. doi: 10.1056/NEJMoa1715274.
軽症喘息なら、Budesonide-Formoterolのas-neededで良い?

As-Needed Budesonide-Formoterol versus Maintenance Budesonide in Mild Asthma. (SYGMA 1 ClinicalTrials)
Bateman ED, et al.
N Engl J Med. 2018 May 17;378(20):1877-1887. doi: 10.1056/NEJMoa1715275.
軽症喘息なら、Budesonide-Formoterolのas-neededで良い*2?

Efficacy and safety of phosphodiesterase 4 inhibitors in patients with asthma: A systematic review and meta-analysis.
Luo J, et al.
Respirology. 2018 May;23(5):467-477. doi: 10.1111/resp.13276. Epub 2018 Mar 4.
軽症喘息では、PDE4阻害薬は吸入薬の代替となる可能性あり。

Comparison of respiratory system impedance in asthma and COPD: A prospective observational study.
Kamada T, et al.
Respirology. 2018 May;23(5):478-484. doi: 10.1111/resp.13240. Epub 2018 Jan 17.
Forced oscillation technique(おそらくモストグラフ)により計測した5Hzのリアクタンス(X5)の呼気と吸気の差であるΔX5は、喘息と比較しCOPDでは継時的に低下していく。

<ARDS>
Stability of ARDS subphenotypes over time in two randomised controlled trials.
Delucchi K, et al.
Thorax. 2018 May;73(5):439-445. doi: 10.1136/thoraxjnl-2017-211090. Epub 2018 Feb 24.
ARDSのsubphenotype(過剰炎症状態を呈する群=予後不良群と、そうでない群)は、入院後3日目くらいまで維持される。

Genome-Wide Association Study in African Americans with Acute Respiratory Distress Syndrome Identifies the Selectin P Ligand Gene as a Risk Factor.
Bime C, et al.
Am J Respir Crit Care Med. 2018 Jun 1;197(11):1421-1432. doi: 10.1164/rccm.201705-0961OC.
欧州およびアフリカ系の人々では、新規ARDS感受性遺伝子としてselectin P ligand gene(SELPLG)があるかも。

Extracorporeal Membrane Oxygenation for Severe Acute Respiratory Distress Syndrome.
Combes A, et al.
N Engl J Med. 2018 May 24;378(21):1965-1975. doi: 10.1056/NEJMoa1800385.
重症ARDSでのECMO vs Conventional mechanical ventilation±rescue ECMOの比較。60日死亡率は有意差なし。出血はECMOで多し。

<Bronchiectasis>
Characterization of the “Frequent Exacerbator Phenotype” in Bronchiectasis
Chalmers JD, et al.
Am J Respir Crit Care Med. 2018 Jun 1;197(11):1410-1420. doi: 10.1164/rccm.201711-2202OC.
気管支拡張症で増悪しやすいタイプは、過去の年間増悪回数が多い人。他には、 Haemophilus influenzaeとPseudomonas aeruginosa感染、低FEV1、画像上悪い、COPD合併。

The BRICS (Bronchiectasis Radiologically Indexed CT Score): A Multicenter Study Score for Use in Idiopathic and Postinfective Bronchiectasis.
Bedi P, et al.
Chest. 2018 May;153(5):1177-1186. doi: 10.1016/j.chest.2017.11.033. Epub 2017 Dec 13.
気管支拡張症の重症度CT基準。


総ざらい②へ続きます。

[PR]
by res81 | 2018-06-16 20:40 | ジャーナルパトロール | Comments(0)
<< ジャーナルパトロール:2018... Case Report pub... >>