飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ10名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医3名(H30年4月現在)+特任副院長1名で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
ジャーナルパトロール
統計
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


APSR2018@台北 2日目

d0264356_15090267.jpeg

皆さま こんにちは、後期研修医ORです。

今年初めてAPSRに参加する機会をいただき、台湾に来ております。2日目は国際学会での初めてのポスター発表でした。


「ベンゾジアゼピン常用は喘息発作の頻度を上昇させるのか」という演題名で発表しました。結論から言うと、今回の後向き研究では関連性は低いと思われました


COPD患者の眠剤使用は、肺炎やその他呼吸器症状のリスクと関連があると言われています。また不眠が喘息関連症状の増悪因子である事も報告されています。

ベンゾジアゼピンはGERDの誘因として知られて、GERDは喘息発作の誘因の1つともされています。しかし、眠剤と喘息発作の関連性は不明であり、今回の研究テーマとしました。


20131月から20185月までに1年以上経過観察された喘息患者135例を対象としました。患者は以下の4群に分類されました。(a)眠剤非使用者、(b)ベンゾジアゼピン使用者、(c)非ベンゾジアゼピン使用者、(d)両方使用者。喘息増悪の頻度および最初の喘息増悪までの時間を比較しました。


各群の患者数は以下の通りでありました:(a)眠剤非使用者、103; (b)ベンゾジアゼピン使用者、12; (c)非ベンゾジアゼピン使用者、7; (d)両方使用者、13。両群とも喘息増悪の頻度に有意差はなく(p = 0.528)、ベンゾジアゼピンの日常的な使用は最初の喘息増悪までの時間と関連しませんでした(p = 0.844)。


結論としてこの後向き研究では、喘息増悪の頻度に有意差がなかったことを示唆しました。


初めての国際学会での発表で緊張しましたが、何とか無事(?)終える事が出来ました。

2日目は午前O先生とG先生、午後M先生となります。みんなで応援してきます!


最後になりますが、忙しい中、快く送り出してくださった呼吸器内科また現在所属している総合診療科の先生方には感謝しております。その気持ちを抱きながら学んできます。


by res81 | 2018-11-30 15:06 | 学会・研修会 | Comments(0)
<< APSR2018 @台北 3日目 APSR2018@台北 1日目 >>