人気ブログランキング |

飯塚病院呼吸器内科のブログ
by res81
お知らせ
福岡県の飯塚病院呼吸器内科のブログです。

呼吸器内科スタッフ11名+呼吸器腫瘍内科スタッフ1名+後期研修医2名(H31年4月現在)+特任副院長1名で、日々楽しく頑張っています。
大学の医局に関係なく、様々なバックグラウンドのドクターが集まっています。

飯塚病院呼吸器内科では、後期研修医やスタッフを募集しています。ご興味のある方は
iizukakokyu@gmail.com までご連絡ください。

お勧めブログ
飯塚病院血液内科ブログ

カテゴリ
全体
科の紹介
学会・研修会
身体所見
画像診断
気管支鏡
COPD
喘息
肺炎
抗酸菌
肺癌
間質性肺炎
咳嗽
胸水
胸膜癒着術
中皮腫
じん肺
真菌症
気管支拡張症
膠原病
病理学
感染症
アレルギー
肺高血圧症
写真部
Pearl
ジャーナルパトロール
統計
未分類
記事ランキング
検索
最新のコメント
RAの肺疾患について非常..
by Jake at 16:35
先生、ポスターもブログも..
by Y@いいづか at 10:55
APSRのセッション、ポ..
by つぎとみ@せいろか at 21:09
228先生 先日は、久..
by k at 01:25
横山様 コメントありが..
by res81 at 17:47
こんにちは。咳のことを検..
by 横山 at 13:50
Y先生、ありがとうござい..
by res81 at 17:31
K先生、お久しぶりです!..
by res81 at 14:19
いつも、ブログ更新を楽し..
by K at 03:21
吉村様 ブログを見..
by res81 at 20:11
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
外部リンク
ファン
ブログジャンル
画像一覧


Original article published !!

スタッフのTBです。

当科のAj先生が順天堂大学の社会人大学院生として携わらせていただいた研究が、とうとう論文化されました!

順天堂大学呼吸器内科の原田先生、高橋教授におんぶにだっこでございました。
本当に感謝してもしきれません!
ありがとうございました。

そしてAj先生、忙しい臨床の中本当によく努力されました。
おめでとうございます!

Characterization of tenascin-C as a novel biomarker for asthma: utility of tenascin-C in combination with periostin or immunoglobulin E
Allergy Asthma Clin Immunol. 2018 Nov 19;14:72. doi: 10.1186/s13223-018-0300-7. eCollection 2018.
Yasuda M, Harada N, Harada S, Ishimori A, Katsura Y, Itoigawa Y, Matsuno K, Makino F, Ito J, Ono J, Tobino K, Akiba H, Atsuta R, Izuhara K, Takahashi K.


さあ、みんなも続きましょう~
私も頑張ります!





# by res81 | 2018-12-14 16:15 | 科の紹介 | Comments(0)

Case report published!!

スタッフのTBです。

当科スタッフのM&M先生が、Case reportをpublishされました!

A case of huge lymphatic and venous malformations of the mediastinum
Respiratory Medicine Case Reports Volume 26, 2019, Pages 53-55



おめでとうございます。
これからも一例一例、大切にしていきましょう!

# by res81 | 2018-12-13 15:50 | 科の紹介 | Comments(0)

APSR 2018 ④ 学会報告!!

こんにちは。飯塚病院呼吸器内科後期研修医のM.Oです。
現在、国際学会APSR2018に参加させていただいています。
国際学会は昨年のCHESTに続き人生で2回目ですが、海外という環境に圧倒されっぱなしです。

昨日、ポスター発表をさせていただきました。
英語が上手く伝えることができず、ほぼスルーされてしまいましたが…何とか発表を終えられました!!
サポートしてくださった先生方やスタッフの皆さま、本当にありがとうございました。
今回の経験を今後に生かせるよう、もっと英語を勉強しようと思います。
d0264356_11491028.jpg
今回、2度目の国際学会に参加して、世界の広さや自分の未熟さを改めて痛感させられました。
様々な疾患についての検査や治療など、知らないことがまだまだたくさんあります。
肺癌の治療に関しても、次々に新しい薬剤や治療戦略が出てきています。
参加した肺癌のセッションでも、肺腺癌について新たな遺伝子変異や耐性機序、検査方法などが重要だと言われていました。
d0264356_11543593.jpeg
臨床現場で、若年の肺腺癌の患者様を診させていただく機会がありました。
当初は遺伝子変異を検出せず、殺細胞性抗癌剤で治療を行っていましたが、LS-SCRUMの遺伝子スクリーニングで希少な遺伝子変異を認めたため、今後、臨床試験への参加が期待できています。
今後、効果の期待できる治療が見つかり、少しでも元気に大切な人との時間を過ごしていただけるよう願っています。
このようなsevereな症例を、主治医として診させていただける環境に本当に感謝しています。
治療方針など相談に乗ってくださる上級医の先生方、病棟や医局のスタッフの皆さん、そして何より、治療を一緒に頑張って下さる患者さんご本人とそのご家族さんには感謝しかありません。

今回、学んだことや感じたことを今後に生かしていきたいと思います。
病棟を守っていただいた皆さま本当にありがとうございました。
今から帰国します!!明日から、また元気に働きます!!
d0264356_13371079.jpg







# by res81 | 2018-12-02 13:43 | 学会・研修会 | Comments(0)

APSR2018 @台北 3日目

こんばんは、後期研修医GYです。

台北の温暖な気候と気さくな人柄に触れながら充実した日々を過ごしております。


本日はAPSR3日目、発表日でしたので簡単にその内容をご紹介させていただきます。

“An autopsy case of ruptured liver metastases from small cell lung cancer: Case report and literature review.”というテーマで、小細胞肺癌の肝転移巣破裂に関して剖検例を参考に考察を致しました。

小細胞肺癌の肝転移はしばしばみられますが、肝細胞癌と異なり破裂することは稀と考えられております。

症例は50歳男性、PS0、右肺門部の異常陰影を指摘され来院し精査の結果、進展型小細胞肺癌(同側肺門縦隔リンパ節腫脹あり、多発肝転移あり、骨転移あり)の診断に至りました。

CBDCA+ETP投与後、数時間経過して嘔気・倦怠感が増強し、翌日の明け方に血圧低下・心停止となりました。病理解剖の結果、肝臓への小細胞肺癌のびまん性浸潤と肝被膜下の血腫、血性腹水を認め肝転移巣破裂に伴う出血性ショックが死因と考えられました。


多血性腫瘍、壊死傾向、肝被膜下の腫瘍、肝静脈の密集、腹圧が高まる状態、急速な腫瘍増大が肝転移巣破裂のリスクであり、本症例でもこれらをほぼ満たしていました。本症例以外にも過去に肺癌の肝転移巣破裂は11症例報告されていますが、このリスクを念頭において今後も治療に当たるべきと考えております。

d0264356_00185056.png
ここ台湾では漢字と英語と日本語と、どれも同程度に通じる気がしてとても便利です。参加者の先生方との交流や食事、文化や自然と異国の空気を感じることはやはり面白みがあり気分一新しました。

このような機会に感謝して、また来週以降の現場で精進していきたいと思っております。


# by res81 | 2018-12-02 00:12 | 学会・研修会 | Comments(0)

APSR2018@台北 2日目

d0264356_15090267.jpeg

皆さま こんにちは、後期研修医ORです。

今年初めてAPSRに参加する機会をいただき、台湾に来ております。2日目は国際学会での初めてのポスター発表でした。


「ベンゾジアゼピン常用は喘息発作の頻度を上昇させるのか」という演題名で発表しました。結論から言うと、今回の後向き研究では関連性は低いと思われました


COPD患者の眠剤使用は、肺炎やその他呼吸器症状のリスクと関連があると言われています。また不眠が喘息関連症状の増悪因子である事も報告されています。

ベンゾジアゼピンはGERDの誘因として知られて、GERDは喘息発作の誘因の1つともされています。しかし、眠剤と喘息発作の関連性は不明であり、今回の研究テーマとしました。


20131月から20185月までに1年以上経過観察された喘息患者135例を対象としました。患者は以下の4群に分類されました。(a)眠剤非使用者、(b)ベンゾジアゼピン使用者、(c)非ベンゾジアゼピン使用者、(d)両方使用者。喘息増悪の頻度および最初の喘息増悪までの時間を比較しました。


各群の患者数は以下の通りでありました:(a)眠剤非使用者、103; (b)ベンゾジアゼピン使用者、12; (c)非ベンゾジアゼピン使用者、7; (d)両方使用者、13。両群とも喘息増悪の頻度に有意差はなく(p = 0.528)、ベンゾジアゼピンの日常的な使用は最初の喘息増悪までの時間と関連しませんでした(p = 0.844)。


結論としてこの後向き研究では、喘息増悪の頻度に有意差がなかったことを示唆しました。


初めての国際学会での発表で緊張しましたが、何とか無事(?)終える事が出来ました。

2日目は午前O先生とG先生、午後M先生となります。みんなで応援してきます!


最後になりますが、忙しい中、快く送り出してくださった呼吸器内科また現在所属している総合診療科の先生方には感謝しております。その気持ちを抱きながら学んできます。


# by res81 | 2018-11-30 15:06 | 学会・研修会 | Comments(0)