飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ10名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医3名(H30年4月現在)+特任副院長1名で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

飯塚病院血液内科ブログ(←クリック)もお勧め!!
カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
ジャーナルパトロール
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
K先生、ご無沙汰してます..
by res81 at 03:23
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


ジャーナルパトロール:2018年5月号総ざらい③

スタッフのTBです。

梅雨のジメジメがひどいですね。

それでもパトロールは続きます。

本日はCystic Fibrosis、Cystic Lung Diseases、Frailty、Infections、Interstitial Lung Diseaseです。


<Cystic Fibrosis>
Effects of Lumacaftor-Ivacaftor Therapy on Cystic Fibrosis Transmembrane Conductance Regulator Function in Phe508del Homozygous Patients with Cystic Fibrosis.
Graeber SY, et al.
Am J Respir Crit Care Med. 2018 Jun 1;197(11):1433-1442. doi: 10.1164/rccm.201710-1983OC.
CFTR蛋白のpotentiator(増強剤?)のivakaftorとcorrector(補正剤?)のlumakaftorの合剤の効果。汗のCl、粘膜機能などは改善あり。

Severely Impaired Control of Bacterial Infections in a Patient With Cystic Fibrosis Defective in Mucosal-Associated Invariant T Cells
Pincikova T, et al.
Chest. 2018 May;153(5):e93-e96. doi: 10.1016/j.chest.2018.01.020.
粘膜関連インバリアントT細胞(mucosa-associated invariant T cell、MAIT)は感染防御に重要。

The clinical significance of oropharyngeal cultures in young children with cystic fibrosis.
Breuer O, et al.
Eur Respir J. 2018 May 17;51(5). pii: 1800238. doi: 10.1183/13993003.00238-2018. Print 2018 May.
小児の嚢胞性線維症において、口腔内の緑膿菌は、CTでの重症度や増悪リスクとは関連していない。

<Cystic Lung Diseases>
A 56-Year-Old Woman With Multiple Pulmonary Cysts and Severe Chest Pain.
Kato T, et al.
Chest. 2018 May;153(5):e105-e112. doi: 10.1016/j.chest.2017.12.002.
多発性骨髄腫関連Light chain deposition disease。Discussionが勉強になります。

<Frailty>
Development and validation of a Hospital Frailty Risk Score focusing on older people in acute care settings using electronic hospital records: an observational study.
Gilbert T, et al.
Lancet. 2018 May 5;391(10132):1775-1782. doi: 10.1016/S0140-6736(18)30668-8. Epub 2018 Apr 26.
"Hospital Frailty Risk Score"でFrailty診断。

<Infections>
A 57-Year-Old Woman on Rituximab Presenting With Fever and Lethargy.
Cafone J, et al.
Chest. 2018 May;153(5):e97-e99. doi: 10.1016/j.chest.2017.11.047.
感染性心内膜炎

Low-dose computed tomography for the diagnosis of pneumonia in elderly patients: a prospective, interventional cohort study.
Prendki V, et al.
Eur Respir J. 2018 May 30;51(5). pii: 1702375. doi: 10.1183/13993003.02375-2017. Print 2018 May.
Low-dose CTにより、高齢者で肺炎を疑われた患者のうち30%で確診度が低下…無駄な抗菌薬がへるかも、というスタディ。

Efficacy, immunogenicity, and safety evaluation of an MF59-adjuvanted quadrivalent influenza virus vaccine compared with non-adjuvanted influenza vaccine in children: a multicentre, randomised controlled, observer-blinded, phase 3 trial.
Vesikari T, et al.
Lancet Respir Med. 2018 May;6(5):345-356. doi: 10.1016/S2213-2600(18)30108-5. Epub 2018 Apr 6.
小児(6か月~5歳)に対するMF-59アジュバント4価インフルエンザワクチン接種では、現行のインフルエンザワクチンと比較し臨床的ベネフィットはない。しかし、6-23カ月児と、ワクチンを接種したことのない小児でも効果あり。安全性は両群で有意差なし。

Mortality in patients with community-onset pneumonia at low risk of drug-resistant pathogens: Impact of β-lactam plus macrolide combination therapy.
Okumura J, et al.
Respirology. 2018 May;23(5):526-534. doi: 10.1111/resp.13232. Epub 2017 Dec 14.
市中発症肺炎で耐性菌リスクが低い場合、βラクタム+マクロライドはβラクタム単剤と比較し死亡率減少。

<Interstitial Lung Disease>
Targeting of TAM Receptors Ameliorates Fibrotic Mechanisms in Idiopathic Pulmonary Fibrosis.
Espindola MS, et al.
Am J Respir Crit Care Med. 2018 Jun 1;197(11):1443-1456. doi: 10.1164/rccm.201707-1519OC.
IPFでは、Gas6/TAM receptorの活性化が肺の線維芽細胞を活性化している。このpathway(RTK pathway)は治療ターゲットになりえる。

STAT3 Gain of Function: A New Kid on the Block in Interstitial Lung Diseases.
Fabre A, et al.
Am J Respir Crit Care Med. 2018 Jun 1;197(11):e22-e23. doi: 10.1164/rccm.201707-1500IM.
STAT3のgain-of-functionは、血液・他臓器自己免疫疾患に伴う小児間質性肺炎で重要。

CT-Pathologic Correlation of Major Types of Pulmonary Fibrosis: Insights for Revisions to Current Guidelines
Jonathan H. Chung, et al.
American Journal of Roentgenology. 2018;210:1034-1041. 10.2214/AJR.17.18947

ガイドラインに従ってCT分類と病理分類を比較したところ、CTのUIP/possible UIP/inconsistent with UIPそれぞれの病理学的UIPは89.6%/81.6%/60.0%であった。"indeterminate CTパターン"では、病理学的UIP が55.0%。

inconsistent with UIPカテゴリーの7所見のうち、ground-glass opacity, air-trapping, consolidation, axial distributionは病理学的non-UIPと関連が高かったが、upper-mid lung predominanceは病理学的non-UIPと関連がなかった。

現在のCT分類は十分ではなく、特に"inconsistent with UIP"の名称は不適切。


Exposure to Ambient Particulate Matter Is Associated With Accelerated Functional Decline in Idiopathic Pulmonary Fibrosis.
Winterbottom CJ, et al.
Chest. 2018 May;153(5):1221-1228. doi: 10.1016/j.chest.2017.07.034. Epub 2017 Aug 9.
PM10濃度とIPF患者のFVC低下速度に関連あり。

What's in a name? That which we call IPF, by any other name would act the same.
Wells AU, et al.
Eur Respir J. 2018 May 17;51(5). pii: 1800692. doi: 10.1183/13993003.00692-2018. Print 2018 May.
IPFの再分類とrenameの可能性について。

Idiopathic Pulmonary Fibrosis.
Lederer DJ, et al.
N Engl J Med. 2018 May 10;378(19):1811-1823. doi: 10.1056/NEJMra1705751.
Reviewです!!

Veno-venous extracorporeal membrane oxygenation bridged living-donor lung transplantation for rapid progressive respiratory failure with pleuroparenchymal fibroelastosis after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation.
Shimada A, et al.
Respir Investig. 2018 May;56(3):258-262. doi: 10.1016/j.resinv.2017.12.009. Epub 2018 Feb 12.

Phenotypic characteristics associated with slow gait speed in idiopathic pulmonary fibrosis.
Nolan CM, et al.
Respirology. 2018 May;23(5):498-506. doi: 10.1111/resp.13213. Epub 2017 Nov 14.
Usual gait speed over 4 m(4MGS)は、運動耐用能・息切れ・健康状態・予後が不良なIPFの一群を抽出できる、簡便で信頼性の高い検査。

Diagnostic utility of surgical lung biopsies in elderly patients with indeterminate interstitial lung disease.
Vaszar LT, et al.
Respirology. 2018 May;23(5):507-511. doi: 10.1111/resp.13223. Epub 2017 Nov 27.
高齢者IIPでSLBすると、30日死亡率10%・90日死亡率15%!
CTパターンでinconsistent with UIPの場合は病理診断がUIPでない可能性が39%あるため、SLBを検討しても良いかもしれない…

The prognostic significance of pneumothorax in patients with idiopathic pulmonary fibrosis.
Nishimoto K, et al.
Respirology. 2018 May;23(5):519-525. doi: 10.1111/resp.13219. Epub 2017 Nov 12.
IPFでは20.2%が気胸を生じ、そのような症例は予後不良。

総ざらい④へ続く

[PR]
# by res81 | 2018-06-27 22:52 | ジャーナルパトロール | Comments(0)

ジャーナルパトロール:2018年5月号総ざらい②

スタッフのTBです。

梅雨時のジメジメした感じが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

今月もたくさんの出会いがあり、学ぶことが多く感謝の日々です。
さて5月号総ざらい、本日はCOPDとCritical careです。

<COPD>
Airflow limitation in people living with HIV and matched uninfected controls.
Ronit A, et al.
Thorax. 2018 May;73(5):431-438. doi: 10.1136/thoraxjnl-2017-211079. Epub 2018 Jan 13.
HIV感染は喫煙や経済的・社会的な要因とは独立したFEV1・FVC低下の要因!免疫低下が関係している?

Smoking duration alone provides stronger risk estimates of chronic obstructive pulmonary disease than pack-years.

Bhatt SP, et al.
Thorax. 2018 May;73(5):414-421. doi: 10.1136/thoraxjnl-2017-210722. Epub 2018 Jan 11.
Pack-yearよりも喫煙期間の方が肺気腫・ガストラッピング・FEV1・6MWD・SGRQと相関性が高い。

Longitudinal profiling of the lung microbiome in the AERIS study demonstrates repeatability of bacterial and eosinophilic COPD exacerbations.
Mayhew D, et al.
Thorax. 2018 May;73(5):422-430. doi: 10.1136/thoraxjnl-2017-210408. Epub 2018 Jan 31.
肺の細菌叢は、増悪を起こしやすい症例では不安定。好酸球と細菌叢が増悪のカギで、意外とウイルスではなさそう。

Gait Speed: Validity of Measurement in Patients With Severe Chronic Lung Disease, Including Prognostic and Practical Implications.
Dolmage TE, et al.
Chest. 2018 May;153(5):1101-1105. doi: 10.1016/j.chest.2017.11.024. Epub 2017 Dec 5.
歩行距離ではなく、歩行速度も重要。

Defining the "Frequent Exacerbator" Phenotype in COPD: A Hypothesis-Free Approach.
Le Rouzic O, et al.
Chest. 2018 May;153(5):1106-1115. doi: 10.1016/j.chest.2017.10.009. Epub 2017 Oct 17.
増悪しやすいPhenotypeを改めて検討した結果、やはり過去の増悪が重要。

Tai Chi and Pulmonary Rehabilitation Compared for Treatment-Naive Patients With COPD: A Randomized Controlled Trial.
Polkey MI, et al.
Chest. 2018 May;153(5):1116-1124. doi: 10.1016/j.chest.2018.01.053. Epub 2018 Apr 3.
太極拳!

Clinical and Safety Outcomes of Long-Term Azithromycin Therapy in Severe COPD Beyond the First Year of Treatment.
Pomares X, et al.
Chest. 2018 May;153(5):1125-1133. doi: 10.1016/j.chest.2018.01.044. Epub 2018 Feb 7.
GINA grade DのCOPDに対する週3回のAZM(500mg)の長期投与(24 or 36カ月以上)は、COPD増悪と入院を50%以上減少し、有害事象は少なかった。しかし、細菌のマクロライド耐性は増加した。

The Impact of Listening to Music During a High-Intensity Exercise Endurance Test in People With COPD.
Lee AL, et al.
Chest. 2018 May;153(5):1134-1141. doi: 10.1016/j.chest.2017.12.001. Epub 2017 Dec 16.
トレーニング中の音楽は良い。

Reductions in dead space ventilation with nasal high flow depend on physiological dead space volume: metabolic hood measurements during sleep in patients with COPD and controls.
Biselli P, et al.
Eur Respir J. 2018 May 30;51(5). pii: 1702251. doi: 10.1183/13993003.02251-2017. Print 2018 May.
COPDに対する睡眠中のNHFは、死腔減少による分時換気量の減少をもたらす。

Blood eosinophil count and risk of pneumonia hospitalisations in individuals with COPD.
Vedel-Krogh S, et al.
Eur Respir J. 2018 May 24;51(5). pii: 1800120. doi: 10.1183/13993003.00120-2018. Print 2018 May.
%FEV1≥50%のCOPDでは、肺炎のリスクは好酸球で有意差なし。%FEV1<50%では、好酸球が肺炎のリスクと関連!

Care in Chronic Obstructive Lung Disease (CAROL): a randomised trial in general practice.
Markun S, et al.
Eur Respir J. 2018 May 10;51(5). pii: 1701873. doi: 10.1183/13993003.01873-2017. Print 2018 May.
COPDケアバンドル!参考にしてみます。

Integration of multi-omics datasets enables molecular classification of COPD.
Li CX, et al.
Eur Respir J. 2018 May 10;51(5). pii: 1701930. doi: 10.1183/13993003.01930-2017. Print 2018 May.
いくつかの分子生物学的解析を統合し、COPDの分類に。

Tiotropium and olodaterol in the prevention of chronic obstructive pulmonary disease exacerbations (DYNAGITO): a double-blind, randomised, parallel-group, active-controlled trial.
Calverley PMA, et al.
Lancet Respir Med. 2018 May;6(5):337-344. doi: 10.1016/S2213-2600(18)30102-4. Epub 2018 Apr 5.
以前ブログアップすみ。

Effect of lung deflation with indacaterol plus glycopyrronium on ventricular filling in patients with hyperinflation and COPD (CLAIM): a double-blind, randomised, crossover, placebo-controlled, single-centre trial.
Hohlfeld JM, et al.
Lancet Respir Med. 2018 May;6(5):368-378. doi: 10.1016/S2213-2600(18)30054-7. Epub 2018 Feb 21.
COPDにインダカテロール+グリコピロニウムを使用すると、過膨張改善→左室拡張末期容積増加→心拍出量改善。

Once-Daily Single-Inhaler Triple versus Dual Therapy in Patients with COPD (IMPACT).

Lipson DA, et al.
N Engl J Med. 2018 May 3;378(18):1671-1680. doi: 10.1056/NEJMoa1713901. Epub 2018 Apr 18.
ワンデバイスでのトリプルセラピー(fluticasone furoate+umeclidinium+vilanterol)は、fluticasone furoate-vilanterol または umeclidinium-vilanterolと比較して中等~重症増悪を減少。

Emphysematous and Nonemphysematous Gas Trapping in Chronic Obstructive Pulmonary Disease: Quantitative CT Findings and Pulmonary Function.
Occhipinti M, et al.
Radiology. 2018 May;287(2):683-692. doi: 10.1148/radiol.2017171519. Epub 2018 Jan 23.
吸気呼気CTを使った、気腫によるエアトラッピングとそうでないエアトラッピングの描出。COPDを4つのサブタイプに分類。画像によるphenotypingは一つのテーマではありますが、実臨床では悩むことも多し。

Usefulness of the forced oscillation technique in assessing the therapeutic result of tracheobronchial central airway obstruction.
Yasuo M, et al.
Respir Investig. 2018 May;56(3):222-229. doi: 10.1016/j.resinv.2018.01.005. Epub 2018 Feb 23.
FOTはPFTよりも中枢気道疾患の治療効果判定に有用。

Gastroesophageal reflux symptoms and nasal symptoms affect the severity of bronchitis symptoms in patients with chronic obstructive pulmonary disease.
Hasegawa K, et al.
Respir Investig. 2018 May;56(3):230-237. doi: 10.1016/j.resinv.2018.01.001. Epub 2018 Feb 14.
COPDにおいて、鼻汁が咳嗽、GERD症状とPNDが喀痰と関連。

The importance of symptoms in the longitudinal variability of clusters in COPD patients: A validation study.
de Torres JP, et al.
Respirology. 2018 May;23(5):485-491. doi: 10.1111/resp.13194. Epub 2017 Oct 12.
COPDの臨床的クラスター分類(cluster A:若く軽症、cluster B:AとCの間、cluster C:高齢で重症)は、2年後に分類しても70%は同じ。

Models of care for non-invasive ventilation in the Acute COPD Comparison of three Tertiary hospitals (ACT3) study.
Parker K, et al.
Respirology. 2018 May;23(5):492-497. doi: 10.1111/resp.13228. Epub 2017 Dec 10.
CO2貯留を伴うAE-COPD患者のNIVケアは、ナース:患者が1:4、1:2、1:1でも同様のアウトカム。

Year in review 2017: Chronic obstructive pulmonary disease and asthma.
Benton MJ, Lim TK, Ko FWS, Kan-O K, Mak JCW.
Respirology. 2018 May;23(5):538-545. doi: 10.1111/resp.13285. Epub 2018 Mar 4.
重要論文レビュー

<Critical Care>
Update in Critical Care Medicine 2017
Arnaud W. Thille , Tommaso Mauri , and Daniel Talmor
Am J Respir Crit Care Med. 2018 Jun 1;197(11):1382-1388. doi: 10.1164/rccm.201801-0055UP.
重要論文レビュー

The Practice of Respect in the ICU.
Brown SM, et al.
Am J Respir Crit Care Med. 2018 Jun 1;197(11):1389-1395. doi: 10.1164/rccm.201708-1676CP.
ICU practiceでのRespectとDignityの重要性。

Long-Term Outcomes after Protocolized Sedation versus Usual Care in Ventilated Pediatric Patients.
Watson RS, et al.
Am J Respir Crit Care Med. 2018 Jun 1;197(11):1457-1467. doi: 10.1164/rccm.201708-1768OC.
人工呼吸管理下の小児に対するナースによるプロトコール鎮静は、より覚醒時間が長く鎮静薬が少ない。長期的な予後もusual careと比較し有意差なし。

Radiation Exposure in the Medical ICU: Predictors and Characteristics.

Krishnan S, et al.
Chest. 2018 May;153(5):1160-1168. doi: 10.1016/j.chest.2018.01.019. Epub 2018 Jan 31.
ICU患者は放射線被爆多すぎる…

Clinical Evaluation of Sepsis-1 and Sepsis-3 in the ICU.

Fang X, et al.
Chest. 2018 May;153(5):1169-1176. doi: 10.1016/j.chest.2017.06.037. Epub 2017 Jul 12.
SIRSは患者の反応、SOFAは患者の状態を表すスコアであり、単純に相関はしない。
アブストの"at the expense of~"は"~を犠牲にして"の意味。

Diaphragm Excursion-Time Index: A New Parameter Using Ultrasonography to Predict Extubation Outcome.
Palkar A, et al.
Chest. 2018 May;153(5):1213-1220. doi: 10.1016/j.chest.2018.01.007. Epub 2018 Jan 17.
SBT中に超音波で横隔膜の運動時間を計測→長いほど抜管成功率高い。

Tamponade: Hemodynamic and Echocardiographic Diagnosis.
Kearns MJ, et al.
Chest. 2018 May;153(5):1266-1275. doi: 10.1016/j.chest.2017.11.003. Epub 2017 Nov 11.
心タンポナーデの診断について。

Management of Bleeding in Patients Taking Oral Anticoagulants.
Anderson I, et al.
JAMA. 2018 May 15;319(19):2032-2033. doi: 10.1001/jama.2018.3504.
ガイドラインの概要。

Cost-utility of non-invasive mechanical ventilation: Analysis and implications in acute respiratory failure. A brief narrative review.

Nicolini A, et al.
Respir Investig. 2018 May;56(3):207-213. doi: 10.1016/j.resinv.2017.12.011. Epub 2018 Feb 1.
COPD増悪などではコストベネフィットが良さそう、というミニレビュー。

The clinical practice of high-flow nasal cannula oxygen therapy in adults: A Japanese cross-sectional multicenter survey.

Ito J, et al.
Respir Investig. 2018 May;56(3):249-257. doi: 10.1016/j.resinv.2018.02.002. Epub 2018 Mar 10.
HFNCの日本での使用状況についての報告。

5月号総ざらい③へつづく


[PR]
# by res81 | 2018-06-23 10:48 | ジャーナルパトロール | Comments(0)

ジャーナルパトロール:2018年5月号総ざらい①

スタッフのTBです。

あっという間に6月も半分過ぎようとしていますが、福岡県はいつになく朝晩が涼しく困惑しています。

本日は朝から神戸の緩和医療学会に参加しておりました。勉強になりますね。

さて、5月号の総ざらいです。

本日はAlpha-1 Antitrypsin Deficiency、Asthma、ARDS、Bronchiectasis、です。

<Alpha-1 Antitrypsin Deficiency>
The Role of Computed Tomography for the Evaluation of Lung Disease in Alpha-1 Antitrypsin Deficiency.
Campos MA, et al.
Chest. 2018 May;153(5):1240-1248. doi: 10.1016/j.chest.2017.11.017. Epub 2017 Nov 23.
Reviewです。画像解析研究の役に立つかも。

Serum α1-Antitrypsin Concentration in the Diagnosis of α1-Antitrypsin Deficiency.
Hurley K, et al.
JAMA. 2018 May 15;319(19):2034-2035. doi: 10.1001/jama.2018.3888.
α1アンチトリプシン欠損症のα1アンチトリプシン値についての症例クイズです。JRSの「2016 α1アンチトリプシン欠損症診療の手引き」(https://www.jrs.or.jp/uploads/uploads/files/information/AATD2016.pdf)が分かりやすいです。

<Asthma>
Bronchial Epithelial IgA Secretion Is Impaired in Asthma. Role of IL-4/IL-13
Ladjemi MZ, et al.
Am J Respir Crit Care Med. 2018 Jun 1;197(11):1396-1409. doi: 10.1164/rccm.201703-0561OC.
喘息患者では気道上皮のpolymeric immunoglobulin receptor(plgR)のダウンレギュレーションが起こっており、IgAによる防御機構が落ちている?

Vitamin D in Asthma: Mechanisms of Action and Considerations for Clinical Trials.
Pfeffer PE, et al.
Chest. 2018 May;153(5):1229-1239. doi: 10.1016/j.chest.2017.09.005. Epub 2017 Sep 18.
Reviewです。喘息ではVit.Dは重要。

In vitro, in silico and in vivo study challenges the impact of bronchial thermoplasty on acute airway smooth muscle mass loss.
Chernyavsky IL, et al.
Eur Respir J. 2018 May 24;51(5). pii: 1701680. doi: 10.1183/13993003.01680-2017. Print 2018 May.
BTの効果は何によるのか?どうも気道平滑筋や気道上皮への影響と喘息コントロールの関連が弱そう、とのこと。"in silico"は"コンピュータ上で"の意。

Meta-analysis of airway epithelium gene expression in asthma.

Tsai YH, et al.
Eur Respir J. 2018 May 17;51(5). pii: 1701962. doi: 10.1183/13993003.01962-2017. Print 2018 May.
喘息の気道上皮遺伝子について。

Omalizumab effectiveness in patients with severe allergic asthma according to blood eosinophil count: the STELLAIR study.
Humbert M, et al.
Eur Respir J. 2018 May 10;51(5). pii: 1702523. doi: 10.1183/13993003.02523-2017. Print 2018 May.
重症喘息では好酸球数>300/μLの事が多いが、omalizumabの効果は好酸球数によらず一定(58%くらい)。

Sputum proteomics and airway cell transcripts of current and ex-smokers with severe asthma in U-BIOPRED: an exploratory analysis.

Takahashi K, et al.
Eur Respir J. 2018 May 3;51(5). pii: 1702173. doi: 10.1183/13993003.02173-2017. Print 2018 May.
喀痰の蛋白解析から、重症喘息患者が今タバコを吸っているのか、過去吸っていたのかが分かる?

Effect of Vitamin D Supplementation on Recurrent Wheezing in Black Infants Who Were Born PretermThe D-Wheeze Randomized Clinical Trial
Hibbs AM, et al.
JAMA. 2018 May 22;319(20):2086-2094. doi: 10.1001/jama.2018.5729.
黒人の早産児にVit.Dを補充すると喘鳴が減る。

DNA methylation in childhood asthma: an epigenome-wide meta-analysis.

Xu CJ, et al.
Lancet Respir Med. 2018 May;6(5):379-388. doi: 10.1016/S2213-2600(18)30052-3. Epub 2018 Feb 26.
14か所のCpGサイト(シトシンの次にグアニンが現れるタイプの2塩基配列)におけるDNAメチル化(炭素原子にメチル基が付加する化学反応)頻度の減少が、小児喘息と関連?

Inhaled Combined Budesonide-Formoterol as Needed in Mild Asthma. (SYGMA 1 ClinicalTrials)
O'Byrne PM, et al.
N Engl J Med. 2018 May 17;378(20):1865-1876. doi: 10.1056/NEJMoa1715274.
軽症喘息なら、Budesonide-Formoterolのas-neededで良い?

As-Needed Budesonide-Formoterol versus Maintenance Budesonide in Mild Asthma. (SYGMA 1 ClinicalTrials)
Bateman ED, et al.
N Engl J Med. 2018 May 17;378(20):1877-1887. doi: 10.1056/NEJMoa1715275.
軽症喘息なら、Budesonide-Formoterolのas-neededで良い*2?

Efficacy and safety of phosphodiesterase 4 inhibitors in patients with asthma: A systematic review and meta-analysis.
Luo J, et al.
Respirology. 2018 May;23(5):467-477. doi: 10.1111/resp.13276. Epub 2018 Mar 4.
軽症喘息では、PDE4阻害薬は吸入薬の代替となる可能性あり。

Comparison of respiratory system impedance in asthma and COPD: A prospective observational study.
Kamada T, et al.
Respirology. 2018 May;23(5):478-484. doi: 10.1111/resp.13240. Epub 2018 Jan 17.
Forced oscillation technique(おそらくモストグラフ)により計測した5Hzのリアクタンス(X5)の呼気と吸気の差であるΔX5は、喘息と比較しCOPDでは継時的に低下していく。

<ARDS>
Stability of ARDS subphenotypes over time in two randomised controlled trials.
Delucchi K, et al.
Thorax. 2018 May;73(5):439-445. doi: 10.1136/thoraxjnl-2017-211090. Epub 2018 Feb 24.
ARDSのsubphenotype(過剰炎症状態を呈する群=予後不良群と、そうでない群)は、入院後3日目くらいまで維持される。

Genome-Wide Association Study in African Americans with Acute Respiratory Distress Syndrome Identifies the Selectin P Ligand Gene as a Risk Factor.
Bime C, et al.
Am J Respir Crit Care Med. 2018 Jun 1;197(11):1421-1432. doi: 10.1164/rccm.201705-0961OC.
欧州およびアフリカ系の人々では、新規ARDS感受性遺伝子としてselectin P ligand gene(SELPLG)があるかも。

Extracorporeal Membrane Oxygenation for Severe Acute Respiratory Distress Syndrome.
Combes A, et al.
N Engl J Med. 2018 May 24;378(21):1965-1975. doi: 10.1056/NEJMoa1800385.
重症ARDSでのECMO vs Conventional mechanical ventilation±rescue ECMOの比較。60日死亡率は有意差なし。出血はECMOで多し。

<Bronchiectasis>
Characterization of the “Frequent Exacerbator Phenotype” in Bronchiectasis
Chalmers JD, et al.
Am J Respir Crit Care Med. 2018 Jun 1;197(11):1410-1420. doi: 10.1164/rccm.201711-2202OC.
気管支拡張症で増悪しやすいタイプは、過去の年間増悪回数が多い人。他には、 Haemophilus influenzaeとPseudomonas aeruginosa感染、低FEV1、画像上悪い、COPD合併。

The BRICS (Bronchiectasis Radiologically Indexed CT Score): A Multicenter Study Score for Use in Idiopathic and Postinfective Bronchiectasis.
Bedi P, et al.
Chest. 2018 May;153(5):1177-1186. doi: 10.1016/j.chest.2017.11.033. Epub 2017 Dec 13.
気管支拡張症の重症度CT基準。


総ざらい②へ続きます。

[PR]
# by res81 | 2018-06-16 20:40 | ジャーナルパトロール | Comments(0)

Case Report published!!

スタッフのTBです。

当科の219先生がCase reportをpublishされました!

Pulmonary Actinomycosis attributable to Actinomyces meyeri presenting as cardiac tamponade: a case report
Multidisciplinary Respiratory Medicine2018 13:19

https://doi.org/10.1186/s40248-018-0132-9


おめでとうございます!

熊本のA南先生も、ありがとうございました~

[PR]
# by res81 | 2018-06-14 16:32 | 科の紹介 | Comments(0)

学会報告 呼吸器内視鏡学会

スタッフのMINEです。

ATSに続きまして呼吸器内視鏡総会に出席させていただきました。

飯塚病院からは2人発表を行いました。

『声帯・気管・気管支クリプトコッカス症の一例』

『喀血の検査時に偶然発見された気管支平滑筋種の一症例』

2演題でした。

今年からスタッフの621先生の発表は微笑ましく見れる安定っぷりを見せておりました。さすがです!!

d0264356_00225504.jpg

d0264356_00233465.jpg

呼吸器内視鏡学会に参加したこと自体が初めてで大変勉強になりました。

まず、痛感したのが所見の書き方をもっとしっかり勉強しようと認識しました。

既存構造の形状の変化、既存構造の血管、色調の変化、新生物(腫瘍・肉芽組織など)の性状をもっと病変に合わせてしっかり書かなければいけないのは当たり前(寺子屋セミナーでは他の病院の先生方の凄さに圧倒されました…)で、6層構造(上皮層/上皮下層/筋層/筋外層/軟骨/軟骨周囲組織)のどこに病変があるのか、どんな鑑別疾患が考えられるのかをもっとしっかり考えないといけないなぁと感じました。あと、粘膜とは表現せずに上皮と言わなければいけないのも驚きでした。

症例は“動脈瘤”、“気管・気管支骨軟骨異形成”、“悪性リンパ腫”、“悪性リンパ腫”、“パピローマ”でした。内腔所見をあげたいのですがあげていいのか分からないのでここでは控えさせていただきます。

勉強になった対応としては動脈瘤の可能性が疑われたら鉗子でつついてみる。色調が変化(白色化)すると動脈瘤の可能性があるまでは知っていたのですが、怪しい時には噛まずに針を刺すのがマシは初めて聞きました。刺すのも怖いですが….

その他には感染症のレクチャーが多く、真菌の勉強が出来ました。内視鏡学会ということで真菌症に対してのBAL検査がトピックのレクチャーでした。

アスペルギルスは血清抗原検査などがありますが、感度・特異度8割くらいで血液疾患など背景因子があると、感度が5-6割に低下するということでBAL検査の抗原検査をしてみる報告があるとのことでした。肺胞洗浄液でβDグルカンを検査してみる報告もあるそうです。cut-off値の問題などがあるみたいですが、施行するような論文もあるのは知らなかったので勉強になりました。


クリプトコッカスは血清抗原検査が感度・特異度共に優れているがBAL検査を追加してみる報告もあるみたいです。


あとは全く馴染みのない肺コクシジオイデス症という輸入感染症。輸入感染症は注意的に勉強したわけではないので勉強になりました。(あと注意しないといけない輸入感染症は肺ヒストプラズマ症ということも勉強になりました。)肺コクシジオイデス症はアリゾナ、カリフォルニア~メキシコ中心の4類感染症の真菌症でヒトーヒト感染症はあまりないが病原性の強い微生物とのことでした。検診で発見が多く、画像上は辺縁整の結節・腫瘤影を呈するようです。渡航歴聴取はやはり必要ですね。

参考までにhttps://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/401-coccidioidomycosis-intro.html

真菌感染症以外には結核の症例もあり、縦隔リンパ節結核の場合は造影CT施行して内部がLowであればEBUS-TBNA施行にて瘻孔で気管内結核発症に注意する。若年者などで単純CTだけで再度CT施行しない症例は施行後に注意しないといけないですね


今回は学会のはしごという贅沢なことをさせていただき本当に病棟を守ってくださった先生方はありがとうございました。明日からは今回学んだことを臨床に生かして精進していきたいと思います。


備忘録の様に様々な内容記載してよみにくくなってしまい申し訳ありません。






[PR]
# by res81 | 2018-05-28 00:32 | 学会・研修会 | Comments(0)