人気ブログランキング |

飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ11名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医2名(H31年4月現在)+特任副院長1名で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

お勧めブログ
飯塚病院血液内科ブログ

カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
ジャーナルパトロール
統計
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
RAの肺疾患について非常..
by Jake at 16:35
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


第12回 若手のためのびまん性肺疾患勉強会

スタッフのTBです。

6月16日(日)に、東京・渋谷で「第12回 若手のためのびまん性肺疾患勉強会」で症例発表をさせて頂きました。
ディスカッションで様々なアドバイスを頂き、とても勉強になりました。
d0264356_10135800.jpg
d0264356_10140759.jpg
また、神奈川循呼の馬場先生のご講演も非常に勉強になりましたし、何よりあの講演スタイルが私は大好きです。

世話人の先生方、ありがとうございました!
久しぶりにお会いした方もいて、とても楽しかったです。

びまん肺に興味を持つ若い医師が増えると嬉しいですね!



# by res81 | 2019-06-18 10:15 | 学会・研修会 | Comments(0)

日本赤十字社医療センター、亀田総合病院、飯塚病院 

スタッフのTBです。

某日、日本赤十字社医療センター呼吸器内科部長の出雲先生亀田総合病院呼吸器内科部長の中島先生に、都内でお会いしてまいりました。
d0264356_14385657.jpg
   (一人ラフで汗)

主に市中・基幹病院の呼吸器内科の在り方や運営方針などについて、ざっくばらんにディスカッションさせて頂きました。
互いの施設の似ているところ・異なるところが興味深く、とても勉強になりました!

同世代の呼吸器内科運営責任者と話し合える機会はとても貴重ですので、今後も定期的にお願いいたします m(_ _)m

どちらの先生も素晴らしい呼吸器内科を作り上げられています。
若手の先生でご興味のある方は下記をご参考ください!


亀田メディカルセンター 亀田総合病院 呼吸器内科【呼吸器道場】(←クリック)

我々も自分たちなりに前に進みましょう~
# by res81 | 2019-06-08 14:40 | 科の紹介 | Comments(0)

第36回九州臨床画像解析研究会を開催しました!

スタッフのTBです。

去る5月31日(金)に、第36回九州臨床画像解析研究会を開催いたしました!
d0264356_13030274.png
年に2回当科が主催している会で、日本中の呼吸器内科・放射線科・病理の先生方にお集り頂き、様々なご講演をして頂いています。

ついでに研究ミーティングを開催し、様々な施設で行われている研究についてざっくばらんにディスカッションし、日本トップクラスの先生方からアドバイスを頂ける、という大変貴重な機会にもなっています。

今回は30名もの他施設の先生方にお越しいただき、実りあるディスカッションとご講演を頂戴しました!

うちの228号先生の学位論文について厳しくも大変温かくご指導いただき、胸が熱くなりました(涙)。本当にいつもありがとうございます m(_ _)m
d0264356_16224171.jpg
懇親会でも多施設の様々な立場の方々と交流でき、とても有意義な時間でした。
d0264356_13021010.jpg
研究をする・しないに関わらず、このような交流から沢山のエネルギーを得ることができます!ご興味のある方はiizukakokyu@gmail.comまたはktobinoh2@aih-net.comまでご連絡ください!
# by res81 | 2019-06-03 13:03 | 科の紹介 | Comments(0)

嚥下障害の勉強(ヨーロッパ嚥下障害学会主催、バルセロナにて)

バルセロナからこんにちは、スタッフYです。

嚥下障害の大学院コースを受講していることを先日報告させていただきましたが(以前の記事参照:)、今週はその試験のため5日間、バルセロナに来ておりました。

怒涛の試験週間が終わるや否や、すでに空港で飛行機に乗るところです。

3時間に及ぶ試験が毎日あるほか、授業グループワークプレゼンがあり、5日間とは思えないほど充実していました。スペインだけでなくアイルランドやギリシャ、イタリア、デンマークなどから先生方が来てくださり、嚥下障害の症例問題を用いてこれまで学んだことの応用を練習しました。今回は英語クラスとスペイン語クラスの合同開催の講義もあり、なかなか新鮮でした。

最終プレゼンでは現在、当院の内科系の先生方と取り組もうとしている肺炎診療チームとその目指す方向性について発表しました。多国籍、多職種のクラスメイトや先生方から意見をもらい、今後さらに具体化していくのが楽しみです。

そして今回はクラスメイトと4人でルームシェアしたので、昼夜にわたる異文化・多職種交流はこの上ない経験でした。前回マタロで研修をした2月から今回の5月までの間に一人一人が取り組んできたことを聞くだけでも大変励みになりました。

昨年度2月に実習のため3週間の不在に引き続き、またもや不在を受け入れていただき、飯塚病院呼吸器内家の皆様方に心から感謝しております。帰国後 頑張りますので、よろしくお願い致します。

ちなみにこのプログラムは、ヨーロッパ嚥下障害学会(ESSD)とバルセロナ自治大学が主催するPostgraduate diploma on swallowing disordersというものです(http://postgraduateswallowingdisorders.com/)。スペイン現地に2-3回は出向く必要があることと、英語での対話能力が求められること、費用面などのハードルはありますが、(上司や周りの理解があれば)仕事を続けながらも受講でき、教科書や国内での勉強では得難い経験と思います。私たちの学年までは学位などは発行されないのですが、次年度からは修士課程も選択できることになりました。私も今回の試験に合格していれば、修士課程を追加で受講する(研究を行う)予定です。興味がある方には是非ともお勧めしたいプログラムです。ご質問などある方はいつでもご連絡ください。

<写真>
・多国籍なクラスメイトたち
(スペイン、イタリア、ギリシャ、イギリス、スロベニア、インド、日本、サウジアラビア、メキシコ、チリ、アルゼンチン、ドミニカ共和国、コロンビア、パラグアイ、ブラジル、オーストラリア、クエート、エクアドル)
・歩道がとってもかわいい!
毎日10km歩いたのも全く苦ではありませんでした
 一番多いのが、右上のバルセロナフラワーという模様
 六角形のは、かの有名なガウディのデザイン


d0264356_17472963.jpg

# by res81 | 2019-06-01 17:52 | 学会・研修会 | Comments(0)

マニュアル本「流れがわかる!呼吸器診療の歩き方」の一部内容訂正があります。

いつも大変お世話になっております。Ajです。

マニュアル本「流れがわかる!呼吸器診療の歩き方」をご購入いただきありがとうございます。また今後ご購入ご検討の方、ぜひよろしくお願い致します。

誤植により、内容の一部に以下の訂正がございます(南山堂ホームページにも記載がございますhttp://www.nanzando.com/errata/)

深くお詫び致します。大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご確認頂けましたら幸いです。

■88ページ

・Ⓔロイコトリエン受容体拮抗薬(LTRA)の項目

【誤】モンテルカスト:シングレア®錠10mg 1日1錠 分2 眠前

【正】モンテルカスト:シングレア®錠10mg 1日1錠 分1 眠前

■89ページ

・図2B-1-1

【誤】T2 low喘息 IgE>100IU/ml,FeNO<30ppb,Eos<300μL,喀痰Eos<2%

【正】T2 low喘息 IgE<100IU/ml,FeNO<30ppb,Eos<300μL,喀痰Eos<2%

129ページ

・下から16行目(「③PM/DM-ILD」の項目)

【誤】TAC (0.75mg/kg/) の併用を考慮.

【正】TAC (0.075mg/kg/) の併用を考慮.

401ページ

・表4-1-6 特発性間質性肺炎重症度分類

d0264356_01142730.png

以上です。よろしくお願い致します。

今後も間違いがあればブログと南山堂ホームページで訂正してまいります。

ご指摘がありましたら宜しくお願い申し上げます!


# by res81 | 2019-04-26 07:00 | 科の紹介 | Comments(0)