飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ10名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医3名(H30年4月現在)+特任副院長1名で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
ジャーナルパトロール
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


ERS 2018 レポート④:おわりに、徒然なるままに…

こんにちは、スタッフ228号です。
新米スタッフ621号先生と、主婦代表219先生の発表の様子、いかがだったでしょうか?


お二人の頑張りに、ぼく自身とても刺激を受けました。後期研修医の頃は、まさか飯塚にいながら国際学会に行くなんて考えもしなかったですが、初めてTB先生にATSに連れて行っていただいたときのこと、それから国際学会でいろいろとやらかしてしまった失敗談(涙) 等も含め、初心をまた思い出した感じです。


今回の学会では、先日、特発性肺線維症(Idiopathic pulmonary fibrosis: IPF) の新しいガイドラインが発表されたこともあり、その関連のシンポジウムに出たりしていました。ブログに少しまとめたいなとも思いましたが、それは、もう少し自分のなかで噛み砕いてから、そしてガイドラインを踏まえたうえで、どうのように診療していくべきなのか、もう少し煮詰めてからにしたいと思います。


そういえば、ポスター発表にしても、e-poster がだいぶ浸透してきているようで、みながアップしているわけではないですが、ネット上でabstractやposterが見れるのはいいですね。事前にabstractやposterに目を通しておいて、内容を吟味し質問を考えておく。そして、実際に現場に出向いて質問したり、ディスカッションに混じる。そこからまた新しい研究のアイデアが降りてくるかもしれない。スタッフ621号先生がおっしゃてましたが、たしかにそういう参加の仕方、学び方もあるなぁと教えられました。


他にもワークショップに出てみたり、教育セミナーを受けてみたり、クイズ大会に行ってみたり、自分次第で参加の仕方はどうにでもなるのが、こういった学会ですね。


ちなみに、お金さえ払えば(数万円はかかりますが...)、実際に参加していなくとも、大きな講演はネット上で拝聴することができます。スライド自体は、現場よりも、自分のパソコンの画面で観るほうがよく見えたりもします(^_^;)


また、今回日本人の参加は比較的少ないように感じましたが、それでも大分大学や産業医科大学、杏林大学や順天堂大学の先生方と、ほんの少しでしたが、お話できたのは嬉しかったです。なんでしょうね、異国の地で日本人に会うと、なんかこう仲間意識というか、お互い頑張りましょうね! みたいな気持ちがフツフツと沸くのでした。そういえば、お土産を買いに行ったスーパーで、偶然日本人の方と出会い(おそらくパリに住んでいる方)、こちらは何も聞いていないのに、オススメのお土産をわざわざ教えてくれた方がいらっしゃいました。もちろん日本人らしく、そのお土産を買ったわけですが(笑)、名前も知らないおじさま、どうもありがとうございました。


パリで過ごすなかで、タバコの煙で少し喉を痛めたり、地下鉄の扉に二度はさまれたり(後輩たちはあたたかく見守ってくれてましたね...泣)、食物繊維の摂取が足りないせいか便がコロコロ硬い日も続きました(←ウサギか!!笑)。そんななかでも、パリの街並みやそこに住む人々、ダンディーな顎ひげ、キックボード(今どきは電動もありますね!) や地下鉄の乗り方、扉の開け方、さらには信号無視にも(笑) ある程度慣れてきたなか、いつかまたパリに来ることはあるのかなぁと名残惜しさを感じながら、ひとまず朝食で毎日お世話になったパン屋さんにお礼を言って(本当はもっと感謝の気持ちを伝えたかったのですが英語力が足りず…)、パリを発ったのでした。


さて、われわれ飯塚三銃士(??笑) のERS 2018奮闘記は、これで終わりますが、医師人生は今後も続くわけで… 今回の経験を活かせるようまた日々精進していきたいなと思っています。サポートしてくださったみなさま、ERSに関わったすべての方に感謝の思いでいっぱいです(少し大袈裟な気もしますが...笑)。引き続きよろしくお願いいたします。

d0264356_03234908.jpg


[PR]
by res81 | 2018-09-26 03:27 | 学会・研修会 | Comments(0)
<< ヨーロッパ嚥下学会(ESSD)... ERS 2018 レポート③:... >>