飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ10名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医3名(H30年4月現在)+特任副院長1名で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
ジャーナルパトロール
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


ヨーロッパ嚥下学会(ESSD) 発表のご報告 

アイルランドより最後の投稿です、と書きかけたところで終わっておりました。
ロンドンで乗り換え便を待っている、スタッフのYです。

充実のヨーロッパ嚥下学会もとうとう終わってしまいました。

今回はこれまでで初めてとなる海外での口演をさせていただきました。現在行っているCOPDと嚥下にまつわる研究について発表させていただいたいのですが、予想以上に反響が大きく、会場内外で多くの質問や意見もいただき、この分野の関心の高さを実感しました。

大柄の欧米人に交じって負けじと発表してきたのですが、どうしても身長が足りず、発表中に足元に表示されるはずの自分のスライドが全く見えなかったり、マイクを大幅に曲げないと声が通らないというトラブルもありました。けれど、そうしたことも含めて何度か会場の笑いをとれたので、関西人としては良しとします。内容はさておき、一つしかない大人数の会場で笑ってもらえたり拍手で迎えられるのは気持ちが良いものですね。

d0264356_20051383.jpg

今年から院内で定期的に開催している「えんげ塾」に関するポスター発表も多職種の方々が興味を持ってくださり、自施設でも真似をしたい、せっかくなので多くの人が繰り返し聴講できるようにeラーニングにしたほうがいい、担当者が変わっても継続可能な形にする工夫をしたほうがよい、などといったコメントもいただきました。またわざわざポスターのところまで来て、COPD研究の口演の感想を聞かせてくださる方も多く、終始暖かく和やかな学会でした。

日本の方々も多く発表されており、自分自身も日常診療につながる研究を行ってまたこの舞台に立ちたいと何度も思いました。アイルランドは実はギネスビールアイリッシュウイスキーの発祥地で、(私は全く飲めないのですが)パブでギターの生演奏を聴きながら過ごす、日々の学会後の時間もなかなか楽しいものでした。

ご指導いただいた部長や、気持ちよく送り出してくれて、忙しい留守を守ってくれた飯塚病院呼吸器内家の仲間たちに感謝でいっぱいです。呼吸器内科に所属しながら、呼吸器ではない学会のために長く不在にすることを快く受け入れてくださり、心から感謝しております。帰国後、気を引き締めて頑張ります。

帰りも3本のフライトを乗り換えて帰国します。大型台風が来ているようで、すでに帰りの便にも影響が出ております…皆様もどうかご無事でありますように。

[PR]
by res81 | 2018-09-30 20:15 | 学会・研修会 | Comments(0)
<< 間質性肺炎・肺線維症勉強会@宮崎 ヨーロッパ嚥下学会(ESSD)... >>