飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ10名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医3名(H30年4月現在)+特任副院長1名で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
ジャーナルパトロール
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


ヨーロッパ嚥下学会(ESSD) ダブリンよりこんにちは

皆さま、お疲れ様です。スタッフYです。
228号先生の記事、「ウサギか!」という突っ込みに癒されながら、あとに続かせていただきます。

少し冷え込むようになりましたが、皆さまお元気にされていますでしょうか。病棟や外来でもインフルエンザや喘息発作の方が増え始めており、季節感を感じております。そういえば呼吸器内科はひときわ四季のある科なのではないかと、季節の変わり目にはいつも感じています。

実はいま、ヨーロッパ嚥下学会に参加するため、アイルランドのダブリンに来ております。到着時の気温は5℃と、慣れない寒さでしたが、ふと立ち寄ったレストランの暖炉の火に 身も心も温まりました。

滑走路の横でくつろぐ牛や馬、髪の毛の何倍ものボリュームのある髭を生やしているおじさま方、国のカラーである緑の帽子やジャケットを着こなす老夫婦、食事に添えられる芋のダイナミックさに、アイルランドらしさを早速感じております。

今回、飯塚病院からは残念ながら一人での参加ですが、道中から東京慈恵医大の谷口先生や、浜松市リハビリテーション病院の重松先生、國枝先生と合流させていただき、安心そのものです。そして食事中に繰り広げられる、嚥下にまつわるマニアックなお話の数々に、ただただ聞き入っております。すでに、嚥下障害の鑑別がぐっと広がった気がしております。

今回ここへ来るまでが(物理的にも、そして演題の採択や発表準備に至る経緯においても)遠い遠い道のりだったので、無事に来れた感謝に浸っております。快く送り出してくださった皆さまに感謝を込めて、明日から頑張りたいと思います。

(ちなみに、そもそもなぜ嚥下にそこまで興味を持つのか、とは自分でも時々突っ込みたくなるのですが、それは最近ご縁をいただいて始まった日経メディカルオンラインの連載の第一回を見ていただければと思います)



[PR]
by res81 | 2018-09-26 13:43 | 学会・研修会 | Comments(0)
<< ヨーロッパ嚥下学会(ESSD)... ERS 2018 レポート④:... >>