人気ブログランキング |

飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ11名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医2名(H31年4月現在)+特任副院長1名で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

お勧めブログ
飯塚病院血液内科ブログ

カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
ジャーナルパトロール
統計
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
RAの肺疾患について非常..
by Jake at 16:35
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:科の紹介( 60 )

日本赤十字社医療センター、亀田総合病院、飯塚病院 

スタッフのTBです。

某日、日本赤十字社医療センター呼吸器内科部長の出雲先生亀田総合病院呼吸器内科部長の中島先生に、都内でお会いしてまいりました。
d0264356_14385657.jpg
   (一人ラフで汗)

主に市中・基幹病院の呼吸器内科の在り方や運営方針などについて、ざっくばらんにディスカッションさせて頂きました。
互いの施設の似ているところ・異なるところが興味深く、とても勉強になりました!

同世代の呼吸器内科運営責任者と話し合える機会はとても貴重ですので、今後も定期的にお願いいたします m(_ _)m

どちらの先生も素晴らしい呼吸器内科を作り上げられています。
若手の先生でご興味のある方は下記をご参考ください!


亀田メディカルセンター 亀田総合病院 呼吸器内科【呼吸器道場】(←クリック)

我々も自分たちなりに前に進みましょう~
by res81 | 2019-06-08 14:40 | 科の紹介 | Comments(0)

第36回九州臨床画像解析研究会を開催しました!

スタッフのTBです。

去る5月31日(金)に、第36回九州臨床画像解析研究会を開催いたしました!
d0264356_13030274.png
年に2回当科が主催している会で、日本中の呼吸器内科・放射線科・病理の先生方にお集り頂き、様々なご講演をして頂いています。

ついでに研究ミーティングを開催し、様々な施設で行われている研究についてざっくばらんにディスカッションし、日本トップクラスの先生方からアドバイスを頂ける、という大変貴重な機会にもなっています。

今回は30名もの他施設の先生方にお越しいただき、実りあるディスカッションとご講演を頂戴しました!

うちの228号先生の学位論文について厳しくも大変温かくご指導いただき、胸が熱くなりました(涙)。本当にいつもありがとうございます m(_ _)m
d0264356_16224171.jpg
懇親会でも多施設の様々な立場の方々と交流でき、とても有意義な時間でした。
d0264356_13021010.jpg
研究をする・しないに関わらず、このような交流から沢山のエネルギーを得ることができます!ご興味のある方はiizukakokyu@gmail.comまたはktobinoh2@aih-net.comまでご連絡ください!
by res81 | 2019-06-03 13:03 | 科の紹介 | Comments(0)

マニュアル本「流れがわかる!呼吸器診療の歩き方」の一部内容訂正があります。

いつも大変お世話になっております。Ajです。

マニュアル本「流れがわかる!呼吸器診療の歩き方」をご購入いただきありがとうございます。また今後ご購入ご検討の方、ぜひよろしくお願い致します。

誤植により、内容の一部に以下の訂正がございます(南山堂ホームページにも記載がございますhttp://www.nanzando.com/errata/)

深くお詫び致します。大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご確認頂けましたら幸いです。

■88ページ

・Ⓔロイコトリエン受容体拮抗薬(LTRA)の項目

【誤】モンテルカスト:シングレア®錠10mg 1日1錠 分2 眠前

【正】モンテルカスト:シングレア®錠10mg 1日1錠 分1 眠前

■89ページ

・図2B-1-1

【誤】T2 low喘息 IgE>100IU/ml,FeNO<30ppb,Eos<300μL,喀痰Eos<2%

【正】T2 low喘息 IgE<100IU/ml,FeNO<30ppb,Eos<300μL,喀痰Eos<2%

129ページ

・下から16行目(「③PM/DM-ILD」の項目)

【誤】TAC (0.75mg/kg/) の併用を考慮.

【正】TAC (0.075mg/kg/) の併用を考慮.

401ページ

・表4-1-6 特発性間質性肺炎重症度分類

d0264356_01142730.png

以上です。よろしくお願い致します。

今後も間違いがあればブログと南山堂ホームページで訂正してまいります。

ご指摘がありましたら宜しくお願い申し上げます!


by res81 | 2019-04-26 07:00 | 科の紹介 | Comments(0)

MDアンダーソンがんセンターとの共同研究☆☆☆

が始まります!!

当科オリジナルマニュアル出版からのPaul Jones先生来飯の興奮が冷めやらぬなか、またまたニュースです!!

先日2019年4月19日ー

もしかしたら、飯塚病院呼吸器内家にとって歴史的な1日になるかもしれません。と言ったら、少し大袈裟かもしれませんが、今回MDアンダーソンがんセンターの藤本先生に来飯いただき、共同研究をお声かけいただきました。


世界と渡り合うにあたって、日々悩み考えてこられた藤本先生の言葉には重みがありました。自身の強み、日本人としてできることが何か。そんな共同研究のお声かけ、鳥肌モノです…!!


食事の席でも、藤本先生の信念、夢、生き様をアツく語っていただき、とても刺激的な時間を過ごさせていただきました。藤本先生、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。


新年度早々、ニュースが続きます。みんなで楽しく頑張っていきましょ〜(^_^)/

以上、スタッフ228号でした。


d0264356_22455783.jpg





by res81 | 2019-04-20 22:50 | 科の紹介 | Comments(0)

マニュアル本リリース! & 第59回日本呼吸器学会学術講演会

スタッフのTBです。

本日は第59回日本呼吸器学会学術講演会に来ております。

その前に、

とうとう、、

とうとう、、、

当科オリジナルのマニュアル本をリリースいたしました!
d0264356_21104686.jpg
「飯塚イズムで学ぶ 流れがわかる!呼吸器診療の歩きかた」(南山堂)です!

学会での先行販売が始まりました。

早速買ってくださったT先生、本当にありがとうございます!!
…無理やり買わせてすみません m(_ _)m 
d0264356_21125931.jpg
尊敬する津田先生の本の隣においていただき光栄です!
会場の書籍コーナーのいたるところに置いてありますので、良ければ是非お手に取ってみてください!

この本には我々の日常が詰まっています。
呼吸器内科をローテートする先生や、呼吸器内科に片足を踏み入れた先生方が主な対象です。
しかし、エコー/CTガイド下生検、胸腔造影、呼吸器内科に必要な書類の知識、様々なコラムなど、あまり他のマニュアル本に載っていない内容も満載です!ベテランの先生方も是非!

アマゾンでは4/24から販売で、もう予約できますよ! 


さて、学会では若手3名が立派にポスター発表を終えました!
d0264356_21210303.jpg
d0264356_21205587.jpg
d0264356_21205991.jpg

私も久しぶりに沢山の方々にお会いできて、刺激を頂きました。

モチベーションを充電出来ましたので、今から仕事します!



そして最後にもう一度、
皆さま、マニュアルをよろしくお願いいたします!
d0264356_21211187.jpg

by res81 | 2019-04-12 21:33 | 科の紹介 | Comments(0)

社会人大学院卒業、博士号取得のご報告

お久ぶりです。Ajです。
久々の投稿となります。申し訳ありません。

この度はご報告があり投稿しました。
平成31年3月13日 快晴のなか、順天堂大学大学院の卒業式、学位授与式に出席し、無事に卒業し、博士号を取得致しました。
皆様、本当に本当にありがとうございました。

少し振り返らせてください…
当時、臨床にのめり込んでいたこと、入局していなかったこと、今後の自分の進むべき道がイメージできていなかったことから、大学院への進学は考えていませんでした。
そんな私に、TB先生が日々疑問をもち臨床を行うことの大切さを教えて下さり、その日々のなかでスキルアップ、キャリアアップをする選択肢として、社会人大学院という道を提案してくださいました。
そこで、順天堂大学呼吸器内科のT教授、H先生にご相談しましたところ、快く受け入れて下さり、社会人大学院生として飯塚病院で働きながら勉強させて頂くことになりました。
このような機会を下さった順天堂大学T教授、H先生に心より御礼申し上げます。

そして、ついに平成27年4月に順天堂大学大学院博士課程(呼吸器内科所属)に入学しました。
国内留学で相模原病院に行き喘息を勉強してきた経緯もあり、喘息をより深く勉強したいと思い、喘息での臨床研究をさせて頂くことになりました。
順天堂大学呼吸器内科喘息グループH先生に手厚いご指導を頂き、下記の論文を掲載することができました。H先生には感謝してもしきれません。
Characterization of tenascin-C as a novel biomarker for asthma: utility of tenascin-C in combination with periostin or immunoglobulin E.
Yasuda M, Harada N, Harada S, Ishimori A, Katsura Y, Itoigawa Y, Matsuno K, Makino F, Ito J, Ono J, Tobino K, Akiba H, Atsuta R, Izuhara K, Takahashi K.
Allergy Asthma Clin Immunol. 2018 Nov 19;14:72. doi: 10.1186/s13223-018-0300-7.

このような素晴らしい機会を下さり、ご指導頂けましたおかげで、今の私があります。
また、ご協力いただいた患者さんに心より感謝致します。
飯塚病院の呼吸器内家の仲間、順天堂大学のS先生や喘息グループの皆様、大学院同期の皆様にも多くのサポート頂きました。
本当にありがとうございました。

自分一人では成し遂げられなかったです。多くの出会い、多くのサポートに心より感謝します。
まだ他の臨床研究が残っていますので、終わりではありません。頑張ります!!

もっと熱い思いを伝えたいのですが(笑)、うまく文章にできず申し訳ありません。
今、色々な働き方があると思いますので、皆さんも諦めずに頑張ってほしいと思います。

飯塚病院、順天堂大学の皆様、ありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。
d0264356_17273355.png

by res81 | 2019-03-13 17:28 | 科の紹介 | Comments(0)

感謝感謝の送別会

おはようございます、スタッフYです。
インフルエンザの大流行から花粉との戦いへと、季節の移り変わりを感じております。呼吸器内科というところは四季をほんとうに存分に感じさせてくれます…

春といえばもう1つ、出会いとお別れの季節ですね。
一足早く、当科の送別会を開催しました。

当科の二枚目かつ三枚目キャラ担当のM先生と、様々な形で私たちを支えてくださったり、診療になくてはならない存在の方々を送ることとなり、笑いあり涙ありの、あたたかく賑やかなひとときでした。

送別会のはずが、職場が変わっても繋がっていられる気がして、なんだか嬉しかったです。皆様まだまだこれからもよろしくお願いしますね。

そして春から仲間に加わってくださるO先生、S先生、それから復帰予定のG-Snow先生を、呼吸器内家 一同、心待ちにしています。

新年度も面白くなりそうですね!


d0264356_08491300.jpg


by res81 | 2019-03-09 08:54 | 科の紹介 | Comments(0)

Case report published!! 本日その2

スタッフのTBです。

今年は論文ラッシュです!

今度は当科のママドクター筆頭、IH先生がCase reportをCase Reports in Pulmonologyにpublishされました!
免疫不全のない若年成人男性に生じたPCPです。
仕事と育児の両立、本当に素晴らしい!!頭が下がりますm(_ _)m

Pneumocystis jirovecii Pneumonia in an Immunocompetent Japanese Man: A Case Report and Literature Review
Hiromi Ide, Yoshikazu Yamaji, Kazunori Tobino, Masanobu Okahisa, Kojin Murakami, Yuki Goto, Takuto Sueyasu, Saori Nishizawa, Kohei Yoshimine, Miyuki Munechika, Masafumi Oya, and Yuka Hiraki
Case Reports in Pulmonology. Volume 2019, Article ID 3981681, 5 pages

Y大のY先生、やっと出せましたよ~!

私も続きたいです…

by res81 | 2019-03-08 16:44 | 科の紹介 | Comments(0)

Case report published!!

スタッフのTBです!

スペイン帰りのY先生、今度はケースレポートをInternal Medicineにpublishされました!
おめでとうございます!!

呼吸器内科だけでなく、消化器内科、整形外科(他院の医師も含め)、呼吸器外科、集中治療医のチームで治療に取り組み、改善された症例です。素晴らしい!!

Yuki Yoshimatsu, Kazunori Tobino, Ken Maeda, Kensuke Kubota, Yohei Haruta, Hiroshi Adachi, Toshiyuki Abe, Tomoka Masunaga, Takuto Sueyasu, and Toshihiro Osaki
Intern Med. 2019 Jan 15; 58(2): 271–276.

他のスタッフも頑張っています!
すぐに次の報告をupいたします。


by res81 | 2019-03-08 09:37 | 科の紹介 | Comments(0)

Original article published!!

スタッフのTBです!

スペイン帰りの当科スタッフY先生が一昨年から昨年にかけて行った、
当科での単施設後ろ向き研究がThe Clinical Respiartory Jounal(IF 2.211)にpublishされました!

おめでとうございます!!

Repetitive saliva swallowing test and water swallowing test may identify a COPD phenotype at high risk of exacerbation.
Yoshimatsu Y, Tobino K, Sueyasu T, Nishizawa S, Goto Y, Murakami K, Munechika M, Yoshimine K, Miyajima H.
Clin Respir J. 2019 Mar 1. doi: 10.1111/crj.13014.

日々の気づきをコツコツと形にしていく姿に、たくさん学ばせてもらってます!

私も頑張ります~

by res81 | 2019-03-06 21:13 | 科の紹介 | Comments(0)